オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

進撃の巨人 最新 75話 ネタバレ&感想 エレンVS鎧の巨人(ライナー)再び 18巻続き

      2015/12/09

11月9日発売の別冊少年マガジン12月号に連載されている

進撃の巨人 75話のネタバレ&感想になります。

 

第75話 二つの戦局

内容ネタバレ

 

後ろに壁、前には巨人という退路がない状況の中

鎧の巨人へと変身したライナーが壁を伝い城壁の上へと登ろうとしていた。

 

その様子を見たエルヴィンは総員に鎧の巨人との衝突を回避するようにと指示を出すと

こちらへ向かって来る獣の巨人たちを見ながら敵がどう動いてくるのか考えていた。

 

そしてその中に荷物の様なものを運ぶ四足歩行型の巨人を見て

あれが知性を持った巨人であること、そして予想よりも敵の規模が大きいことに気づく。

 

そうした中、獣の巨人が地面に手を叩き付けたのが合図だったのか

2m~3m級の巨人たちが多数動き出す・・・!!

Sponsord Link

巨人たちが迫る中、エルヴィンは以前に起きたウトガルド城の時を思い返し

彼らが一番に狙うのは馬であると推察。

 

彼らの主目的はエレンの奪取であるがそのためにまず我々から撤退の選択肢を奪うこと、

馬さえ殺してしまえば退路を閉鎖するだけで補給線を断つことができ、

今の状況の中危惧すべきなのは鎧の巨人と超大型の巨人に為すすべなく馬を殺されることであると。

 

そこまで考えたエルヴィンはすぐさま各班に指示を出す。

ディルク、マレーネ、クラース班には馬の死守を、

リヴァイ、ハンジ班には鎧の巨人を仕留めるようにと指示した上で

各班の指揮のもと”雷槍”を使用し何としてでも目的を果たせと声をあげていた。

 

そして心臓を捧げよという言葉と同時に各班がそれぞれの目的のために動き出す中

エルヴィンはリヴァイとエルミンを呼び止め

リヴァイには獣の巨人の相手を、アルミンには鎧の巨人用の作戦を託すのだった。

 

そうしている内に城壁の上へと登り詰めたライナーは

自身の目的である馬の位置を突き止め長かった自分達の旅もようやく終わるとして

その場所へ向かおうとした瞬間、シガンシナ区内で巨人へと変身したエレンが姿を現す。

 

突然エレンが現れたことで動揺を隠し切れないライナーだったが

現れたエレンは何故か反対方向へ向かって走り始める。

 

それを見たライナーはエレンが南から壁を超えて逃げる気なんじゃないかとして

ここで調査兵団を壊滅出来ても完全な座標の力を身に着けた後では手遅れだと考えたものの

本当に逃げるなら立体機動を使って東か西の壁を伝った後にするはずだと気づく。

 

その結果、エレン達の目的が目標を馬からエレンへと移すことであることに気づいたライナーは

考える時間もないままにエレンを追いかける羽目になっていた。

 

ライナーがこちらへ向かって来たことによって自分に喰いついたことに気づいたエレンは

走りながら先程アルミンらと話し合ったときのことについて思い出していた。

 

アルミンが持ってきたエルヴィンの指示はライナーが推察した通りであり

そのまま馬を先に目標とした場合、エレンはそのまま回り込んでリヴァイと共に

獣の巨人を挟み撃ちにして叩くというものだった。

 

そしてその作戦に従い行動を起こそうとした時、

アルミンから超大型の巨人に関しての注意が行われた結果、

単純な作戦ではあるものの同じ轍を踏まないようにという指示に従い

エレンはライナーと壁から離れた場所で相対していた。

 

ライナーを前にしたエレンは前に戦った時の事を思い返し

一対一なら自分の方が上であり単純な格闘能力なら女型の巨人(アニ)のほうが手強かったと

思い戦闘準備を整えていた。

 

そうして始まったエレンとライナーとの戦いは

ライナーの攻勢から始まるものの、その攻撃を全て躱したエレンのカウンターによって

殴り飛ばされエレンが優勢となっていた。

 

そしてエレンがお前らが奪ったものを取り返してやると吠える中

ミカサ達が新兵器”雷槍”を装備し介入の隙を伺い・・・!?

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

相変わらずの絶対絶命っぽい状況の中始まったわけですが

やっぱりエルヴィン団長は頼れる男ですよね!

 

あんな状況になっても冷静に考え的確に指示を出せるわけですから

改めて大した男だと再認識させられました。

 

思いがけないことを言い出すエルミンも閃きという点では負けてないでしょうけど

やっぱり総合力ではダントツでしょうね。

 

特にライナーを目の前にして逃げる素振りも見せない姿は

かなりクールではないかと。

 

まあ、それはそれとしてエレンとライナーのリベンジマッチが始まったわけですが

今のところエレンが優勢と言ったところでしょうか。

 

まだワンパン入れただけですので勝敗については分かりませんが

エレンは以前戦った時に加えヨロイ化の能力もあるはずですので

7:3くらいな感じで負けないかなと思っていますが

それもベルトルトの動き次第かも。

 

以前の時もほぼ勝っていた状況の中、

ひっくり返したのはベルトルトの超大型巨人でしたので

奴には要注意でしょうね。

 

そして次回の展開についてですが

相変わらず予告はありませんでしたがやっぱり気になるのは

新兵器”雷槍”の効果というかその威力ではないかと。

 

おそらく以前にエレンを使って何かやっていたことに関係するのだとは思いますが

新兵器という位ですからその効果のほどが気になるところです。

 

それに今エレンと戦っているライナーはともかく

ベルトルトの姿が未だ見えませんし、リヴァイVS獣の巨人も面白そうですので

次回以降の展開に色々期待したいですね!

 

第74話へ

第76話へ

 - 進撃の巨人, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。