オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

キングダム 最新 484話 ネタバレ&感想 飛信隊の収穫と李牧の暗躍

      2016/08/10

8月4日発売の週刊ヤングジャンプ 36号に連載されている

キングダム 484話のネタバレ&感想になります。

 

第484話 それぞれの出発

内容ネタバレ

 

一体何者なんだあの男はという疑問に答えたのは

桓騎軍から出向している那貴だった。

 

那貴はお頭は謎が多く、どこから来たのかさえもわからないが

最古参だという者からその”根っ子”の部分について聞いたことがあると語る。

 

最古参の者が言うにはそれは岩をも溶かす程の”怒り”であるらしく

それを聞いた信が何に対しての”怒り”だと問いかけると

那貴は一言”全て”に対してだと答えるのだった・・・。

Sponsord Link

一方、咸陽にも秦軍が黒羊戦に見事勝利したとの報が届けられ

その報の中には桓騎と信が内輪もめしたとの情報も含まれていた。

 

それでも双方の争いがなんとか収まったと聞いた昌平君らは

桓騎が自分の予測を上回る戦いをしたと想像したが意識はすでにその先へと向かっているようで

占領した黒羊を拠点として趙国西部の攻略の準備にそれぞれ取り掛かるのだった。

 

そしてその頃黒羊では西の丘一つを飛信隊だけで砦化するようにと指示されただけでなく

さらに黒羊の外側の警邏隊もやれとかなり無茶なことを言われていた。

 

貂はその指示に納得いっていないようだったが

何を言っても無駄だと判断したのか信は特に反論せず受けることに。

 

そして黒羊が見渡せる丘の上で信と羌瘣は

今回の戦いのことを振り返っていた。

 

結果として桓騎のいう”大人の戦い方”を見せつけられた信は

戦い方はクソだが結果は真正面から受け止めたいと考え

その戦い方を止めるには桓騎よりも先に大将軍になるしかないと考えていた。

 

それを聞いた羌瘣は先は難しいと言った上で並びさえすればいいとして

お前のやり方で天下の大将軍になればいいと信に告げ

信もまた桓騎には負けないと決意を漲らせるのだった。

 

黒羊の戦いで桓騎の強さと恐しさを中華に広める結果になった一方

飛信隊は大将である桓騎への反逆行為の咎により慶舎討ち取りの戦果は相殺されたが

その際、信の思いを皆が聞いたことで隊の結束はより強くなっていた。

 

そしてその風にあたって心揺れた那貴は桓騎を含めた幹部連中の前で

自分は飛信隊に移ることを宣言。

 

これらの出来事はこれから上に進む飛信隊にとって

非常に大きな”収穫”であった。

 

そしてこの黒羊戦で樹海にひそみ、

その様子を見ていた李牧と彼に従う舜水樹と馬南慈という名の

二人の副官は別の収穫を得ていた。

 

彼ら曰く慶舎の損失は痛かったが代わりに我々が得たものが二つあるとして

一つは隠れた名将である紀彗の発見、

そしてもう一つは”桓騎の弱点”であると語るが・・・。

 

黒羊戦の翌年秦は合従軍以来の超大軍を起こして趙軍と激突することになるが

その刻、秦は黒羊がその前哨戦であったことに気付くのだった・・・。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

とりあえず咸陽にも勝利の報せが届いたことで

黒羊戦はこれでようやく終了となりそうですね。

 

予告で黒羊丘に思わぬ一団がとありましたので

まだ黒羊から離れることはないとしても

もう趙軍とは来年まで大きな戦となることは無いかなと。

 

それにしてもあの那貴が桓騎のもとから

飛信隊に移ることになるとは正直思ってもいませんでした。

 

まあ、それだけ飛信隊の空気が彼にはあっていたのだとは思いますが

飛信隊にとっては使える人材が増えたわけですから

かなりの増強になるのは間違いないかと。

 

話は変わりますが今回の最後に久々に李牧が出てきましたが

何やら収穫があったみたいですね。

 

史実で桓騎は李牧にやられることになるらしいですが

その伏線とも言えるのが今回の”桓騎の弱点”ではないかと。

 

その弱点がどういうものかは全く想像できませんが

あの李牧が弱点と断言しただけにそれが致命的なものであると思いますし

それをつかれて桓騎は負けちゃうんだろうなと。

 

まあ、その戦いがいつになるかは分かりませんが

少なくとも来年の戦いの中かそれ以降の戦いでのことだと思いますので

その際に全ては明らかになるかと思います。

 

それにしてもあの二人の副官はどちらも初登場でしたが

特に舜水樹とかいうイマイチ何考えているかわからない男は要注意な気がします。

 

もちろんもう一人の馬南慈も廉頗みたいな面をしていたので厄介だと思いますが

おそらく武力タイプですし、知力タイプっぽい舜水樹のほうが

敵にすると厄介かなと。

 

第483話へ

第485話へ

 - キングダム, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。