オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

キングダム 第7巻 あらすじ&感想(ネタバレ有)

      2017/01/12

 

あらすじ

ついに丘の上の敵軍副将・宮元を討ち取ったが、縛虎申千人将も

致命傷を受けてしまう。

Sponsord Link

敵軍が迫る中、このままここにいるか、退却するかを思案していると、

突如敵軍総大将・呉慶が動き出す!

さらにここにいるはずのないあの将軍まで・・・。

 

目次

 

第64話 将の言葉

第65話 乱入者

第66話 武将の型

第67話 将の才力

第68話 将軍

第69話 挟撃

第70話 両雄

第71話 大将対決

第72話 亡国

第73話 帰国

第74話 伽

Sponsord Link

感想

やはり縛虎申はやられてしまいましたね。

壁のあんちゃんや信にとってはまだまだ色々教えを請う人だったのに残念です。

しかし敵の副将と千人将が相打ちになったのだから、

縛虎申の戦果はかなり大きいと思います。

 

突然王騎将軍が現れて何するのかと思いきや、副将・騰とのやり取りが最高!

あまりにも面白かったのでちょっとそのやり取りを載せます。

王「あちらの丘のほうが見晴らしが良さそうですねェ」

「そう思いませんか 騰」

騰「ハ!間違いありません 殿!」

「しかし殿許可なく戦に加わるのは罪になります」

「残念ですが我々が足を踏み入れられるのはここまでです」

王「誰も参戦するとは言ってませんよォ」

「私はただあの丘に登りたいと思っただけですよォ」

「途中邪魔するものは排除いたしますが」

騰「さすが殿 完璧な言い訳です」

とのやり取りの直後、道中にいる敵を粉砕しながら信のいる丘へ移動。

なんだこの二人のやり取り。

思いっきり言い訳だって言っといて突っ込むって・・・。

王騎将軍とその副将最高です!さすが天下の大将軍!

 

それにしてもわざわざこの戦の解説までしてくれるなんて、王騎将軍便利すぎ!

この解説の中で言った武将の「本能型」と「知略型」の二つのタイプ。

これはのちのちまで出てきそうな感じですね。

 

壁のあんちゃんはどっちかというと知略型かな~たぶん。

信は本能型でしょうね。まず間違いなく。馬鹿だし。

王騎将軍は解説できるほどですので知略型っぽいですね。

 

それにしても王騎将軍がべた褒めするだけあって麃公将軍無双過ぎ!

ハァァ!言いながら敵陣一点突破するなんて強すぎますね。

王騎将軍も自分と五分の武力を持っているといっていましたし。

 

最後は両軍の大将の一騎打ちなんて展開としては最高ですね!

そのうち信も将軍になったら敵軍の大将と一騎打ちするんでしょうかね。

まだまだ先の話でしょうが、かなり楽しみです!

 

そういえばこの巻の巻末に7巻時点の武将や主要人物の能力データが

載っていますので一度みることをオススメします。

なかなか面白いデータになっていますので。

 

8巻の展開としては政の昔話になりそうですね。

政が何故中華統一を目指すのか明らかになるかもしれません。

 

第6巻へ

 - キングダム, コミックス ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。