オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

キングダム 最新 第384話 内容ネタバレ&感想

      2014/04/27

第384話 一騎打ちの裏

内容ネタバレ

 

敵将である凱孟と一騎打ちすることになった信。

一時信の優勢かと思われたが対する凱孟の力の前に

吹き飛ばされてしまうことに。

 

信は吹き飛ばされたことで凱孟がただの力馬鹿ではなく

以前の廉頗の一撃並みに本物であることを理解する。

 

しかし、そんな男の名が廉頗のように広まっていないことに

疑問を持った信は凱孟にそのことを問うが・・・。

 

対する凱孟は信と打ち合ったことであたらしく虎が育ってきていることを面白いと思い、

観戦していた兵士たちに好きにやれといい、

余興は終わりだと信と改めて戦うことになるが・・・。

 

当ブログでは前半のみを簡易あらすじとしてありますので

続きを知りたい方、より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

初っ端の一撃ですが思った以上に凱孟強いみたいですね。

まあ、信も矛に持ち替えてまだ未熟ではありますが

それでも凱孟はまだまだ余裕っぽいですしね。

 

信も言っていましたが間違いなく凱孟は廉頗や王騎といったクラスに

属していることは確かのようです。

でもあそこまで強いとなるともっと世に名前が広まっていてもおかしくないですよね。

まあ、なにかしら問題行動かなにかを起こした結果だとは思いますが。

 

ただ味方殺しによって投獄されていたのはともかくとして

今になって出てくるとはイマイチ納得できない感じではありますね。

なんだかんだで魏は随分前から劣勢に立たされていたわけですし。

単純に魏王が馬鹿だったのかもしれませんけどね。

 

どちらにしても凱孟レベルが少なくとも3人いるわけですから

騰と王賁もかなり苦戦することになりそうです。

そのほうが漫画的に面白いので大歓迎ですけどね。

 

それはともかくとして凱孟の副官である荀早ですが

なんていうかかなり厄介な相手のようですね・・・。

いくら軍師で弱い貂とはいえあの戦いの最中、

身を攫ってくるとは正直驚きです。

 

次回の展開としては攫われた貂がどうなるのか、

そして攫われた報告を受けた信がどうするのかといったところでしょうか。

まだ戦として前哨戦もいいところだっただけに

軍師を攫われたという事実はかなり重いでしょうね。

 

第383話へ

第385話へ

 - キングダム, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。