オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

キングダム 最新 431話 ネタバレ&感想 起死回生の策・包雷

      2015/05/21

5月14日発売の週刊ヤングジャンプ24号に連載されている

キングダム 431話のネタバレ&感想になります。

 

第431話 逆転の猛進

内容ネタバレ

 

戎籊軍を相手に突撃した昌平君は

その圧倒的な力で迫りくる敵を一蹴。

 

その様子を見た昌文君が唖然とする中

介億から昌平君を武力は蒙武級、頭脳は李牧級だと例えた上で

彼がもし秦ではなく生国である楚で立っていたらと言われ

ぞっとする昌文君と壁。

Sponsord Link

そして敵軍もなにもしないはずはなく側面から食い破ろうと

騎馬隊が迫ってくるもののそれを読んでいたのか

黄竜と呼ばれる隊によって逆に戎籊軍は横腹を喰われる形に。

 

それでも数にして勝る戎籊公の指示により先程とは逆の方向から

騎馬隊が迫り、それを足止めしようとする壁だったが

昌平君は行かずともよいと指示した次の瞬間

城内から総司令直下の部隊・豹司牙黒騎兵が現れ!?

 

介億らと共に前線までやってきた蒙毅はかの部隊の出現により

左右に壁が出来たことから包雷であると気づくが・・・。

 

一方、尚鹿らとともにいる河了貂もこれが包雷であると気づき

尚鹿に全面に壁を作るようにと指示するも承服できないとして反対されてしまう。

それでも河了貂は今は自分を昌平君を信じてくれと説得するが・・・。

 

介億は包雷とは左右と後方に壁を作ることで敵将の動きを封じ

中央の刃で首をとる一撃必殺の術であり

通常は大規模・広範囲な戦場で使うものだと語る。

 

それを聞いた昌文君らが敵将の背後の壁についてどうするのか考えていたところ

河了貂の説得により尚鹿らが壁を作ることに成功。

 

それを見た介億らがそれを行なったのが河了貂であることに気づき

驚きながらも称賛する中、ついに包雷が完成するが・・・!?

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

なんていうか昌平君が強いのは前回でよくわかっていましたが

彼の部隊もかなりヤバい連中が集まっているみたいですね。

 

介億が言っていた通り、今現在は秦で政たちの味方ですが

もし敵国にいたらと考えると正直ぞっとします・・・。

 

それにしても相手が昌平君ということもあるのか

戎籊公がかなり残念な感じに・・・。

 

というよりも本来であればもっとまともな指揮官であるはずなのに

全てが裏目になってしまうというかしてしまう昌平君が桁違いなんでしょうね、きっと。

 

それに昌平君と一緒に来た昌文君と壁の影の薄さと言ったら

正直雍に留守番してた方がいいんじゃね?と言いたくなるほど

何の活躍もしてないのは残念過ぎます。

 

本来というか私的には昌文君自身かなりの将軍であったのではないかと

思っているわけですがこの漫画ではどうも彼の実力がイマイチ発揮されない

傾向があるような気がします。

 

六将クラスとまでは言いませんがあの戦狂いの時代に

前線で生き残ったことを考えればもっと有用な感じでもいいのではないかと。

最近はなんか驚いた表情くらいしか印象にないですし・・・。

 

次回の展開についてですが河了貂らによってついに包雷が完成しましたので

対戎籊公も最終段階になりそうです。

 

流石にここまで引っ張ってきた以上、そう簡単には勝てないと思いますが

なんだかんだ言って昌平君と戎籊公ではちょっと格が違うかなと。

 

戎籊公が粘るにしても簡単にやられるとしても

面白い展開になれば私としては満足ですので次回に期待ですね!

 

第430話へ

第432話へ

 - キングダム, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。