オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

3月のライオン最新 116話 ネタバレ&感想 エリザベスの一日

      2016/01/08

10月9日発売のヤングアニマル20号に連載されている

3月のライオン 116話のネタバレ&感想になります。

 

第116話 忠実なる愛犬エリザベス物語 ヤングアニマル 20号掲載(2015)

内容ネタバレ

 

二海堂家の子息である晴信お坊ちゃまの愛犬であるエリザベスの務めは

坊ちゃまの身の回りのお世話であり一日一日を心穏やかに過ごしてもらうことだった。

 

目覚ましのベルがなりそうになった瞬間にベルを止め

今日を気持ちよく過ごしていただく為、自然にゆっくりと目覚めていただく為

ベットにそっと上がり坊ちゃまの体調の変化をチェック。

 

熱がなければ次は自身の側面の毛並みを使ってマッサージ。

そうしたうちにくすぐったくて起きる坊ちゃまの一日は

こんな風に笑顔で始まるべきであると。

Sponsord Link

日中、坊ちゃまは将棋の研究をなさり

その真剣な横顔見つめながらエリザベスはこの静かな世界を何としても守らなければと思い

坊ちゃまと遊んでほしくてやって来た大型犬2頭を追い返す。

 

その2頭は体は大きくともまだ子供で遊びたくてエネルギーが余りまくり

先月もはしゃぎ過ぎて坊ちゃまを引っ張り回した結果熱を出させていた。

 

しかし今の真の脅威は長男のご子息である赤子丸どの。

坊ちゃまが大事に可愛がってらっしゃる赤子丸どのだがその体力は無尽蔵であり

坊ちゃまがまた寝込まれるのは必至。

 

そこでエリザベスが取った行動は赤子丸どのの興味を自分に移し

自分が赤子丸どのの遊び相手になることだった。

 

そして日が暮れ、夕食の時間となった時

エリザベスは疲れたのか目を開けたまま眠ってしまっていた。

 

そんなエリザベスを見た晴信はなんておマヌケな寝顔をしてるんだと笑いながら

もしかしたらエリザベスは世界一愛らしい犬なんじゃないかと呟くのだった。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

まさかの犬視点で描かれた今回の話でしたが

思いのほか楽しめた気がします。

 

以前も零ではなく他のキャラクターの視点で描かれたときがありましたが

まさか動物のしかも二海堂家の愛犬視点で描かれるとは思いませんでした。

 

今回のように動物視点でも面白かったので

そのうち川本家にいるネコたちの視点でも描かれるといいなと期待していますが

普通二海堂家より川本家のほうが先じゃね?と思わなくもないですけどね。

 

それはそれとしてあそこまで晴信坊ちゃまの為に行動するなんて

めちゃくちゃ愛されてますよね~。

 

最後の赤子丸どのの面倒を見るのもそうですが

私的には朝の起こし方が最高だと思います。

 

あんな起こし方されたら朝から気分よく目覚めることが出来るのは間違いないと思いますし

めっちゃ羨ましい起こし方ではないかと。

 

というかその前に目覚ましを止める犬というだけで

十分に凄いとは思いますけどね。

 

どちらにしてもエリザベスの視点ではありますが

晴信坊ちゃまの一日の過ごし方が明らかになったのは

ファンとしてはちょっと嬉しいものです。

 

なんだかんだ言ってこの漫画において人気キャラクターの一人であるのは間違いないので

これからも時々他のキャラクターの一日を描いて欲しいですね。

 

とりあえず次回に関してですが

最後に次回に続くとありましたので次号である21号は休載となるかなと。

 

休載が次号だけなのかそれ以降も続くのかは分かりませんが

早い段階で再開することを願っています。

 

第115話へ

第117話へ

 - 3月のライオン, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。