オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

キングダム 最新 第388話 内容ネタバレ&感想

      2014/06/01

第388話 新生玉鳳隊

内容ネタバレ

 

初戦で思わぬ足止めを食った飛信隊をよそに

王賁率いる玉鳳隊は圧倒的な力で爆進していた。

 

現在の玉鳳隊は五千人隊とは思えぬほどの力を有しており

それは隊長である王賁の成長、隊の熟練もさることながら

半年前に父王翦から送られた千人将・関常の存在が大きかった。

 

その実力・様子をみた王賁の部下は

未だ実力の全てを明かしていない関常に対し、

その実力自体は認めているものの何故王翦が玉鳳隊に派遣したのか

理由がわからず不信に思っているが・・・。

 

玉鳳隊は初日の戦で敵前線を完膚なきまでに叩き、突破。

二日目には敵予備軍の第一陣を撃破しつつあったが・・・。

 

当ブログでは前半のみを簡易あらすじとしてありますので

続きを知りたい方、より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

いや~王賁もそうですが玉鳳隊もかなり成長しているようですね。

中でもイマイチ胡散臭い関常の存在が良いですね。

面構えも頭もかなりずば抜けた存在だということは理解しましたが

何故王翦が玉鳳隊に派遣したんですかね?

あの王翦が息子可愛さで動くとは到底思えないだけに不気味です。

 

それにしても魏軍はまたしても装甲戦車部隊を出してきましたが

秦にはなんかそういう特殊部隊というか秦しかいない部隊は存在しないんでしょうか?

韓には毒を専門に扱う部隊がありましたが・・・。

 

それにしても最後の魏火龍である紫伯はなんていうかクールっぽい感じの

顔つきでしたがめちゃくちゃ強いですね。

槍で撃たれたことを気づかないままに敵を倒すなんてぶっちゃけ格が違う相手のようです。

さらに頭のほうもかなり切れるタイプのようですから王賁もかなり苦労しそう。

 

ただ、少し気になるのが紫伯の兵が言ってた14年前に関することですね。

怨念の力と言っていましたので家族を失ったとかなんでしょうか。

どちらにしてもその情報が紫伯を破るきっかけになるのかもしれませんね。

 

次回の展開としてはそろそろ槍使いの大将同士相対することになるかなと。

わざわざ王賁のところに槍使いを当てたからにはどちらが上か戦ってもらわないと。

とりあえず今回の話を読んだ感想としては紫伯のほうが上かなと思いますが

そう簡単に王賁が負けるはずはありませんからね。

それにあれから王賁も何か新たな必殺技くらい習得しているんじゃないかと。

まあ、どちらにせよ一騎討ちになるでしょうからかなり楽しみです。

 

第387話へ

第389話へ

 - キングダム, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。