オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

キングダム 最新 第414話 内容ネタバレ&感想

      2015/02/15

第414話 三方ゆずらず

内容ネタバレ

太后が呂不韋と叫んだ次の瞬間

政たちのもとへ毐国軍と思われる兵三万が函谷関を抜けたとの報せが届き・・・!?

 

その頃、毐国軍は函谷関と咸陽を結ぶ北道でこの地を守る兵と対峙していた。

守備を任されていたものは玉印がされた通行許可書を確認するも

いかに王印の令とはいえすぐには通すことが出来ないとして咸陽へ確認を取ろうとするが

いきなり樊於期の息子の手によって斬殺されてしまう。

 

そしてそれを機に毐国軍と守備隊との始まってしまい、

いきなりのことに驚く嫪毐に対し部下は三万対三千という兵力差からすぐに終わること、

さらにこの戦いによって兵は削られるがすぐにそれ以上の兵が復活すると語るも

それを聞いているのかいないのか実際に戦っている光景を見てこれが戦争かと言葉も無く・・・。

Sponsord Link

毐国軍の報せを聞いた政はそれが玉璽の複製によるものだと推測する。

それを聞いた昌平君はそれが本当なら事態はさらに深刻で

毐国軍が咸陽を落としたならば秦国中から兵を起こすことが出来ると語る。

 

それを聞いた太后と呂不韋の心中では様々なことを考え思い巡らせていたが

呂不韋は改めて政の姿を見てこの事態に同情すると共に

自分が幕を降ろしてあげようと集まった諸侯に毐国の反乱軍が咸陽に迫っていると告げる。

 

そしてもはや国家存亡の危機だとして加冠の儀はここまでであると宣言するが

それに対し政は勝手に中断するなと告げると加冠の儀は最後までやると言い出し・・・!?

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

読み終わった瞬間の感想としては

この続きがめっちゃ気になる!!!って感じですね。

とりあえずここまで太后と呂不韋が動いてきましたが

ついに政の反撃か!?というところで終わってますしね。

 

このような事態を前にそれでも加冠の儀を続けるといった政は

一体何を考えているのか気になります。

もしかすると前もって対毐国用の部隊なり軍を用意しているのかも!?

 

それにしてもいきなり斬りつけた樊於期の息子ですが名前がまだわからないですね。

というより樊於期という名前の人物はかなり謎が多いようで

史実でも名前自体は知られているもののいったいどんな人物だったのか全く分かっていないようです。

 

まあ、そんな将軍の息子ですから名前がわからないのもわからなくはないですが

ぶっちゃけあの父子三下っぽいのがちょっと気がかりですね。

だれが相対することになるかは分かりませんが少なくとも信には敵わないだろうなと。

あれだけの軍勢を率いている将軍が弱いとちょっと興醒めするかもしれないので

なんとか頑張ってもらいたいものです。

 

次回の展開についてですが予告で政の言葉に呂氏は!?とありましたので

政が加冠の儀を続けると言ったことは呂不韋にとっても予想外なことは間違いないかと。

なのでそんな政が何を思ってあの発言をしたのかが明らかになるかなと。

とりあえず呂不韋の作った流れをどうにかしない事にはどうにもならないので

ここから政のターンって感じですかね。

あの発言の真意は一体なんなのか楽しみです!

 

第413話へ

第415話へ

 - キングダム, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。