オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

ヒストリエ 最新 93話 内容ネタバレ&感想 デモステネス戦線離脱!?

      2016/02/25

12月25日発売のアフタヌーン 2月号に連載されている

ヒストリエ 93話のネタバレ&感想になります。

 

第93話 カイロネイア・7

内容ネタバレ

 

多数の敵兵を斬り捨てたアレクサンドロスは

折れてしまった剣を補充するため

自ら首を刎ねた敵兵からはぎ取っていた。

 

何の迷いもなく素早く次々と剥いでいくアレキサンドロスを見ていた

敵兵たちだったが敵であることは分かっていたものの誰も動けずにいた。

Sponsord Link

そうした内に剥ぎ取りが終わったアレキサンドロスは

自分を見てくる兵士達に対し何を勘違いしたのか

確かに戦死者の遺品を剥ぎ取るなど褒められた行為ではないと語り出す。

 

その上で戦場は全ての事象が流動的であり

戦う我ら兵士たちも臨機応変に対応していかなければならないと

まるで演説するかのように声高に説明するのだった。

 

それを聞いていた兵士たちが何なんだコイツと思い始めた頃

息を切らせ倒れ伏すデモステネスに手を伸ばすアレキサンドロスだったが

彼がまだ生きていることからきみはまだ使うね?といって馬へと向かっていた。

 

エウメネス私書録、これは後日本人から聞いたものだが

アレキサンドロスが行なった撫で斬り駆けはあくまで敵の隊列を乱す為であり

殺戮が目的ではなかったそうで・・・。

 

そして馬に乗ったアレキサンドロスは行くぞ!テーベ陣!と

声をあげるが彼に着いてきているのは誰一人としていなく

ほんと誰も来ないなと呟きその場を後にするのだった。

 

命懸けでアテネを主導してきたデモステネスだったが

この地で起きたカイロネイアの戦いにおいては

あまりの恐怖に武具を放り捨てて逃げたとされていた。

 

それからほどなくマケドニア騎兵部隊は歩兵隊列を突き抜き敵背後にて

アレキサンドロスと合流したが騎兵部隊が抜いたのは

彼があけた穴とは別の個所だった・・・。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

なんていうか世に名を遺す大英雄というのは

こうも異常なものなのかと考えさせられる回でしたね。

 

偉人、奇才などと言った普通ではない人たちは

常人には理解できないものだと改めて思い知らされました。

 

私だってもしあの場にいたとしたら斬りかかるなんてまず無理ですし

出来るのは口をポカーンと開けて動向を確認することくらいしか出来ないでしょうね。

 

それにしてもそんな彼がこの2月号の表紙を飾るとは

正直驚きましたね。

 

返り血を浴びたのか顔に血をつけていながら

無表情を浮かべているのは結構インパクトが強いですね。

 

さらに王子無双と題してありましたが

もうそれ以外には例えようがないほど圧倒的ですからね。

 

なんだかんだ言ってまだ子供と言っていいくらいの若者ですから

今後が楽しみな反面どうなるのか恐ろしいです・・・。

 

次回の展開についてですが

アレキサンドロスの活躍?もあってか

一気に優勢になったわけですからここからの展開は早くなりそうです。

 

あとは敵の将軍英雄カレスがどんな面白エピソードを作ってくれるかくらいですかね。

ある意味敵軍にあって唯一の癒しキャラですので期待してます(笑)

 

第92話へ

第94話へ

 - ヒストリエ, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。