オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

進撃の巨人 最新 71話 ネタバレ&感想 シャーディスの過去 17巻続き

      2015/08/08

7月9日発売の別冊少年マガジン8月号に連載されている

進撃の巨人 71話のネタバレ&感想になります。(17巻続き)

 

第71話 傍観者

内容ネタバレ

 

エレンたちが会いに行こうとしているシャーディスは

エルヴィンの前の調査兵団団長だったらしく

リヴァイやハンジも会うのは久しぶりだと話していた。

 

そして久々に会ったシャーディスは彼らを教官室へと案内し

その話を聞くことに。

 

ハンジからウォールマリア奪還を目前に控えた我々が今ここに詰め寄る理由を

察しているのかと問われたシャーディスは

目の前に座るエレンに対しお前は母親とよく似ていると言い

その瞳の奥に宿す牙は父親そのものだと告げる。

 

それを聞いたエレンから知っていることを全て話してほしいと言われ

シャーディスは結論から言えばなにも知らないと言った上で

人類の利になりえない話でよければ、傍観者にすぎない私の思い出話を聞いてくれと語り出す。

Sponsord Link

初めてグリシャと出会ったのは20年ほど前、場所は壁の外だった。

グリシャは何も知らなかったようで調査兵団という名前も知らなかった。

 

その後、無許可で巨人領域にいたことから一時的に牢に拘留し

話しを聞くことになるがグリシャ・イェーガーという名前と医者という職業しか

覚えていないらしくすぐさま釈放されることに。

 

そして何も知らないグリシャはシャーディスに色々なことを教えて欲しいと願い

シャーディスもまたそれに従い様々な情報を教えていた。

 

その中で調査兵団について話したシャーディスは

グリシャからあなたたちは誰よりも賢く勇気があり人類の誇りだと言われ

調査兵団はもっと特別な選ばれし者でないとと思ってもいなかった言葉を聞くことに。

 

そんなことを初めて言われたシャーディスは

調査兵団の最悪ともいえる状況も自分が団長にさえなれば

成果は出せるのだと考えるようになっていった。

 

その後、団長が巨人にやられてしまったことでシャーディスは団長に

そしてグリシャは伝染病の治療による縁からか酒場で給仕をしていた

カルラと結婚することに。

 

そして団長になったシャーディスだったが

思うように成果をあげることが出来ず

突撃するしか脳がないと揶揄されていた。

 

そんな頃、カルラに再会したシャーディスは

グリシャとの間にエレンという子供が出来ていたことを知る。

 

しかしカルラからこのまま死ぬまで続けるつもりですかと言われ

感情が決壊したかのように偉業とは大抵のものに成し遂げられるものではなく

男に愛想を振りまき酒を注いで回るしか取り得のないものには理解できないだろうと

酷い言葉を投げつけてしまうことに。

 

その後、何も成し遂げられなかったシャーディスは

自分が特別な人間でなかったことに気づき

エルヴィンに団長を交代させ最後の任務として王都へと報告に向かう途中

ウォール・マリアが破られウォール・ローゼにも巨人が迫っているとの報せが。

 

皆が避難する中、グリシャに呼びかけられたシャーディスは

一緒に避難したとされるカルラたちを探すことに。

 

あの時に言った無礼を謝りたいとカルラを探していたシャーディスだったが

ようやく見つけたエレンからカルラが巨人に食われたと聞き

失意のあまり膝を屈してしまうことに。

 

そんな中、グリシャはエレンに対し母さんの仇を討てと告げ

シャーディスが引き止めるものの森へと歩き出す。

 

その後、森から雷のような光と音が聞こえ

シャーディスが森へと入るとそこにはグリシャの姿はなく

エレンだけがその場に倒れていた・・・。

 

話を聞いたハンジがシャーディスに対し納得いかないようで詰め寄る中

エレンは自分は教官の言う通り特別ではなく

ただ特別な父親の息子であり自分が巨人の力を託されたのはそれだけだと

はっきりわかって良かったと語る。

 

シャーディスはエレンに対し母カルラが自分に語った言葉を語る。

カルラは特別じゃなきゃいけないのか、人から認められなきゃいけないのかと言い

私はそうは思っていないとして偉大になんてならなくていいと。

 

そしてエレンを見てこんなにかわいい、だからこの子はもう偉いのだと

この世界に生まれてきてくれたのだからと・・・。

 

3年前、大きくなったエレンと再会したシャーディスは

その目を見て母親の想いも知らずに父親が願った通りに壁の外で燃え尽きるのだろうと。

 

そんな思いからかエレンにお前の居場所はここではない、

本当の自分に従って生きろと思いながらも

それでもくじけないエレンを見てシャーディスは

自分はただの傍観者にすぎず私には何も変えられないのだからと・・・。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

今回はシャーディス教官の過去話でしたが

正直この回必要なのかと思っていましたが

最後のほうにあるエレンの母親カルラの言葉が印象強かったので

これはこれでありかなと。

 

カルラの言葉は最近なにかと自虐的な部分が出てきているエレンにとって

かなり大きいものではないかと思いますしね。

 

というより色々な話を聞いてエレンが自分は特別じゃないんだと思い込んだのは

過程としてわからないでもありませんが

仮に父親の手によるものだとしても巨人になれる時点で特別だと思いますけどね。

 

まあ、巨人になれる力がなければすでに生きてはいないでしょうし

ロッド家の抱える秘密が明らかになったことで

その重さに耐えられないのはわからなくもありませんが。

 

それはそれとしてこういう時代にシャーディスのように

英雄願望とでも言えばいいのか偉業を成そうとすること自体は

男として理解できる部分ですね。

 

まあ、結果として自分が特別ではないと知り団長を辞したわけですが

あれが早かったのかそれとも遅かったのか正直分からないですね。

 

今までの団長は全て引退する前に巨人にやられてしまっているわけですし

生きているうちに気づけただけでも早い方だったのではないかと。

まあ、それはそれでハンジを怒らせる原因になっていたのかもしれませんが。

 

次回の展開についてですが予告もありませんでしたし

シャーディスの過去も明らかになったことで

次回何が起こるのか全く分からない状況ですね。

 

とりあえずウォール・マリア奪還作戦が近々行われるのは分かっていますので

次回はその準備かなにかかなとは思っていますが・・・。

 

第70話へ

第72話へ

 - 進撃の巨人, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。