オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

東京喰種トーキョーグール:re 最新 124話 ネタバレ&感想 二人の距離

      2017/05/25

2017年5月18日発売の週刊ヤングジャンプ 25号に連載されている

東京喰種トーキョーグール:re 124話のネタバレ&感想になります。

 

第124話 一糸

内容ネタバレ

 

”コレ”は確保の際すこし暴れられたのでと言いながら

小坂さんには喰種隠匿の嫌疑がかかっていると嫌らしく笑みを浮かべる六月だったが

トーカはまるで聞く耳持たず容赦なく蹴り飛ばした上で

小坂?知らんなと取り合うことはなかった。

 

一方、店の外で晋三平から攻撃を受けるカネキは

抑制剤が効いているからかただ躱し続けていた。

 

しかし実際に抑制剤が効き始めるまでには

多少猶予があったらしく赫子を発動しあっさり一蹴するが

そこに自転車のようなものにのったオッガイが姿を現し・・・!?

Sponsord Link

オッガイ達による襲撃を受けたカネキだったが

店からトーカが出てきたことで即座にこの場から離れる事を決断。

 

オッガイに瞬く間に姿を消したカネキ達を追いかけるように指示した六月は

行かないでくださいとカネキに思いながらも

店に火を放ち狂ったように叫ぶのだった。

 

オッガイの出現によって喰種は今までよりもさらに生きづらくなってきており

墓盗りと呼ばれる喰種もそのうちの一人だった。

 

様子を見に来たタキザワはそんな彼女に声をかけるが

お互いにオッガイの”嗅覚”が厄介であることを認識しているらしく・・・。

 

一方、CCG本部の屋上で佇んでいた什造を

局長からの指示で呼びに来た瓜江だったが

什造から一緒にさぼる事を提案され少し話すことに。

 

どうやら什造は今の状況に20区梟戦と同じ匂いを感じているらしく

これからたくさん血が流れるだろうと予期していた。

 

その上で梟戦で多くの喰種を駆逐し捜査官も犠牲になったが

その結果平和が訪れたと言えるのか疑問に思っているらしく

人か喰種”どちらか”がいなくなればそれを平和と呼ぶのかと考えながら

僕は”今”が続けばそれだけでいいのですがと呟くのだった。

 

そして六月やオッガイ達から身を隠したカネキとトーカだったが

トーカは六月から依子のことを聞き心配になったようで

一人蹲りながらもカネキにヒデのことを挙げ

会いたくなったらどうしてた?と尋ねていた。

 

しかしその事についてカネキは答えを返すことが出来ないらしく

ごめんと謝りながら隣に座り「どうにか出来た」ことなんて一度もなく

そうなったらアイツに会いたくてたまらなかったと寂しそうな表情で語り

だからごめん、力になれなくてと謝っていた。

 

そんなカネキを見たトーカは見ていられなかったのか

隣に座ったカネキを押し倒すと

お互い目を合わせながら顔を近づけるのだった・・・。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

前回のラストに六月くんが彼女のものとみられる手を取り出したことで

何らかの反応を見せると思いましたが

思いのほかトーカちゃんは冷静でしたね。

 

もちろん内心は色々詰問したくてしかたなかったでしょうけど

そこで彼女との関係を出してしまったら

それこそ彼女の身が危ないですし英断だったのではないかと。

 

それにしてもカネキと相対した晋三平についてですが

まあ結果として抑制剤の効果が出る前だったとしても

もうちょっと健闘して欲しかったですね。

 

まあ、ぶっちゃけ抑制剤の効果が出ていたとしても

彼に負けるとは思いませんので結果は変わらなかったかもしれませんが。

 

というかその後に出てきたオッガイに全部持ってかれていた印象でしたし

次出てくるときはもうちょっと成長していないと

カネキと戦うのはまず無理でしょうね。

 

それにしてもあのオッガイが乗っていた自転車みたいな奴ですが

なんかタイヤ?が明らかに変わっていましたが

もしかしてあれ自体がクインケだったりするんですかね?

 

なんにしてもこれがカネキにとって

オッガイとの初邂逅だったのは間違いないでしょうけど

彼らを見てカネキがどんなことを思ったのか気になるところです。

 

途中、墓盗りとタキザワ、什造と瓜江の描写がありましたが

どちらにしても現状を好ましく思っていないのは間違いないかと。

 

それでも什造たちとはいずれ敵対することになるんでしょうけど

出来れば何らかの形で和解出来ればいいなと願いたいところです。

 

そして最後のカネキとトーカちゃんに関してですが

なんていうかようやくというかなんていうか。

 

ヤンデレ(六月)に追われた先でそういうことになるのは

ちょっとした皮肉っぽくはありますが

遅かれ早かれそうなったんだろうなと(苦笑)

 

その後の二人の関係がどういう風に変わっていくのかはわかりませんが

少なくともカネキにとって良い方向に進んでいると思いますので

お互いに大事にして欲しいと願っています。

 

第123話へ

第125話へ

 - 東京喰種:re, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。