オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

ヒストリエ 最新 92話 内容ネタバレ&感想 人ならざるモノ

      2015/12/25

10月24日発売のアフタヌーン 12月号に連載されている

ヒストリエ 92話のネタバレ&感想になります。

 

第92話 カイロネイア・6

内容ネタバレ

 

敵部隊の後方にいる兵士の首を次々と刎ねるアレクサンドロスだったが

流石に無理な使い方をしているせいか持っていた剣は折れてしまっていた。

 

折れてしまった剣をもう一つ腰に挿していた剣に持ち替えた頃

兵士たちもようやく何かが起こっていることに気づき始めていたが・・・!?

Sponsord Link

エウメネス私書録にはこう記してあった。

たった1騎の”通過”を隊列の後部で目撃したアテネ兵の一人が

故郷に戻って変な証言をした。

 

それはいきなり左手から真っ黒な馬の背に乗った何やら白っぽい小柄なバケモノが現れ

風と一緒に通り過ぎ、その風に巻き込まれた何人もの同胞が首を引きちぎられたのだと。

 

アレクサンドロスはその後も同様に首を刎ね続けていくが

ある兵士の顔を斬りつけたときにまたしても剣が折れてしまっていた。

 

アレクサンドロスは気づかなかったようだがその兵士の横には

実質的な主導者であるデモステネスの姿があり

彼はその兵士が倒れるのに巻き込まれてしまっていた。

 

剣が折れてしまったアレクサンドロスは何事もないかのように

馬上から降り立つと自身が首を刎ねた兵士のもとへ。

 

その兵士から剣を外そうとするものの紐付きだったことから

両脚をくぐらせないと外せないことに気づき悩むアレクサンドロスだったが

その周りにいた兵は人ならざる雰囲気を感じたのかそんな彼を前に何も出来ずにいた・・・。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

正直なんていったらいいかわかりませんが

アレクサンドロスが異常であるということですかね。

 

実際問題としてもし自分がアテネ兵でそこにいたとしても

彼らと同じように何も出来なかったのは間違いないと思います。

 

これこそなんて言ったらいいかわかりませんがあまりにも異質な存在過ぎて

状況としては敵以外の何者ではないとしても向かっていくことすら思い浮かばないかなと。

 

もちろん誰か一人でも彼に向かっていくならばおそらく討ち取ることも可能だとは思いますが

それをさせないのがアレクサンドロスと言う人物なんでしょうね。

 

どちらにしてもこの戦の主役がアレクサンドロスなのは間違いないですので

エウメネスも含めておまけみたいなものかなと。

 

結構変な形で今回終わりましたが次回もおそらくアレクサンドロスをメインに

描かれることはほぼ間違いないと思います。

 

いい加減主人公であるエウメネスのいいところを見たいところですが

まあ、無理っぽいかなと(笑)

 

第91話へ

第93話へ

 - ヒストリエ, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。