オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

キングダム 最新 第398話 内容ネタバレ&感想

      2014/09/01

第398話 戦わぬ訳

内容ネタバレ

 

窮地の状況に援軍に駆け付けた隆国軍。

その様子を見た荀草は他所の戦場から来た援軍に対し

他軍と連動を計るのは魏軍だけではないと改めて思うと共に

よく気づかれずに来たものだと感心しながらも悔しそうなそぶりを見せていた。

 

劣勢だった飛信隊の面々は援軍が間に合ったことに対し喜んでいたところ

河了貂は自分たちの幸運は騰の側近の中で一番機転が利く隆国が

隣の戦場にいたことだと語る。

 

昨日夜隆国の天幕に河了貂は援軍を頼みに来ていた。

そして信を囮にして羌瘣の別働隊を呉鳳明の本陣へ行かせること、

そのあとの窮地に陥った信を助けてもらいたいと告げ、

さらにあまり早くてもダメで羌瘣隊が行った後に来てほしいと。

 

それを聞いた隆国の部下は援軍を請うてさらに条件を付けるのかと

怒り心頭に反論するが隆国は・・・。

 

当ブログでは前半のみを簡易あらすじとしてありますので

続きを知りたい方、より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

さすがというかなんていうかやっぱり王騎の下でやってきた連中は

将軍としてレベル高いですね。

録嗚未は王騎軍最強と言われているほどの猛者ですし

今回援軍に来た隆国も貂曰く最も機転が利くと言っていましたしね。

あと生き残っているのは干央は今はどうしているのかわかりませんが(おそらく騰のそばにいる?)

死闘においてかなり強いという評価でしたからね。

 

あれだけの武将、将軍を束ねていたわけですから王騎がどれほどの人物だったのか

改めて認識させられますね。

とりあえず今回回想とは言え久々に騰と一緒に出てきたので

かなり良かったですね。

やっぱり騰は王騎と一緒の時が一番面白いです。

 

それにしても援軍に来た隆国軍と凱孟との戦いになりそうですが

さすがに一騎討ちだと凱孟のほうが上の気がしますが

隆国がそれをどうカバーするのか気になります。

実は隆国がめっちゃ強かったというのであればまた話は別ですけどね。

 

次回の展開としてはようやく対呉鳳明戦となりそうですね。

なんとか三軍とも本陣へは到達できそうですが

呉鳳明は大将軍ですからね~。

 

あの魏火龍よりもさらに上のレベルではないかと思います。

それに今まで出てきた大将軍って基本的にみんなそれなりの武力を持っていたので

呉鳳明も参謀タイプっぽくはありますが結構やるんではないかと。

どちらにしてもこれからが本番といってよいと思いますので今後の展開が楽しみです。

 

第397話へ

第399話へ

 - キングダム, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。