オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

テラフォーマーズ 最新 第103話 内容ネタバレ&感想

      2014/07/26

第103話 FOOTSTEP OF THE NIGHT 闇の足音

内容ネタバレ

 

通信室でハッキング作業をしていたウォルフたちは

背後にテラフォーマーがいることに気づくが

今声を出したら外にいる第四班に気づかれてしまうことから

誰一人声を上げることはなかった。

 

そんなヴォルフたちの思惑を無視して

テラフォーマーが攻撃を仕掛けようとしたそのとき

エリカが足を震わせながらもそれを止めようと立ち塞がるが・・・!?

 

一方、通信室の外では慶次と西の戦いが終わろうとしていた。

西は慶次にあと少しだったなと言うがそれは西の身体がもう少しで

前回の細菌のダメージが再発して動けなくなることを指しており、

そうなったら自分が再び戦闘不能になり慶次は目的を達成していたと。

 

結果として女である自分を殴らなかった慶次に悪態をつく西は

艦長室から他の侵入者を探そうとその場を離れようとするがそれを爆に止められ

慶次の止めを刺していくようにと言われてしまい・・・!?

 

当ブログでは前半のみを簡易あらすじとしてありますので

続きを知りたい方、より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

今回は初めからかなり笑わせてもらいましたね。

まず初めが死の臭いを漂わせ・・・Gが来た!!

その後が何処からでも侵入(はい)る・・・!絶望の蟲(ゴキブリ)、出現。

なんていうかまさにゴキブリを表現した言葉だったのではないかと(笑)

 

私としては下から上に上がってくるのに羽を使ったのかと思っていましたが

なにやらコンテナや重機を積み重ねていたとは正直意外でした。

というよりあれだけ色々なものを積むならその間にガシャンとかそういう音は聞こえなかったのかと

正直思います。

あれだけのものを音を立てずに積んだとすればそれこそ驚きですね。

 

それにしてもやっぱりというかなんというか予想通りにあのゴキブリは

改造タイプでしたね。

アフリカ無敵の珍獣ラーテルについて調べてみましたが

イタチ科に属する哺乳類で世界一怖い物知らずの動物としてギネスブックに載っているようです。

それは気性が荒く、60cm程度でありながら人やライオンなどにも立ち向かうからとのこと。

 

武器としては鉤爪と柔軟な皮の装甲、あとは神経毒に強い耐性を持ち、

危険を感じるとイタチ科特有の臭い液体を噴射するといったところでしょうか。

なんにしても手ごわい相手には違いないかと。

 

次回の展開としては見事にごちゃごちゃの三つ巴戦になってしまったわけですが

あのテラフォーマーに対して慶次と西が手を組む可能性があるのかどうか気になります。

それにウォルフたちがあのテラフォーマーに組み付いていましたが

一人だけコンソールにいたのも気になります。

どちらにしてもあのテラフォーマーと戦う上で戦力となる慶次と西の二人は

すでにボロボロの状態なのでかなり苦戦することになりそうです。

 

第102話へ

第104話へ

 - テラフォーマーズ, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。