オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

3月のライオン最新 114話 ネタバレ&感想 零の問題解決策!?

      2015/09/25

7月10日発売のヤングアニマル14号に連載されている

3月のライオン 114話のネタバレ&感想になります。

 

第114話 ヤングアニマル 14号掲載(2015)

内容ネタバレ

 

誠二郎はそれきりもう二度とやって来る事は無かった。

あかりは体調を崩してしまい少し動くと夕方から熱が上がるのを

くり返していた・・・。

 

後日、誠二郎との間にあったことを病院に来た零と美咲から聞かされた

相米二はそんな事態なのにも関わらずここで呑気に寝てたのかと憤っていた。

 

そしてオレがその場にいたらさびたナタで頭をかち割ってやったのにと叫ぶ

相米二を見て言わなくて正解だったと美咲はため息をついていた。

Sponsord Link

零と美咲からあかりとひなたにあれだけ言われた以上もう誠二郎は来ないだろうと聞いた

相米二は体調を崩したあかりのことを心配しながらも今後のことについてのことだがと

零にひなたにプロポーズしたんだって?と問いかける。

 

突然その話になったことから緊張でガチガチになりながらも

その許しを得るため必死にアピールするが

相米二はあっさり許すと告げた。

 

相米二は前からそうなってくれればいいなと思っていたと話し

自分は戦後のゴタゴタで両親と弟を亡くし無我夢中で生きる道を探してきたと。

 

だから零に会ったときそんな子供の頃を思い出し

時代は違うが零のことを仲間みたいに思っていたと語る。

 

その上で零がどれだけ投げ出さずに生きてきたのか想像できるし

そんな零の思い詰めやすい部分はきっとひなたが助けてやれるだろうと。

 

自分はどう頑張っても孫を最後まで見守ってやれないが

零に任せられるならばありがたいと告げるが

あとはひなたが「うん」と言うかだなと付け加えると

零と美咲は二人揃って頭を抱えてしまい・・・。

 

そして問題はあかりだと切り出した相米二は

あかりの苦しさは自分や零とは違い母や祖母を看取り

妹二人という他人を背負わなければならなかった苦しさだと語る。

 

両親が別れたのは自分のせいだと思っているあかりは

同じ年頃の人間が大学に行ったり遊んだりしているときも

モモを背負って三日月堂を手伝っていたと。

 

あかりは零がひなたとの結婚を考えていると言ったことを報告しに来たとき

とてもよろこんでいたが同時にひなたが零と出て行った後の自分も考えただろうが

あかりが「私はまだまだがんばらないとね、せめてモモが大学を出て就職するくらいまでは」と

言っていたと話していたと。

 

そう話した相米二は悲しそうな顔で自分は何も言えなかったと話し

「その頃あかりはいくつになっていると思う・・・40歳」だと

何か遠くを見るように語っていた・・・。

 

B1トップである土井との対局中の零は

盤に頭突きを食らわせるよう勢いで集中し

その姿を見ていた人からその集中力を称賛されていたが

零のバッグから2世帯住宅やリフォームに関する本が見えていたようで

そのことも注目を浴びていた。

 

早々と勝利を決めた零はその帰り道、リフォーム雑誌を読み耽りながら

どうすればいいのかと考え続けていたところ何やら閃くものが!?

 

零は川本家のみんな、あかりに必要なものは何かと考えた結果

あかりに必要なのはそこに共に入って彼女を支えてくれる人生の伴侶だと考え・・・!?

 

翌日の将棋会館にて零はコピー機に何かを忘れていたらしく

その紙には様々な人物のルックスや頼りがいなどのパラメーターが・・・。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

誠二郎問題が片付いたと思ったら今度はあかりの問題が浮上したわけですが

今回の話を読んで本当にこれまで頑張って来たんだなと尊敬に思うと同時に

少し哀しくなりました・・・。

 

面倒を見るべき両親の代わりに妹二人を自分も子供である頃から

面倒を見てさらに店まで手伝ってきたわけですからね十分に尊敬に値することだと思います。

 

でもその分、自分自身のことをおろそかにしてきたというか

悪く言えば自分の人生を犠牲にしてきたわけで

そういった姿を見てきた相米二や美咲も何とも物悲しい思いをしたのは間違いないかと。

 

ぶっちゃけ零がひなたではなくあかりを選んでいれば全ては解決したのかもしれませんが

そうもいかないだけになかなか難しい問題だと思います。

 

私としてはここで晴信坊ちゃまがあかりと結婚してくれればいいかなとも思いましたが

零が求めているのはたぶんあの家に入ってくれる人でしょうから

その線もちょっと厳しいかも。

 

あと今のところ接点はありませんが島田さんがあかりとくっつくというのも

なかなか面白い展開かなと思ったり・・・。

 

次回の展開についてですがどう考えてみても零の暴走が始まるのは

ほぼ間違いないかなと(笑)

 

正直暴走した結果それほど良い流れになったことはありませんが

読者としては面白い展開になりそうな気がします。

 

ぶっちゃけあかりのことを考えるのも悪くないですが

ひなたとの関係を少しどうにかしたほうが良いのではとも思いますが

今の零くんはあかりの問題解決しか見えていないようなのでその流れになるかなと思います。

 

それはそれとして3月のライオン 11巻の発売日が9月25日に決まったこともあり

また結構な間休載になることが予想されますので次回の連載がいつになるか・・・。

なるべく早い段階での連載再開を期待しています!

 

第113話へ

第115話へ

 - 3月のライオン, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Comment

  1. ゆき より:

    私は先生だと思います\(^o^)/あかりさんに惚れてるぽいし、めっちゃいい人だし!

  2. みるく より:

    いつもありがとうございます!
    私も先生ならあかりさんを幸せにしてくれるのではと期待してます
    本当にいい先生だもんね
    人の心の機微もわかる繊細さもあるし、丸ごとあかりさんを包んでくれそう

Message

メールアドレスが公開されることはありません。