オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

テラフォーマーズ 最新 171話 ネタバレ&感想 中露そしてローマ連邦の陰謀

      2016/02/04

1月28日発売の週刊ヤングジャンプ9号に連載されている

テラフォーマーズ 171話のネタバレ&感想になります。

 

第171話 PLANET THE SAVAGENESS 野望の大地

内容ネタバレ

 

西暦2619年6月(燈が保護された日)U-NASA本部

計画が着々と進む中、七星はとうとう死者が出始めたことで

出発が早くなる可能性があると考えていた。

 

そして幹部となる正規軍人が

成功率36%の手術を受けてくれるのかと不安に感じていたが

部下から各国支局の幹部が5か国揃ったと聞き

上出来だと判断するのだった。

Sponsord Link

火星から脱出した九頭龍の艦内ではジェットらがエロネ達に対し

制空権を取られているのにも関わらず勝手な行動をとったことで

凱から叱責を受けていた。

 

しかしそんな言葉も西を始めとした第四班の連中には

全く意味がなかったようで有耶無耶のうちに終わってしまい

話は”ヤツら”についての話に。

 

凱は会ったのは初めてだったが”ヤツら”の影はかなり初期からちらついており

アネックス1号計画”プランδ”は中国・ロシアが火星で単独行動をするために作った

戦術上おかしなプランであると語る。

 

それはM.O.とA・Eウィルスの実用性は前々からわかっていたからであったが

燈の発見により作戦開始を大幅に早める必要性が出てきてしまい

中露が行き詰りかけた時U-NASA本部の電話が鳴る。

 

その相手はローマ連邦初代大統領ルーク・スノーレソンであり

自分達が新たに出資することを明言した上でオフィサーとして推したい男がいると言い

ジョセフをオフィサーとして・・・。

 

エロネ達もまた彼らと同じようなことを話していたようで

燈の発見とドイツの手術リストの漏洩が同時に起こったことで

次期当首であるジョセフがいきなりアネックス計画に名乗りをあげてしまい

あの時は一族内も随分慌てたものだと。

 

エロネは結果として目的の一つであったエヴァの特性を盗えたが

燈の生け捕りは達成できなかったとしながらも

それは日本に預けておいてもいいだろうとして地球へ還ろうと話す。

 

しかしジョセフは燈も殺すつもりだったらしく

日本の苦し紛れの策であるミッシェルと燈を同じ班にしてしまう策が

ここまで効いてくるとは歯を食いしばっていたのだった。

 

凱はローマ連邦は自分達のプランδに反対しなかったことから

第六班も単独行動がしたかったのだろうが

先程のヤツらの様子を見る限り”彼女(ファースト)””彼(セカンド)”の

奪取が第一ではないらしく測り知れない連中だと語る。

 

そしてさらに火星に到着する日、着陸前にゴキブリが現れたのは

中露ではなくおそらくローマ連邦の作戦であり

信じ難いことにヤツらはゴキブリ達に情報を与えることで

何か大きなことに利用しようと考えていると。

 

実際にはそれだけじゃなく第三班は遺跡で

中露が仲違いさせたのもローマであるという証拠である

”We Are The Cosmos”という落書きを発見していたのだった。

 

そして彼らが火星から地球へと帰還するという情報は

各国に伝わりその対応の準備をする中

アメリカ大統領であるグッドマンのもとにも

全ての艦が火星を離れたという情報が知らされ

火星での代理戦争が終結したとの報告がもたらされるのだった・・・。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

なかなかに混沌としてきた地球情勢ですが

なんていうか地球が一つにまとまることは

ないんだなという感じですね。

 

まあ、中露に加えローマまでも独自に作戦行動を取っていたわけですから

そりゃアネックス計画が上手く行くはずないですよね・・・。

参加した五か国中過半数が裏切っていたわけですし。

 

ただあくまでも感なんですが日本はともかく

アメリカが彼らの好き勝手に気づいていなかったとは

到底思えないんですよね・・・。

 

私見ではありますがアメリカという国は

なんだかんだで最後にいいところを持って行く国だと思いますし

そんな国が中露やローマ相手だとしてもこうも

後手に回るとは思えないですしね。

 

もちろん全てを理解しているとは思いませんが

アメリカもまた裏で何やら動いているのではないかと。

 

そうじゃなかったら火星から全ての艦が離れたなんて情報が

大統領のもとに入ってくるわけもないはずですしね。

 

まあ、どちらにしてもこのまま好き勝手やらせるとは思えないので

日本やアメリカもまた何かしらの行動を起こすんじゃないかなと。

というよりすでに起こしているのかもしれませんが。

 

そんなこんなで次回の展開についてですが

予告で各陣営の真の思惑が明らかに・・・!?とありましたので

今回に引き続き各国がどう動くのか動いていたのかが明らかになるのかなと。

 

どの国も自分の国の国益を第一に考えているのは間違いないですので

足並みがそろうことはまずないと思いますし

それが間違いじゃない以上これからも纏まることは無いんだろうなと。

 

私としては少なくともローマというかニュートン一族をなんとかしてから

各国の利益を考えるべきなんじゃないかと思いますけどね・・・。

 

第170話へ

第172話へ

 - テラフォーマーズ, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link