オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

進撃の巨人 最新 83話 ネタバレ&感想 非常なる決断 20巻続き

      2016/08/09

7月9日発売の別冊少年マガジン 8月号に連載されている

進撃の巨人 83話のネタバレ&感想になります。

 

第83話 大鉈

内容ネタバレ

 

子供の頃、いじめられて泣いているアルミンに対しエレンは

なんでやり返さないのか、負けっぱなしでいいのかと

バカにするような表情で声をかけていた。

 

そんなエレンに対しアルミンは僕は負けてない、逃げてないと

前を向いて言ったことでエレンは何か感じるものがあったのか

お前、名前は?と問いかけるのだった・・・。

Sponsord Link

なんとかベルトルトを倒すことが出来たエレンだったが

傍らで全身に火傷を負い倒れ伏すアルミンを前にこうなることはわかっていたのにと

後悔しながらこいつを捕えることが出来たのはお前の手柄だと言い

なんでお前は逃げないんだと涙を流していた。

 

そうした中、突如爆発が起きそこには巨人とその背に荷物と共に男(ジーク)の姿が。

巨人は両手両足を上手く使いたちまちエレンの前に姿を現すが

エレンもまたベルトルトの身を盾にこいつを奪われるくらいなら殺すと告げていた。

 

エレンはその男の目の周りに巨人化の跡があることに気づき

男が獣の巨人なのかと考えていたところ

男からお前がエレン・イェーガーか?と声をかけられ

こいつだけでもとベルトルトの首をブレードで斬りつけていた。

 

しかし男が発した言葉はエレンにとって予想外のもので

全然親父と似てないな・・・信じて欲しい、俺はお前の理解者だというものだった。

 

そして俺達はあの父親の被害者でお前は父親に洗脳されていると告げ

エレンはその言葉を聞きながら男の顔に父グリシャの面影を感じていた。

 

しかし男は次の瞬間、壁の上に自分を追いかけて来たリヴァイに気づき

この化け物がと毒づきながらもここへ降りてこようとするリヴァイに向け

痛み分けで手を打とうと呟きベルトルトにお前はここまでらしいと告げ

その場から去ろうとした際エレンにいつかお前を救い出してやるからなと言い残すのだった。

 

そしてエレンの目前に現れたリヴァイはすぐさまガスと刃を渡すようにと指示し

エレンもすぐに渡そうとした瞬間、死んだと思われていたアルミンが突如息を吹き返し・・・!?

 

一方、その頃ハンジは捕えたライナーに対し尋問を行っていた。

最後の力で取り出そうとした鉄のケースについて聞かれたライナーは

素直にユミルの手紙だと説明しクリスタに渡してくれるように頼んでいた。

 

ハンジはそれを中身を改めてからだとして聞きたいことは山ほどあるとして

ブレードを抜き放ち私達が知りたいことを教えてくれるかなと声をかけるが

予想通りライナーには話す気がないようで即座に首にブレードが当てられていた。

 

首を切断したかに思われたがそれを止めたのはジャンからの

その力、奪えるかもしれないのにいいのかという言葉で

今はリヴァイが持っている注射薬を使うかどうかに関する問いかけだった。

 

しかしハンジは使う場合の条件が揃ったとは思っておらず

リヴァイたちの状況が分からないことからここで殺しておいた方がいいと考えていたが

ジャンからハンジらしくないと言われたばかりかわからないものはわからないと蓋をして

どうやって巨人に勝てるのかと言われてしまう。

 

その言葉を聞いたハンジは一時手を止めガスの残量をミカサに問いかけ

エレンたちのもとまであると聞きミカサにエレンたちの状況を見に行き

ガスを補給してリヴァイに注射薬をもらってくるようにと指示し

それが叶わない場合には信煙弾を撃つようにと告げるのだった。

 

ジャンが自分の意見は正しかったのかと思い耽る中

ハンジは巨人になるとしたら誰が打つのかについて考えていた・・・。

 

エレンのもとへ何とか辿り着いたミカサが見たのは

全身を焼かれながらも息を吹き返しエレンに懸命に声をかけられている

アルミンの姿だった。

 

エレンはアルミンに懸命に声をかけつつリヴァイに注射を早くと声を掛けるが

リヴァイにはその声が届いているのかわからないほど動きが遅かった。

 

それでもエレンからアルミンを巨人にしてベルトルトを食わせるんだと言われ

持っていた注射器が入ったケースを取り出した瞬間

ミカサは上空に信煙弾を放っていた。

 

それを見たジャンがハンジに声をかけようとした瞬間

ジークを乗せた巨人が迫っているのに気づき

なんとかハンジを敵の直線上から引き離すがライナーは巨人によって奪われてしまっていた。

 

そしてその場から離れていく巨人を前にガスが無い状況ではないも出来ないと判断した

ハンジによって追いかけることを禁止されライナーを生かす形になってしまった

ジャンは俺のせいだと自分を責めるのだった。

 

一方、エレンに注射器を渡そうとしたリヴァイだったが

いざエレンの手に渡ろうとしたその時重傷のエルヴィンを背負った

兵士が姿を現したことで状況が変わることに。

 

リヴァイは渡そうとしたケースを手元に戻すと共に

エルヴィンの状態を確かめると

アルミンではなくエルヴィンに注射を打つと宣言する。

 

その事に納得いかないエレンは涙を流しながらリヴァイへと詰め寄るが

リヴァイも前言を翻す気はなくミカサもまたブレードを抜いていた。

 

そんな一瞬触発の状況の中、ライナーを助けることが出来たジークは

壁の上でお前は運が良かったねと呟くのだった・・・。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

なんかかなりマズイ状況になっているみたいですが

とりあえずまとめると、

・ライナーが敵に救助

・アルミン息を吹き返す

・エルヴィン重傷で生存

・リヴァイがエルヴィンに注射すると宣言

・エレンとミカサがアルミンじゃないのかとその決定に不服

と言った感じですかね。

 

まあ、リヴァイの選択したエルヴィンに打つという選択ですが

正直言えばこちらのほうが正しいのではないかと思います。

 

もちろんどちらも助けられるなら助けたいと思うのが当然ですが

それが無理な以上団長であるエルヴィンを優先するのは至極当然と言えるのではないかと。

 

エレンやミカサにとっては幼馴染ですし

エルヴィンよりも優先したくなるのは分かるんですが

どっちに正当性があるのかと考えるならばエルヴィンかなと。

 

ただ懸念となるのはその選択をしてしまったことで

隊の雰囲気はさらに悪くなるでしょうし

最悪エレンとミカサが隊を抜ける可能性があるのでなかなかに難しい問題かなと。

 

それに今の状況だとリヴァイとミカサの戦いになる可能性もありますし

一番の解決方法としては瀕死の状態にあるエルヴィンかアルミンが

なんとか一時的にせよ意識を取り戻して他の人に使って欲しいと宣言することですかね。

 

それが出来れば苦労しないと言われるかもしれませんが

その位でなくちゃこの状況をどうにかすることは難しいかなと。

 

なんにしても次回は色々な意味でどういう展開になるのか予想出来なそうですので

これ以上ぐちゃぐちゃにならない様に解決できたらいいなと願うばかりです・・・。

 

第82話へ

第84話へ

 - 進撃の巨人, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。