オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

キングダム 最新 504話 ネタバレ&感想 列尾到着 46巻続き

      2017/03/17

2017年2月2日発売の週刊ヤングジャンプ 10号に連載されている

キングダム 504話のネタバレ&感想になります。

 

第504話 趙の国門

内容ネタバレ

 

ようやく前線へと到着した飛信隊が目にしたのは

すでに始まっていた趙軍と桓騎軍の戦いだった。

 

干斗達新兵は初めて実戦を目の当たりにしたこともあって

その様子に飲まれつつあったが

王翦や楊端和たちの軍はその戦いを無視して先へと行軍を開始していた。

 

貂曰くそれは連合軍の強みであり

三軍全てが黒羊戦級の戦ならばその一軍だけで勝利できる強軍であることから

この連合軍は同時に三つの対局に”同時”に対応できるのだということだった。

 

それを聞いた飛信隊の面々は改めてこの連合軍の凄さを理解し驚愕するが

信と貂は昌平君から言われたお前達の力が必要となる局面も

必ず現れるだろうという言葉を改めて思い返していた。

 

そして信は桓騎軍のことは気にしないでいいとして

王翦軍に続いて行軍を開始するのだった。

 

そこからさらに行軍した場所では玉鳳隊が趙の軍と相対していたが

それでも足を止めずに先を急ぐことに。

Sponsord Link

連合軍は行軍中、数度趙軍に道を阻まれたものの

その都度、王箭は別動隊をぶつけ本軍は着実に歩を進めていた。

 

咸陽にも連合軍の状況を知らせる報が届いていたようで

その行軍速度は予定よりも丸一日まいていた。

 

そしておそらくあと二日ほどで列尾に到着するだろうとして

政達はいよいよかと盤面上に置かれた列尾での戦いに思いを馳せていた。

 

一方、夜営となりそれぞれ休んでいた信もまた貂から

列尾が秦でいう所の函谷関であり改めて気合いを入れ直していた。

 

そして翌日ついに先頭を行く王翦軍は列尾に到着。

王翦麾下の部下達は斥候からの報告で趙軍よりも先に着いたことを知り

勇んで部隊を展開しようとするがそれを止めたのは王翦だった。

 

王翦は楊端和の軍勢と飛信隊を前に呼ぶようにと指示すると共に

列尾は奴らに落とさせると言い出し・・・。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

ようやく本番という感じですが

とりあえずはまだ李牧も来ていないですし

まだまだ前哨戦といったところかなと。

 

王翦も楊端和と飛信隊に列尾を任せようとしている以上

まだ自分が出る必要はないと感じているでしょうし

やっぱり本番はまだ先になるかなと。

 

とはいっても列尾は秦でいうところの函谷関のような物みたいですし

楊端和はともかく飛信隊としてはかなり真面目に戦わないとダメでしょうけどね。

 

そんなわけで次回は楊端和の軍勢と飛信隊だけで

対列尾攻略戦を行うことになりそうですが

とりあえず相手の勢力がどの程度なのか気になるところです。

 

どう考えても守りの方が有利なのは間違いない以上

攻める側としては圧倒的な戦力かなにか策が必要なんでしょうけど

なんとなく飛信隊はともかく楊端和の軍勢に策というのは

しっくりこないのでやっぱり力押しみたいな感じになりそうな気が・・・。

 

正直いって山の民の個人の力はそれなりに見てきましたが

軍としての力を見るのは今回が初みたいなものですので

その辺りを見越して王翦が楊端和の軍勢に任せようと思っているのかなと。

 

なんにしてもあの王翦が出来ると思って任せるわけですから

それなりの勝算があることは間違いないので

次回どうやって列尾を落とすのか期待したいところです。

 

第503話へ

第505話へ

 - キングダム, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link