オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

テラフォーマーズ 第7巻 ネタバレ あらすじ内容&感想

      2015/02/15

テラフォーマーズ7

あらすじ

地球では、各国首脳が一同に会し、

火星計画のもたらす利権を巡って熾烈な駆け引きを繰り広げる。

火星では、燈とミッシェルを狙う者たちがその姿を現す・・・!

Sponsord Link

火星でようやく長かった1日が明けようとしていた頃、

地球ではU-NASAに各国、アメリカ、中国、

ロシア、ドイツ、ローマそして日本のトップが勢ぞろいしていた。

そして日本の首相は前回のバグズ2号の生き残りである蛭間一郎であった。

 

一方の火星では全滅していたと思われていた中国第4班が裏切り者としての立場を

明らかに、燈とミッシェルの身柄を確保するために動き出し始め・・・!?

 

目次

 

第53話 MASTER 男たち

第54話 BEAR 野蛮と傷跡

第55話 END  OF THE BRAIN 空の頭

第56話 A  PLAN あるプラン

第57話 MINE 地雷原

第58話 CENTURY  OF RAISING ARMS 戦闘と戦争

第59話 VS. WEAPON 対人兵器

第60話 THE LIFE FROM DEVILISH 悪魔生物

第61話 FRIEND HERE 同盟見参

第62話 RATSBANE 遊撃の軍勢

第63話 OUT OF 情勢の外

Sponsord Link

感想

地球でも火星でも色々動き始めましたが、

日本の首相に蛭間一郎が就任していたのはかなり驚きです。

 

以前バグズ2号において裏切っていた一人で生き残りの1人でもある

彼が日本のトップまで上り詰めていたとは正直思いもしませんでした。

 

あれから20年ほど、38歳で就任するには多大な労力が必要だったことは

明らかですし、小町艦長も彼のおかげで随分と動きやすくなったことでしょうね。

 

それにしても裏切り者は中国でしたね。

まあ、どこの国でもおかしくなかったといえばそれまでですが、

人間は成長してないことがバレバレの展開になっちゃいましたね。

 

今回裏切った中国も自国の利益を追求しただけかもしれませんが、

ぶっちゃけテラフォーマーを舐めすぎだと思います。

 

あいつらは進化したのか乗り物も動かすことができるようになっていることから

最悪の場合、地球に向かって大群で攻めてくることも未来として大いに

有り得ると思いますけどね・・・。

もし、そうなったら地球の情勢どころの騒ぎじゃなくなる気がしますが・・・。

 

それに本田博士を確保したという情報がある以上、

中国は今の時点で裏切ってしまったことがすごく命取りになりかねない状況

だと思いますが、それについてどう考えているのか気になります。

 

それにしても第4班対人兵器を持っていることもそうですが

単純に強いですね・・・。

 

マーズランキングでは全員比較的中レベルだったのにあの強さは

全員ベースを偽っているのかもしれませんね。

 

現に劉はアナコンダではなくヒョウモンダコでしたし。

どちらにしても厄介極まりない連中であることは確かでしょうね・・・。

 

今回明らかになったこと。

・劉翊武(リュウ イーウ) マーズランキング44位 ベース ヒョウモンダコ(軟体動物型)

・爆(バオ) マーズランキング50位

・ジェット マーズランキング61位

・西(シイ) マーズランキング99位

・ドルヂバーキ マーズランキング49位

・イワン・ペレペルキナ マーズランキング10位 ベース チョウセンアサガオ(植物型)

・ニーナ・ユージック ベース オブトサソリ(節足動物型?)

・セルゲイ・セレズニョフ ベース ミズラモグラ(哺乳類型?)

 

次巻はロシア第3班と中国第4班の戦いになりそうですね。

どちらも軍人が多いのでかなり熾烈な戦いになるのは目に見えていますが、

第4班が得体がしれないところがあるのでなにが出てくるのか楽しみです。

あとゴキブリ共もこのまま動かないってことはないでしょうからどうなるかといったところですかね。

 

第6巻へ

第8巻へ

 - コミックス, テラフォーマーズ ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。