オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

進撃の巨人 最新 88話 ネタバレ&感想 受け継がれたもの

      2017/01/07

12月9日発売の別冊少年マガジン 2017年1月号に連載されている

進撃の巨人 88話のネタバレ&感想になります。

 

第88話 進撃の巨人

内容ネタバレ

 

巨人となったフクロウは兵士達や蒸気船、

彼らがこの島に存在したすべての痕跡を海へと投げ込み消滅させた。

 

やり終えたフクロウは巨人化を解除し

グリシャのもとへ行くとその手を縛っているロープを切り

何か聞きたいことはないのかと声をかける。

 

そう言われても何から聞けばいいのかわからないグリシャが

フクロウにあんたは何者だと問いかけると

フクロウはエレン・クルーガーだと名乗り

今見せた通り「九つの巨人」の一つを身に宿しているユミルの民だと答えていた。

 

そして色々話を聞いたグリシャは何故自分だけ生かしたのかと詰め寄り

あんたは何がしたかったんだ、俺達は何の為にここで巨人にされたのかを問いかけるが

すでにフクロウの身体は立っていられないほどに弱ってしまっていた。

 

それでもフクロウは今まで何千人もここで巨人にしてきたが

全てはエルディアの為だったと信じていると語る。

 

その上で自分には時間が無いと話し

グリシャに最後の任務を託すと告げるのだった。

Sponsord Link

それからフクロウはグリシャを選んだ理由や自分もかつて子供の頃のグリシャと同じように

この世を焼き尽くさんとするばかりに憎悪を抱き

マーレへの復讐とエルディアの復権を誓ったのだとこれまでの人生について語る。

 

そしてグリシャはフクロウに残された自分の任務とは何だと問いかけるが

その内容はフクロウから巨人を継承しその力を使って

これから壁内に潜入し「始祖の巨人」を奪還しろとの事だった。

 

そして自分は巨人化したグリシャに食われ

同じようにして「始祖の巨人」の持ち主から力を奪えるのだと語る。

 

それを聞いたグリシャはなぜあんたがやらないのかと問いかけるが

返ってきたのは「九つの巨人」を継承したものは十三年で死に

自分が継承したのも十三年前だという衝撃的な内容だった。

 

フクロウはそれを「ユミルの呪い」と言っていたこと、

十三年は始祖ユミルが力に目覚めてから死ぬまでの年月に相当する時間であり

始祖ユミルを超える力は持てずその時が近づけば

器は衰えその役割を全うするのだとエレンは語る。

 

それを聞いたアルミンは今言った内容を紙に書き写しながら

これもグリシャの手記と一致したことを確認し

レイス家の継承帰還とも一致することから間違いないみたいだと考えていた。

 

そして自分はあと十三年でエレンはあと残り八年もないことを話すも

壁をはさんだ隣にいるミカサはこれは何かの間違いだと認めようとしなかった。

 

エレンは「九つの巨人」を宿す者が力を継承することなく死んだ場合

その力はそれ以降に誕生するユミルの民の赤子に突如継承され

距離も血縁も関係なく、あたかも「ユミルの民」とは皆一様に

「何か」に繋がっていると考えざるを得ないのだと語る。

 

さらにある継承者は目に見えない「道」を見たと言い

巨人を形成する血や骨はその道を通り送られてきて

その道は統べて一つの座標で交わるそれが「始祖の巨人」であると・・・。

 

フクロウからその道が空間を超越した道だと聞いたグリシャは

つまり「魔法」が存在し始祖ユミルの正体は魔女なのかと疑問に思い

マーレ政権下では「悪魔の使い」、エルディア帝国では「神がもたらした奇跡」

と言われてることから一体何が真実で本当の歴史なのかと問いかけていた。

 

フクロウは始祖ユミルは「有機生物の起源」と

接触した少女であると唱える者もいると話し

この世に真実など無い、それが現実であり

誰だって神でも飽くまでも誰かが真実だと言えばそうなると語る。

 

さらにダイナが王家の血を引くのは事実であり

他の同胞を救えなかったのも全ては自分の力が足りなかったからだと。

 

そしてフクロウは自分は務めを果たした、お前もそうしろとグリシャに告げるが

グリシャは指が切断された手を見ながら仲間を失うことも妻と息子を失うことも

これが自由の代償だとわかっていたら払わなかったとその頼みを拒絶していた。

 

そんなグリシャにフクロウは焚きつけようと色々声をかけるが

グリシャは俺に残されたのは罪だけだと悔いるように呟くだけだった。

 

しかしフクロウはそれで十分だと言いお前を選んだ一番の理由は

お前があの日壁の外に出たからだと語る。

 

あの日お前が妹を連れて壁の外に出なければ

お前は別の人生を歩んだかもしれないが、だがお前は壁の外に出たのだと言い

俺達は自由を求めその代償は同胞が支払ったそのツケを払うには

その行いが報われる日まで死んでも死んだ後も進み続けるのだと告げる。

 

そしてフクロウから渡された家族で撮った写真を渡され

これはお前が始めた物語だろうと言われグリシャは立ち上がる。

 

フクロウはグリシャに「九つの巨人」にはそれぞれ名前があり

これからお前に継承される巨人にもあるのだと語る。

 

その巨人はいついかなる時代においても自由を求めて進み続けた

自由のために戦った名は”進撃の巨人”だと告げるのだった・・・。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

視点がグリシャだったりエレンだったりころころ変わり

わかりづらい部分もありましたが

ここでタイトルである進撃の巨人の名が出てくるとは・・・。

 

こういう風に伏線に伏線を重ねてタイトルの進撃の巨人の意味が明らかになるのって

本当に作者である諌山先生凄いなって改めて思いますね。

 

それにしても今回新たに「九つの巨人」というワードが出てきましたが

誰がそうなのか気になります。

 

とりあえず現時点ではエレンとアルミンが確定っぽい感じで

他にはジークやライナーあたりや

あとレイス家の一族もそうかも。

 

というより異質な感じの巨人は全部そうなのかもしれませんね。

もしかしたら巨人になっても意志があるというもの条件なのかも。

だとしたらアニやユミルも・・・?

 

ただでもエレンが言っていたように九つの巨人を宿す者が

力を継承することなく死んだ場合はそれ以降に誕生する赤子に

突如継承されるとのことですし

知らないままでいる人や赤子もいるかもしれませんね。

 

それにしてもフクロウからグリシャ、そしてエレンへと継承された巨人の力が

進撃の巨人と呼ばれているなんてなんていうか感慨深いものがありますよね。

 

さらにそんな巨人の力を得るために代償として十三年しか生きられないとか

なんかまさに強大な力を得るためにはそれ相応の対価、代償が必要だなんて

よくありますがそのままその通りって感じですね。

 

それにしてもここに来て進撃の巨人のタイトルの意味が明らかになったわけですが

なんかもうすぐ終わりを迎えそうな予感が・・・。

 

もう二十巻を超えていますので長期連載なのは間違いないんですが

全体を見て今どのあたりまで進んでいるのかちょっと気になります。

 

これが後半の始まり付近だとしたら

25~30巻くらいまでは行きそうな気はしますが・・・。

 

なんにしても今回でおそらくグリシャの回想は終わったと思いますので

次回からは新章みたいな感じになるのかなと。

もし終わってなくてもそうかからないと思いますし。

 

第87話へ

第89話へ

 - 進撃の巨人, 雑誌掲載最新話 , ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。