オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

キングダム 最新 第412話 内容ネタバレ&感想

      2015/02/15

第412話 加冠の儀

内容ネタバレ

加冠の儀を迎えた政はその準備の最中

なぜ加冠の儀がここ雍で行われるのかについて説明されていた。

 

雍には秦国歴代の王たちの宋廟があり

加冠の儀とは成人した王の誕生をかつての秦王たちに認めてもらうためのものであると。

そして準備が終わり式典の場である蘄年宮(きねんきゅう)へ。

Sponsord Link

その頃蘄年宮では名家に加え各国の使節団の人々で溢れていた。

その中には壁と昌文君の姿も。

 

そして人々のざわめきと共にまず太后が、続いて呂不韋が現れると

二人は玉座のそばの所定の位置に座り、その後に丞相である昌平君と昌文君が続いた。

 

各人が所定の位置に座ると鐘の音と共に第31代秦王・嬴政が壇上へと登る。

玉座の前に立つ政を見た各国の使節団は取り込み光も相まって光輝く政の姿に

口を開き呆気にとられている様子で・・・。

 

その頃、秦の国門である函谷関には毐国軍を率いる樊於期の姿が。

そして彼らはその門をくぐり目指すは・・・!?

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

ついに政のとっての正念場であり目的でもあった加冠の儀が

行なわれるわけですがなんというかかなり感慨深いものがありますね。

 

集まった中にいた壁のあんちゃんも言っていましたが

ついにここまで・・!!っていうちょっとした感傷もよくわかります。

まあ、ぶっちゃけお前も前線に出ろと言いたくもありますけどね(笑)

 

それにしても今回各国の使節団の前に出てきたことでようやく各国は政が

どれだけの人物なのか理解することになるのかと思うと正直かなり嬉しいですね。

これまでは呂不韋のこともあり敢えて目立たずにいたわけで

これでようやく政自身が評価されることになるわけですから感慨深いものがあります。

 

まあ、それはそれとして呂不韋は一体何を考えているのか読めないのは正直怖いですね。

史実ではこの儀は成功することになっているわけですが

この儀がすんなり成功するわけがないですからね。

というより成功してしまったら呂不韋は王になれないわけですし。

 

それに引き換え分かり易いのは太后側であの函谷関を抜けたということは

狙いは雍か咸陽といったところでしょうか。

以前太后は加冠の儀を狙うことは宣言していましたが

どこを攻めるのかまでは名言してませんでしたからね。

 

ただ、雍を攻めてくるとしたら飛信隊が迎え撃つことになりそうなので

私としてはそちらを期待したいところですね。

まあ、どちらにしても樊於期はイマイチ弱そうなのでそれほど苦労しないかなと思いますが。

 

次回の展開としてはとりあえず加冠の儀がどのように進行するのかはわかりませんが

各人が動き始めるのはそろそろかなと。

それに樊於期の軍勢についての情報がもたらされることになると思いますので

これに対してどう動くのかも楽しみですね。

どちらにしてもこのまま何事もなく進行するとは到底思えないので何か起きるのは間違いないかと。

 

第411話へ

第413話へ

 - キングダム, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。