オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

ヴィンランド・サガ 最新 第122話 内容ネタバレ&感想 償い

      2015/12/25

11月25日発売のアフタヌーン 1月号に連載されている

ヴィンランド・サガ 122話のネタバレ&感想になります。

 

第122話 狩る者 狩られる者⑨

内容ネタバレ

 

駆け寄って来たエイナルはうずくまり動かないトルフィンを見て

足を撃たれたことに気づくがそれでもここで死んでもいいのか、動けと声を掛けるが

トルフィンはまるで死者に押さえつけられているかのように動けなかった。

 

ヒルドは近づこうとしているエイナルに対し邪魔をするなと言い放つも

そんな彼女に対しエイナルは人を殺したことがあるのかと問いかける・・・。

Sponsord Link

エイナルは少しずつ近づきながらトルフィンが毎晩夢の中で亡霊に責め苛まれていること、

恨みとか仇討ちとは別問題で人を殺したら後悔すると説得するが

ヒルドはそんな言葉を一笑に付しこいつらは獣以下だと言い捨てる。

 

しかしエイナルはそんな彼女を見て

そこまで人殺しを憎むのならあなたは人を殺してはいけないと

悲しそうに告げるのだった。

 

それを聞き舌打ちするヒルドに対しグズリーズもまたトルフィンはいいやつだとして

カルリの面倒を一番見ているのはトルフィンだと語り

泣き出すカルリをあやしながら涙を流して殺さないでと懇願していた。

 

解毒剤を放り投げることでカルロを背負ったギョロごとここから遠ざけたヒルドは

トルフィンのほうへと向き直り私の家族の無念はどう晴らすのか

そしてこの怒りはどこへ行けばいいと怒りのままに言い放ち

今すぐ家族を生き返らせることが出来ないなら死ぬほかに償う方法などないと告げる。

 

そんなヒルドに対しトルフィンは頭を下げ生きて償うための時間を下さいと言い

償いを終えたら再びあなたの許へ殺されに参りますと懇願するも

ヒルドの怒りは収まる事なく話は終わりだと引き金を・・・!?

 

引き金が引かれると同時にトルフィンを庇うためにその身を盾にしたエイナルだったが

その矢は何故かまったく違う場所へと飛び・・・。

 

自分でも何故外れたのかわからないのか呆然とするヒルド。

そんな彼女の隣には弩を押さえる父親と狩人として育ててくれた師匠の姿が・・・。

 

ヒルドは二人がトルフィンを赦せと言っているのかのように感じ困惑しながらも

どうやって償うつもりなのかと改めてトルフィンに問いかける。

 

トルフィンはヴィンランドという未開の地に平和な国を作り

自分が殺した人々よりも多くの人の命を育むという自らの目的を語る。

 

それを聞いたヒルドはそれで私の家族が生き返るわけじゃないと告げるも

この怒りや憎しみを平和の国とやらで打ち消せるのであればやってみせろと話し

お前の命は勝った私のものだがしばらく貸しておいてやると告げる。

 

そしてその上で今日からお前を監視し口先だけの男だと判断したら

その頭に矢をブチ込むと。

 

その言葉を聞いたトルフィンは安堵した表情を見せ

ヒルドにありがとうございますと頭を下げるが

受けた傷の影響からかそのまま意識を喪うのだった・・・。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

やっと終わったかといった感じですが

やっぱりというかなんて言うかヒルドが一緒に着いてくるのは

ほぼ確定と言っていいかも。

 

彼女が回想で天才的な発明をいくつもしていた時点で

まず間違いなく仲間になるなと思っていましたので

驚きはしませんでしたがまあ、息が詰まりそうな船旅になりそうです・・・。

 

それはそれとしてあの解毒薬に関してですが

なんかイマイチ毒を盛った気がしないんですよね・・・。

 

毒を盛ってもおかしくないくらいにトルフィンを恨んでいるのは間違いないとしても

カルリの泣き声に反応してしまうヒルドがあんな赤ン坊に毒って

まず無いような気がします。

 

今まで誰も手にかけたことないような人が

いくら仇を討つためとはいえ他の誰かを犠牲にするとは思えませんし

そう考えるとやっぱり毒うんぬんはでまかせではないかと。

 

言ってみれば彼らの命を盾にトルフィンと決着をつけようと考えたというほうが

よっぽど自然な感じがしますしね。

まあ、その場合はギョロのバカが悪いということで(笑)

 

次回の展開についてですが今回の話の流れ的に

ヒルドが新たに加わる事になりそうですのでそのための準備になるかなと。

 

それに何本もの矢を足に受けたトルフィンがある程度動けるようになるまでに

多少時間がかかると思いますしね。

 

どちらにしてもなんだかんだで長かったこの狩る者シリーズが終わりを迎えるわけですから

次回かその次からはまた新しい展開になるのは間違いないかと。

 

トルフィンが怪我を治している間に

シグルドが追いついてくるという展開もあり得るかも。

 

第121話へ

第123話へ

 - ヴィンランド・サガ, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。