オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

キングダム 最新 460話 ネタバレ&感想 貂の思惑と桓騎の動向 42巻続き

      2016/02/24

1月21日発売の週刊ヤングジャンプ8号に連載されている

キングダム 460話のネタバレ&感想になります。

 

第460話 飛信隊の楔

内容ネタバレ

 

夜が更け暗い集落の中を歩く老婆は

羌瘣の世話をしに行く途中、

自身も傷だらけでありながらも主人を心配そうにしている馬に

早く休みな・・・と語りかけていた。

 

そんな老婆と羌瘣はこの戦いが始まる前に出会っており

羌瘣が非難するようにと伝えに行った集落の長こそがこの老婆だった。

 

老婆は忠告しに来た羌瘣に対し侵略者がと言い放ち

全く取り合わなかったがその娘が悪い娘じゃない事はわかっていたらしく

その治療に最善を持ってあたっていた。

 

そしてそんな老婆が羌瘣の眠る小屋へと足を運び

今夜が峠だと思いながら戸を開けるとそこには

横になっていたはずの羌瘣の姿が・・・!?

Sponsord Link

そこにいるとは思ってもいなかった老婆が呆然としていると

突然羌瘣が老婆に向かって倒れかかりそのまま地面に押し倒されてしまうことに。

 

倒れ込んできた羌瘣は意識が戻っていたわけではないらしく

ただ飛信隊の元へ戻らないと・・・とうわ言のように呟くのだった・・・。

 

黒羊戦、三日目。

前日に引き続き飛信隊に押され続ける馬呈率いる趙軍だが

流石にこれ以上見ていられなかったのか血の気の引いた顔の劉冬が

戦場へと姿を現していた。

 

しかし今の状況は劉冬にもどうにも出来ないようで

立て直せるかどうかも飛信隊次第であった。

 

そして一方、飛信隊では貂が各部隊長たちを呼び集め

これからの動きについて説明していた。

 

貂は今、右の戦場は完全に自分達が握っているが

これからそれを桓騎軍全体のものへと広げるため

陣を一・九に分けて中央へと向かうと指示。

 

そうした動きはすぐさま馬呈・劉冬のもとへと届けられ

その目的が中央丘であることを看破した劉冬は

敵のキレ者は桓騎だけではないと認識し顔を強張らせるのだった。

 

そして飛信隊が中央丘の下まで来たことに気づいた紀彗は

軍を動かさない訳にはいかずその三割を下方防戦へと

回さざるを得なかった。

 

この時ここまでつけいるスキのなかった紀彗軍に歪みが生じたことは

本人はおろか相対す黒桜にもわかっていた。

 

そしてこの場にいた指揮官全員はこの瞬間をあの男が見逃すはずはないと考え

慶舎と紀彗が桓騎に対し警戒を強める中

貂は上手く行けば三日目で丘の右半分かそれ以上取れるかもしれないと考えていた・・・。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

命の境目にいる羌瘣の容態も気になるところですが

やっぱり今回は飛信隊というか貂の見せ場がメインだった気がします。

 

ここに来て貂が打った手はこの戦いにおいて

下手をすれば勝敗を決めてしまう可能性があるほどの

絶妙な策だったのは間違いないでしょうね。

 

ただ劉冬がこのままの状況に甘んじるとは到底思えないので

ここからどういった手を打ってくるのか気になるところですね。

 

それに今回多少スキが出来た紀彗ですが

それでもまだ致命的だとはいえないですし

なにより紀彗の見せ場があんなもので終わるはずないですからね。

 

全ては黒桜や桓騎の動き次第ですが

まだまだ面白くなるのはここからではないかと。

 

次回の展開についてですが

皆が待ちに待った桓騎がようやく動き出すか!?という感じですが

本当に動くのか正直わからないところですね。

 

基本的にというかぶっちゃけこちらの考えが及ばないことを

しでかすのが桓騎ですのでどうなるか本当にわからないです。

 

どちらにしてもこの戦は結局桓騎の手のひらでしかなさそうな気がしますので

どう動くのか楽しみですしその動向に期待したいですね!

 

第459話へ

第461話へ

 - キングダム, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。