オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

東京喰種トーキョーグール:re 最新 42話 ネタバレ&感想 不知の決意とマスク作戦

      2015/09/10

9月3日発売の週刊ヤングジャンプ40号に連載されている

東京喰種トーキョーグール:re 42話のネタバレ&感想になります。

 

第42話 灯糸

内容ネタバレ

 

:reへとやって来た習は挨拶もそこそこに

なんでハイセにカネキケンであることを告げないのかと憤るが

店には西尾の姿もあり彼から相変わらず超時空なモノの考え方してるなと言われてしまう。

 

そして西尾からアイツが自分のことを想い出してどうするかと問われ

記憶が戻ってから考えればいいと告げるも彼らは否定的なようで・・・。

 

その後の話も平行線のまま終わることになってしまうものの

習は彼らの言葉を聞くわけもなく僕は彼の記憶を取り戻すと言い残し

店を出ていくのだった・・・。

Sponsord Link

一方、ササキハウスではハイセとの訓練が終わった瓜江に

あれだけ反発していたのに心変わりかと不知が絡んでいた。

 

瓜江は不知に自分はお前と違いつまらないことにこだわらず

琲世に教えを乞うほうが効率がいいと判断したまでと語り

折角のSレートクインケも使えず中途半端な赫子しか持たないお前に

とやかく言われる筋合いはないと辛辣な言葉を告げる。

 

さらに優れた羽赫のクインケ使いがいるとチームの死傷率が70%下がるというデータを持ち出し

その逆に羽赫が役立たずだった場合には70%上がるのだとして

心で思っていることとは裏腹に不知に期待していると告げるが・・・。

 

弟が発症したRc細胞過剰分泌症は未だ治療法が発見されていないが

Rc抑制剤の投与で進行を抑えることだけが唯一の対処法であり

その為に金を稼がなければならない不知は一人クインケをどうするべきなのか悩んでいた。

 

そうした中、富良が現れ彼に相談することに。

話を聞いた富良は新人らしい話だと言いながら自分も

初めて殺した喰種のクインケはしばらく使えなかったと語る。

 

そして自分が克服することが出来た流れを説明した上で

不知にそうやって仕留めた獲物にイチイチ頭を抱える方が精神的にはるかに健康だと言い

自分たちが奪っているのは紛れもなく命なのだと語る。

 

その後、林村に会った不知は突然喝入れてもらっていいかと話し

帰って来た時には坊主になっていた。

 

そして不知は改めて皆に前回の戦いで足を引っ張ったことを謝り

班長としてもっと強くなると宣言するのだった。

 

あくる日、ハイセたちが前回襲われたことでロゼとアオギリの樹が何らかの協力関係を

結んでいることが明らかになりそれについて報告することに。

 

ロゼとアオギリの樹が手を組んだらしいことで

両方の手がかりを手にすることが出来るとキジマやハイルが話す中

宇井は敵の全貌が見えないのが問題であり

戦力次第ではS1だけでは対処しきれないかもしれないと語る。

 

そうした中、ハイセは相手の戦力がわかればいいのならと先日却下されたマスク作戦を

改めて再考するようにと提案する。

 

宇井はその作戦の有用性がわかっているもののハイセを危険視していることで

賛成できず、この場での決をもってこの作戦の賛否を決めることになり

その結果賛成:6、反対:4でマスク作戦は可決されることに。

 

その後、アキラに作戦が決まったことを報告したハイセだったが

アキラから才子を借りていいかと言われ貸し出すことに。

 

ハイセは才子を借りて行った目的が前回才子を助けたらしい

”ローブの大男”のことじゃないかと考えるがその男のことを考えると

何故か胸騒ぎを感じていた。

 

そして一方、深い傷を負ったカナエが高架下で瓜江への恨みを募らせながら休んでいると

そこにエトが現れ・・・!?

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

前回からの続きで:reに月山さんが来店したところからスタートしましたが

月山さんの思惑がことごとく崩れたのはちょっと面白かったです。

 

まあ、今のハイセに何もちょっかいを出していない以上

トーカちゃんたちが何もする気がないことは明らかだと思いますが

それを一顧だにしない月山さんは西尾さんにも言われていましたが相変わらずって感じです。

 

それでも彼の行動によってトーカちゃんらが今のハイセをどう思っているか

分かった部分があったのでそれについてはナイスでしたけどね。

 

まあ、それそれとしてハイセの実力がわかった瓜江くんが

ようやく彼に教えを乞うようになりましたが

不知との会話での裏腹は相変わらずでしたね。

 

今回も不知くんに対してかなり辛辣な言葉を投げかけていましたが

結果として彼の思惑とは逆方向に進むのはもうあの時点で予想できましたし

すでに規定路線と言っていいと思います。

 

言ってみれば瓜江くんと不知くんは全く噛み合わないが

相性自体は悪くないのかなと(笑)

瓜江くんはめっちゃ納得できないでしょうけどね。

 

それはそれとして次回の展開にも関わってくるんですが

あそこでエトが登場したということは

カナエが何らかの方法で強化されることになるのかなと。

 

エトはオウルを筆頭として様々な研究実験をしているみたいですので

その実験体として今回カナエを選んだのかなと。

 

ただ、厄介な点としてはオウルを見る限り

精神が壊れたりするのも気にせず当たり前のように行いそうなので

結果としてカナエがどうなるのか全くわからないのが難点ですかね・・・。

あのナルシーなまさに月山君の付き人と言った感じのカナエ君はいなくなるかも・・・。

 

第41話へ

第43話へ

 - 東京喰種:re, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。