オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

トキワ来たれり!! 最新 104話 ネタバレ&感想 トキワ荘襲撃

      2017/02/15

2017年2月8日発売の週刊少年サンデー 11号に連載されている

トキワ来たれり!! 104話のネタバレ&感想になります。

 

第104の時 それぞれの戦い

内容ネタバレ

 

長老の拳をまともに受けた肉体呪文のミモースだったが

ナインアイズの一人だけあってすぐさま立ち直り

ソーサリーを放っていた。

 

それに合わせるかのように召喚のトヨビラムと輝けるシャニースの

ソーサリーがエミーリエに襲い掛かるが

あわやという所で長老がその身を盾に彼女を庇い!?

Sponsord Link

生身でソーサリーを受けてしまった長老に対し

ゼンバイザー達はその身を心配するものの

長老は痛いわボケ!!と言いながら何事も無かったようにナインアイズを殴り飛ばしていた。

 

あまりの非常識にミモースは相手の”シン”が自分達を遥かに凌駕しているのかと

驚愕させられていたが返って来たのは鍛え方が違うわ!!という

非常識極まりない長老の言葉だった。

 

一方、その頃トキワ荘にも三勢力の魔の手が迫っていたようで

多数のエニグマのロボットと妖異を前に

留守を守るネヌとマキナが操作するマキナスマニピュレーターロボが奮闘していた。

 

しかし敵の数があまりにも多くネヌの体はボロボロに傷つき

そんなネヌを見かねたマキナはエニグマの狙いは

二階の部屋にある自分の人工知能だとしてネヌにここから離れる様に告げていた。

 

一度はそれに従いここを離れようとしたネヌだったが

マキナがいなくなったらご主人が悲しむとしてここに残ることを決意するが

その奮闘も空しくネヌは倒れ、マキナスマニピュレーターロボも破壊されてしまい・・・。

 

最後のマキナスマニピュレーターロボも破壊され

自身の部屋の中への侵入を許してしまったマキナが諦めかけたその時

八坂夫妻が姿を現し、ネヌの身を確保するのと同時にマキナに緊急モードを指示。

 

緊急モードをオンにしたマキナは音声から相手が八坂博士であることを確認。

トキワの母親はそんなDEMⅢに久しぶりと声をかけながら

修理用のマキナスパーツを持って来たと報せると

それを聞いていたネヌも手伝うと言い出し・・・。

 

そして先を急ぐトキワ達がついにアリアがいると思われる城へと辿り着くが

相手がただで行かせてくれるはずもなく

彼らの前にはマクガフィンともう一人のソーサリアンが立ち塞がっていた。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

なんていうか相変わらず長老は常軌を逸しているというか

まさに無敵超人と言うしかないくらいの強さですね・・・。

 

元々強いというか強すぎるのはわかっていましたが

ナインアイズのソーサリーをその身体でまともに受けても

痛いわボケ!!で済むんですから本当に人間なのかと正直疑います。

 

そんな長老が参戦した以上あの場はもう大丈夫だろうと思いますが

問題はトキワ荘とアリア救出部隊であるトキワ団のほうですね。

 

とりあえずトキワ荘のほうは八坂夫妻が救援に来てくれたことに加え

マキナ復活への道が開けたのでなんとかなりそうですが

ここでマクガフィンが来るとは・・・。

 

まあ、マクガフィンがナインアイズの一人である以上

いずれトキワ達と戦うことになっただろうとは思いますが

なんともナイスなタイミングで現れたものです。

 

一度はハルカに撃退されているマクガフィンですが

あの時のことは忘れたほうがいいくらいに

今回は本気でしょうしその膨大な数のソーサリーはかなりの脅威となるかと。

 

そんなマクガフィンだけでも厄介なのに

さらにナインアイズの一人っぽいソーサリアンがいるわけですから

なんていうか劣勢にもほどがあるとしか言えないですね・・・。

 

なんにしてもここで全員でマクガフィンらに立ち向かうか

誰か残って足止めするかは分かりませんが

ここからはトキワ団も本格的に戦うことになりそうですので

これからどうなるのか楽しみですね。

 

それにしても冷静に考えたら三勢力が組んでいる以上

相手はナインアイズ以外にも幻魔衆やディヴァインらもいるんですよね・・・。

なんていうかあまりにも劣勢過ぎて言葉もないです。

 

第103話へ

第105話へ

 - トキワ来たれり!!, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link