オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

進撃の巨人 最新 第61話 内容ネタバレ&感想

      2014/10/11

第61話 終幕

内容ネタバレ

 

街では調査兵団の団長を処刑するための台が

作られようとしていた。

そんな中、その傍らである騒ぎが起きており・・・。

 

調査兵団の責任者として王の前に連行されたエルヴィンは

調査兵団を失うことの意味、ウォール・ローゼが破られた場合に起きる

ウォール・ローゼとウォール・シーナの内戦になると語る。

 

しかし王の重臣と思われる人物たちは

エルヴィンのリーブス商会はエレンとクリスタの誘拐を企てた人物によって

殺されたのであって調査兵団は王政は敵対していない

という主張に対しここ最近外で色々なことがあったことを告げる。

 

その中にはエルヴィンの腹心ともいえるリヴァイが憲兵を複数殺害し

これにより王政に対する明確な敵対感情が明らかになったと。

 

さらに追及は駐屯兵団の司令官であるピクシスにまで及び

調査兵団との親密な関係から疑われてしまうが

ピクシスはそれを全否定しそんなことはあり得ないと答える。

 

その時ピクシスはエルヴィンと話し合ったことのことを思い出していた。

ピクシスは王政の隠し持つ情報が人類の切り札である可能性から

駐屯兵団をこの革命に使うわけにはいかないとエルヴィンに語るが・・・。

 

そして話が済んだとしてエルヴィンは処刑台へと連れて行かれそうになったその時、

突如、ウォール・ローゼが突破されたとの報が舞い込んでくる。

 

それを受けてピクシスはいち早く対応し

住民の避難が最優先だと部下たちに指示を出すが

重臣の一人がそれに反対、ウォール・シーナの扉を閉鎖し

避難民を入れるなとの命令が。

 

それを聞いた憲兵団の師団長ナイルはその言葉に反論するが

重臣たちは聞く耳持たずに言うとおりに動けと再度命令する。

 

部屋に集まった様々な部隊の責任者たちは

王たちからの命令に従おうとするがナイルは自分はウォール・ローゼ側の人間だとして

それを阻止すると告げる。

 

王政の命令に逆らうのかとナイルに詰め寄ろうとしたその時

ドアからナイルの言葉に加勢すると最高責任者であるザックレー総統が。

 

ザックレーは先ほどの報告は誤報だったことを明らかにし、

今現在巨人の襲撃はないと語る。

 

それに対し重臣たちは何の真似だというが

ピクシスは首謀者は自分だと名乗り上げる。

 

そして自分たち兵士の一部はここで命を懸けることにしたこと、

王政側の意志次第ではここに至る反逆行為を白状して

首を差し出す覚悟だったと語る。

 

重臣たちは王都を制圧したところで地方の貴族どもが黙っていないと

脅しかけるがザックレーによると現在巷ではベルク社の号外によって

中央憲兵によるリーブス商会殺害や王政の圧力、

現在の王が偽の王であるという内容が掲載されていると。

 

そしてその後重臣たちは拘束されることになるが

エルヴィンは人類はより険しい道を歩まざるをえないことになったと語る・・・。

 

その日の夜、ハンジはリヴァイのもとを訪れ調査兵団の冤罪が晴れたこと、

王都も行政区もザックレー総統が抑えていること、

現在そのことで混乱は起きていないことを語る。

 

それを聞いたリヴァイ班の面々は喜んでいたが

この革命を頓挫させないためにもエレンとヒストリアを救出しなくてはならないという

リヴァイにハンジは彼らの居場所には心当たりがあると一つの手紙を出し

これに賭けるしかないと。

 

そのころエレンとヒストリアは・・・!?

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

なんていうかあれほど強大に見えた

王政側ですが思いのほかもろかったですね。

ぶっちゃけてしまいますが小物臭がかなりする感じでした。

 

それに現在の王が偽物の王であることは以前から

示唆されていましたがなんていうかボケ老人みたいでしたね。

あれほど威厳ありそうに座っていたのに

重臣の一人に玉座を蹴られて何じゃ、飯か?なんて

めちゃくちゃがっかりしました。

 

とりあえず革命自体は今のところうまくいっているようですが

これからが大変になりそうですね。

あの号外によって住民たちはなんとか味方になってくれそうですが

まだまだ地方貴族もいますし変わらず外には巨人もいるわけですからね。

 

それでもこの革命のおかげで足枷が一つ無くなったことには

変わりないですけどね。

ここから改めて巨人との戦いがスタートって感じでしょうか。

まあ、それもエレンとヒストリアが無事に救出されてからのことですが・・・。

 

次回の展開ですが最後のページを見るに

なにやらエレンが鎖で繋がれている様が明らかになりましたね。

なにやらかなりのピンチであることは間違いなさそうですが

さすがに主人公ですからやられることはないかなと。

 

ただエレンの持っている座標の力をどうにかして奪う方法を

王政側は知っているような感じですので

それがどのような方法なのか気になるところですね。

 

それにまだリヴァイとケニーの戦いも決着していないので

その戦いの続きが次回にあるかなと。

どちらにしても次回が楽しみですね!

 

第60話へ

第62話へ

 - 進撃の巨人, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。