オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

トキワ来たれり!! 最新 57話 ネタバレ&感想 倒せないなら・・・!?

      2016/02/24

2月17日発売の週刊少年サンデー12号に連載されている

トキワ来たれり!! 57話のネタバレ&感想になります。

 

第57の時 勝利のストーリー

内容ネタバレ

 

カナタはもはやこれしか手がないとして

決死の覚悟を持って刃隠衆最終奥義である忍法我裂獄鬼哭陣を

発動しようとするがそれは自身の命と引き換えに

周囲のすべてを消滅させるという技だった。

 

ハルカの静止を振り切り技を発動させようとしたカナタだったが

いざ自身の腹に刀を刺そうとした瞬間

トキワによって止められてしまうことに。

 

トキワから君はまだ死んじゃいけないと言われ手を止めたカナタだったが

今の自分に焔武者を倒す術はなく戸惑っていると

トキワは何か思いついたらしく勝利のストーリーだ!と言い出し・・・!?

Sponsord Link

待ちに待ったトキワからの勝利のストーリーという言葉を聞いたカナタが

嬉しそうに笑顔を見せながら焔武者からの攻撃をいなし続ける中

トキワは倒せないならもと来た場所へ帰すんだと裂け目を指さし告げる。

 

それを聞いたカナタとハルカはマキナからの指示に従い

焔武者を誘導し足場を壊して裂け目へと追い込むと共に

その裂け目を封じようと攻撃を仕掛け

なんとか裂け目を閉じることに成功する。

 

しかし焔武者はそれでも帰しきれなかったようで

下半身を喪いつつも未だ健在であり

力を使い果たしたのか動きが鈍いカナタはまともに一撃をもらってしまうことに。

 

そして焔武者がこの世の戦の狂気は何ものにも変えられぬ喜びだと笑いながら

カナタに対し止めとなる一撃を・・・!?

 

トキワとカナタの二人は動くことが出来ず絶体絶命かと思われた瞬間

そこにはてめぇの相手はオレがする!!と不敵な笑みを浮かべたハルカの姿が!?

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

とりあえず焔武者こそ倒せなかったものの

カナタがあの自爆技を発動しなくて何より。

 

私が予想していたのはあの技を発動した結果仮死状態になって

父親にバカ息子がと言われながらなんとか助かるという感じでしたが

どちらにしても助かるだろうなとは思ってました。

 

とりあえずまだ序盤、いっても中盤の初めの方で

メインとなる3人が欠けるはずはないと思ってましたしね。

 

もし仮にそうならざるを得なかったとしても

終盤であって欲しいですし。

 

それにしてもトキワの口から再び勝利のストーリーの言葉が出るとは

思いませんでしたがよくあんなこと思いつきますよね・・・。

 

やっぱり私としては前線で戦う姿よりもああいう策を考え付いたり

頭を使うポジションの方がトキワはしっくりくる気がします。

 

別に戦っているトキワも悪くはありませんが

どうしたって性格的にヘタレっぽい要素があるので

やっぱり前衛よりは後衛かなと。

 

それにしても最近ちょっとビビり入ってたハルカでしたが

ここに来てようやく克服したっぽい感じですね。

 

まあ、あれだけの自信家が手も足も出ず負けてしまったことで

自信喪失してしまったのは仕方がないと思いますが

ここに来ての復活はやっぱりカナタの覚悟を見たからなのかも。

 

次回の展開にも関わってきますがそんなハルカが焔武者と

戦うことになるわけですがやっぱり新ソーサリーお披露目なんですかね?

 

確か前回の段階で針金は使い果たしたはずですし

金の力もそれほど協力ではなく焔武者との戦いにはちょっと厳しいので

これを何とかするにはやっぱり新ソーサリーしかないのではないかと!

 

ちょっと前から父である小十郎の遺産を読み耽っていたので

妖異に対する何らかの有効手段の一つや二つはあるんじゃないかと。

 

それがどういうものかは分かりませんが

現状動けるのはハルカしかいないので思う存分

見せ場を作って欲しいものですね!

 

それにしてもカナタの技が発動する前に逃げた

かがりはこの後再び参戦するかしないのか気になるところですが

どうなんでしょうね・・・。

 

第56話へ

第58話へ

 - トキワ来たれり!!, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。