オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

キングダム 最新 445話 ネタバレ&感想 密林での奇襲

      2015/09/17

9月10日発売の週刊ヤングジャンプ41号に連載されている

キングダム 445話のネタバレ&感想になります。

 

第445話 翻弄の末に

内容ネタバレ

 

時が要の戦の中、飛信隊は慣れない密林での進軍に苦戦していた。

そうした内に隊が大分縦一列に間延びしつつあったが

貂が言うには敵とぶつかるのはもっと先で今回は先を急がないといけないとして

そのまま進むことに。

 

その上で貂は桓騎の策は正しくこの戦いの勝敗を決めるのは中央の丘であり

その丘を無血で手に出来るかどうかは飛信隊にかかっていると語る。

Sponsord Link

そうして進軍を続けていた飛信隊は秦側にある一つ目の丘を発見するも

あれは後ろから来る桓騎軍が占拠する予定とのことで素通りしようとするが

信は何かの気配に気づき、近くにいた貂を引き寄せ敵襲だと叫ぶと同時に

茂みから矢の雨が!?

 

信と貂は負傷しながらもなんとか隊を立て直そうと指示を出し

後ろにいた盾兵を弓兵へと向けるが次の瞬間反対からも敵兵が現れ

さらに奇襲を受けてしまうことに。

 

その様子から敵が只の斥候ではなく相当戦術が練り込まれていることに気づいた貂は

すぐさま撤退の指示を出すがそこへ馬呈率いる騎馬隊が姿を現す。

 

馬呈の一撃を止めた信だったがその力は予想以上だったらしく

近くにあった樹に叩きつけられてしまっていた。

 

そして襲い来る騎馬隊に対し一般兵は先程貂が指示した通りに後退しようとするものの

機動力の違いからか後ろを見せた瞬間次々と討たれてしまっていた。

 

そんな中、信は退がるな!と叫びながら馬呈に攻撃し

受け止めた馬呈がぐらつく中、混乱する飛信隊に的確に指示した上で

そして少し粘れば後ろの楚水騎馬隊がくると鼓舞し立て直しを図る。

 

そんな様子を見た馬呈がお前たちにそんな余裕あるのかと呟く中

いつのまにか秦側の丘に趙の旗が・・・!?

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

なんか最初から奇襲に次ぐ奇襲で趙軍に好き勝手やられた挙句

丘まで取られて大ピンチといった秦軍ですが

ここからどうやって巻き返しを図るのか考えるとちょっと楽しみな部分も。

 

通常、あそこまでボロボロにされてしまった以上、

七割から八割方秦の負けだろうと思いますが

なんといっても今回のメインは桓騎軍ですからね~。

 

六将級とも言われる桓騎がこの事態を想定していないとは思えませんし

仮に予想外だったとしても黙ってやられるとは思えないですしね。

 

まあ、どのような方法を用いて巻き返しを図るのかまではわかりませんが

桓騎のことですから全く予想できない方法なんだろうなと。

 

とまあ、それはさておきもう片方の雷土率いる部隊についてですが

彼らは奇襲とか受けていないんですかね?

 

飛信隊の方に紀彗配下の馬呈と劉冬が来たわけですから

雷土のほうには慶舎配下のものが行っているような気もしますが・・・。

 

とりあえず次回の展開についてですが

今のところ趙軍が圧倒的に有利に進んでいるのは確かなので

それに対して桓騎がどう動くのかと言った感じですかね。

 

このまま飛信隊全滅という流れはまずないと思いますが

ここから飛信隊だけで巻き返すのは流石に厳しいので

桓騎軍に結果的に助けられる展開になるのかなと。

 

どちらにせよ秦軍がやられっぱなしになるとは思えないので

次回に期待したいですね!

 

それはそうと最近貂ちゃんの軍師としての能力がちょっと物足りない感じですので

これからもっと厳しい戦いが待っている以上もっとレベルアップしてほしいものです。

 

第444話へ

第446話へ

 - キングダム, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。