オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

東京喰種トーキョーグール 最新 第115話 内容ネタバレ&感想 ヤングジャンプ12号

      2014/03/07

第115話 破崩

内容ネタバレ

 

ある日、突然亜門のいるCCGに情報提供にやってきた高槻泉。

彼女は東京郊外の地下施設の件についての情報を

持って来たらしく、亜門は嘉納のラボのことなのかと思い至るが

実際にどんな情報なのか自ら聞きに行くことに。

 

話しを聞いてみると高槻の情報は嘉納のラボのことではなく、

貿易会社スフィンクスという会社が喰種の溶液を取り扱っており

その溶液はCCGが高く買い取っていたと。

そして郊外の地下施設はスフィンクスの社長ではなく、CCGが所有、

スフィンクスの社長は安久七生という名前だということを知った亜門は・・・。

 

当ブログでは前半のみを簡易あらすじとしてありますので

続きを知りたい方、より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

高槻がきた理由はカネキかヒナミに関することかと

思いきやなんていうかもしかしたらこの漫画の核心に近づくかもしれない

くらいに重要な情報でしたね・・・。

亜門が考えている通りにCCGがよからぬことをしているとしたら、

いずれ亜門はCCGに叛旗を翻すことになるかもしれませんね。

 

しかし今回の情報でかなりきな臭くなったCCGですが、

CCGの誰が中心というか黒幕っぽいポジションにいるのか気になります。

元々喰種からクインケを作っている組織ですから

胡散臭いことはまず間違いないですが、それだけに誰がどれくらい

関与しているのかは知りたいところです。

 

カネキのことを前々から気にかけているヨモさんですが

彼もイマイチ何考えているのか良く分からないですね・・・。

おそらく後ろには芳村店長がいるのだとは思いますが、

そもそもあの嘉納のラボにリゼがいることをどうやって知ったのか気になります。

そして芳村店長とアオギリの樹の関係も。

 

次々と疑問が生まれてくる展開になってきましたが、

カネキのほうも亜門のほうも色々大変な事態が待っていることだけは

確かでしょうね。

 

次回の展開ですが、コンテナにいるリゼとカネキを会わせたくない

ヨモの真意が気になるところですね。

リゼもかなりの長い間、あのラボで監禁されていたことから

何かしらの問題が生じているのかもしれません。

まあ、あくまで予想ですから何が起きているのかは

次号で判明するんじゃないかと思います。おそらく。

 

第114話へ

第116話へ

 - 東京喰種トーキョーグール, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。