オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

魔法使いの嫁 最新 24話 ネタバレ&感想 シルキーの過去

      2016/01/05

11月5日発売のコミックガーデン12月号に連載されている

魔法使いの嫁 24話のネタバレ&感想になります。

 

第24篇 There is no place like home.

内容ネタバレ

 

チセが傷つきエリアスから少し留守にすると言って家を頼まれたシルキーは

一人家事をしながらその帰りを待っていた。

 

その間様々なヒトたちがエリアスの不在を知らず訪れるも

本人たちは未だに帰ってこなかったそんなある日

シルキーは夢の中で昔のことを思い出していた・・・。

Sponsord Link

泣き女(バンシー)と呼ばれていた頃のシルキーは

夜に一人、廃墟となった家の前に佇んでいた。

 

そんな中、彼女に話しかけてきたのは二人のリャナン・シーだった。

彼女らはシルキーの後ろの家を見て人間が住まないと家ってすぐにダメになるのよねと言いながら

憑いてる家族が死んじゃったバンシーはどれだけ泣いても叫んでも聞いてくれるヒトがいなくて

悲惨だと話していた。

 

そんな彼女らは近くの町にいい男がいると聞きすぐに向かおうとするがその場に佇むシルキーに

こんなとこいないでどこか行ったら?アンタの声を聴いてくれる家族はもういないんだからと言い残し

その場を去っていくのだった。

 

その言葉を聞いたからか廃墟となった家から離れ歩き出すシルキーは

遠くに見える町の灯りを見て当時の家族が生きていた頃を思い出し

一人泣くことも出来ず悲しげな表情を浮かべていた。

 

そうした中、突然多数の墓守犬(チャーチ・グリム)を引き連れた

丘の防人(スプリガン)と遭遇することに。

 

彼はシルキーにこんなところで何をしている、お前の家はどうしたと声をかけるが

彼女は倒れるように彼にもたれかかりと私はもっとみんなの傍にいたイと

その願いを口にしていた。

 

そんな彼女を見てなにか感じたのかスプリガンは

ある家の前へと彼女を連れて行くことに。

 

そしてその家が見える場所についたスプリガンはその家を指さしながら

あそこは信心深い悪くない家であると話し

血はいつか絶えるが家はたとえひとつが崩れても人が生きる限り失われないと語る。

 

その上で人が一人でも生きている限りそこには明かりが灯り

お前を照らす明かりがないならば今度はお前が明かりを守ればいいと告げた次の瞬間

シルキーは黒いマントをした泣き女(バンシー)の姿から銀の花のような美しい姿へと変わっていた。

 

驚くシルキーに対しスプリガンは礼はいい、小さきモノを守るのが我々防人の役目だと話すと

シルキーはそっと彼の頭に唇を落とし感謝の意を伝えていた。

 

そしてスプリガンはシルキーと別れる間際

今まで呼んでいた泣き女(バンシー)ではなく絹女給(シルキー)と呼び

そう呼ばれた彼女は今までの暗い顔ではなく笑顔を見せていたのだった。

 

そんな夢を見ていたシルキーが目を覚ますと

そこから見える外は雪が降っていた。

 

そしてドアのベルが鳴り中へと入って来たチセとエリアス。

寒いと言い震えながらシルキーにただいまと告げるチセだったが

帰るのが遅くてごめんねと話した瞬間シルキーによって抱きしめられていた。

 

いきなりのことにチセがよくわからない表情を浮かべる中シルキーは

私を絹女給(シルキー)とヒトは呼び私は私の家と明かりを守り続けルのだと

想いながら安心したようにそして幸せそうに笑みを浮かべるのだった。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

今回はシルキーをメインに描かれていましたが

今まで語られてこなかった過去が少し明らかになったのは良かったのではないかと。

 

これまでなんだかんだ言って謎に包まれていたシルキーでしたが

今回の話でさらに好感度が上がったのは間違いないと思います。

私自身も前よりもさらにかなり好意的な印象を持っていますしね。

 

それにしても彼女の回想で出てきたリャナン・シーですが

あれってあのリャナン・シーですよね?

 

その姿もそうですがもう一人のリャナン・シー?との会話で

小説家が好きだと言っていましたしおそらく同一人物なのではないかと。

 

そんな彼女らが実は近くに住んでいるなんて結構運命を感じてしまいますが

今のシルキーを見て彼女が気づくかどうかは正直微妙かもしれませんね・・・。

それだけ前のバンシーとの印象が違いますし。

 

それはそうとそのバンシーからシルキーへと姿を変えたわけですが

それにスプリガンが絡んでいたとは正直驚きました。

 

でも以前にシルキーに手紙を送っていたことが明らかになった時のことを思い出して

だからかと納得する部分も。

 

スプリガンがシルキーに恋しているのかどうなのかは分かりませんが

少なくとも今回の話でスプリガンの好感度は急上昇しましたので

応援するのもやぶさかではないかなと思う位に見直しましたね。

 

会うたびにエリアスにキツイ言葉を投げかけていましたので

正直あんまり好ましいキャラではなかったですが今後の見る目は多少変わりそうです。

 

そして次回に関してですが

おそらく初になるかと思われる休載になるようです。

 

特に急病であるという情報は公式ツイッターにもなかったので

体調の心配なさそうですがとりあえず再開は来年一月発売のコミックガーデン2月号になりそうです。

 

これまでずっと休載なしで連載続けてきたこともあり

何かあったのかと思いましたがそういうことではなさそうなので一安心ですね。

 

月刊誌ということもあり続きが来年になるのは非常に残念ではありますが

この漫画がさらに良くなることを期待して来年も今年に引き続き頑張って欲しいですね!

 

第23話へ

第25話へ

 - 雑誌掲載最新話, 魔法使いの嫁 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。