オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

進撃の巨人 最新 第55話 内容ネタバレ&感想

      2014/04/09

第55話 痛み

内容ネタバレ

 

エルヴィンから王政打倒について聞かされたピクシスは、

自分もいつかこんな日が来ると思っていたこと、

この狭い世界に人を留め続けることに限界があること、

そしてその時には自分も王に銃口を向けねばならないと語る。

 

そしてその上で部下を人と人が争うような道に送るようなことは出来ないと言い、

エルヴィンに武力を持って王政を打倒するのかと問い、

精鋭中の精鋭である調査兵団を使えば王の首を取ることは可能かもしれないが

そうした場合に王を失った民衆が賛同すると思うか?と。

 

確かに現在の統治体制に不満を持っている民衆は多いが、

それでも暴動に発展していないのは、この狭い世界で争いを起こすことは

滅亡を意味するのと同じであることを語る。

そしてピクシスはエルヴィンに武力による革命以外の未来を提示できるかと

問いかけるとエルヴィンは・・・。

 

当ブログでは前半のみを簡易あらすじとしてありますので

続きを知りたい方、より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

別冊 少年マガジン 2014年 04月号 [雑誌]

新品価格
¥500から
(2014/3/13 20:47時点)


Sponsord Link

 感想

 

エルヴィンが起こそうとしている王政打倒は言ってみればクーデターのことだとは

理解できるんですが、それと壁の中の巨人はどう関係するんですかね?

というより王政側の人間は壁に巨人が埋まっていることを知っているんでしょうか?

なんとなくですがそのことを知っているのはウォール教とごく一部の人間のような気がします。

レイス家ももちろん知っているのかもしれませんが、

ヒストリアは現時点ではなにも分からないようですしね。

 

それにしてもあくまでエルヴィンの父親の仮説ですが、

おそらく当たっているような気がしますね。

どうやって記憶を改竄したのかまでは分かりませんが、

それくらいのことをしていないとこの世界における外の世界の認識が

ああまで徹底できるはずがないですしね。

普通であればいくら巨人がいるとはいえ外に関しての興味は

もっとあってもおかしくないですし、アルミンやエレンのように。

そうじゃないなら意図的になにかされたと見て間違いないかと。

 

またしてもアルミンがゲスミンになってましたね~。

もちろん言っていることは間違っていませんし、ある意味正しいとは思いますが

アルミンは本当に軍師タイプですね。

それにエレンやミカサもアルミンの性格についてはフォローしてませんでしたし、

あれがアルミンの本来の性格なんでしょうね・・・。

彼がなりふり構わず作戦を指揮したらかなりの戦果が上げられそうな気がしますし、

彼のようなタイプは集団にいると頼もしいのではないかと。悪い顔してましたけどね(笑)

 

それにしてもリヴァイはともかくハンジは怖いですね・・・。

あんなに嬉々として拷問するとは思いませんでした。

やっぱりニック司祭の仇討ちでもあったからなんですかね?

それにあのような方法を使うとは思いもよりませんでしたし、

あれは心が折れても仕方がない気がします。

でも彼にしたら頑張ったほうだったのではないかと。

 

次回は手札は揃ったとありましたのでかなり大きな動きがありそうですね。

クーデターの結果が出るのはまだまだ先のことでしょうけど

かなり次号が気になる終わり方でしたから続きが待ち遠しいです!

 

第54話へ

第56話へ

 - 進撃の巨人, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。