オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

BIRDMEN-バードメン-最新 50話 flight48 ネタバレ&感想 フェアリーとバルバラの選択

      2017/05/31

2017年5月31日発売の週刊少年サンデー 27号に連載されている

BIRDMEN-バードメン- 50話(flight48)のネタバレ&感想になります。

 

flight048 THE FELLOWSHIP OF THE WING

内容ネタバレ

 

バルバラと共に鷹山が連れてきた”探索者(シ―カー)”であるフェアリーと

会うことになった烏丸。

 

鷹山によるとフィオナ(フェアリー)ははじまりの七人を探す旅に必要らしく

その名を聞いた烏丸もまた以前鷹山のビジョンで見た子であると気付いていた。

 

フィオナは改めてEDENを出たことを話すが

何故かバルバラと彼女の空気は重く・・・。

Sponsord Link

フィオナが本気である事が分かったバルバラは

私は早く見つかるならそれでいいと仲間に加えることに賛成し

とりあえず着いたばかりだということで

つばめたちと一緒にお茶することに。

 

一方その頃烏丸はバルバラを旅に連れていくため

アドラーとの話し合いに臨んでいた。

 

そして話の中で烏丸はフィオナがEDENを出たことを明かした時に

何故あんなにも空気が重く命懸けみたいな勢いだったのかについて尋ねると

アドラーから返ってきたのはEDENは楽園じゃないという言葉だった。

 

アドラーは生き残るのに必死になるほど身も心も強く縛り付けられ

それを庇護のように錯覚しそれなりに上手くやれていれば

離れることはむしろ恐怖であり

見知らぬ世界へ飛び立つには強い理由がいるだろうと語る。

 

それを聞いた烏丸はバルバラは未来は自分で取りに行くやつだと話すが

どうやらバルバラには物理的に飛び立てない理由があるらしく

それは今の環境を得るためEDENにありとあらゆるデータをとる為の機械を

身体中に埋め込まれているというまるでモルモットのような契約だった。

 

それを聞いた烏丸は憤慨するものの

物理的な問題はEDENから出張してきた研究者を操作すれば解決できるとして

あとは守ってきた城と仲間を置いて行けるかどうかだと告げ

アドラーに説得を頼むが・・・。

Sponsord Link

アドラーに自分の言葉は届かないとして鷹に言えと言われた烏丸は

これは自分の判断だから鷹山はかかわらせたくないと口を尖らせるものの

結局鷹山に頼んでみるしか方法はないわけでアドラーと共に鷹山のもとへ。

 

早速鷹山に要件を伝えようとする烏丸だが

どうやらすでにバルバラを呼んでいたらしく

結局本人に対して言葉をぶつけることに。

 

バルバラは烏丸の言葉を信じられないのか

前と同じく断ろうとしたもののアドラーからの後押しもあってか

烏丸の誘いに乗ることを決意する。

 

その上で改めてアドラーにわがままを言う事になりそうだと伝えたバルバラは

アドラーから自分も付いて行った方がいいかと聞かれた瞬間

鷹山から何か言われたらしく目を見開くものの

アドラーはこの城に必要だから残って欲しいと告げるのだった。

 

その後烏丸が言ったように手術を終えたバルバラが

”治療者(ヒーラー)”による回復を受けている一方で

バルバラの代役となる子供も決定したことで

あくる日、旅立ちの日を迎えることに。

 

よく晴れたまさに旅立ち日和の中、烏丸が鷹山があの時バルバラに

アドラーにこの旅に特別必要じゃないから好きに選べと言ったことを聞き

少し険悪な雰囲気になる場面や

アドラーとバルボラの情熱的な場面もあったものの

無事に旅へと出発することに。

 

烏丸達6人に加えフィオナとバルバラを伴ない出発する一行は

城の皆に見送られながら出発するが

いつの間にかその中にはとんがり頭の見知らぬ子供の姿が・・・!?

 

一方、その頃バイオテロを起こしたとされる謎の団体から

犯行声明が出たとのニュースが世界中で流れていた。

 

それは「人類の次の翼を得るべき時が来た」で始まる声明文であり

先日起こった他のテロとの関係をほのめかした上で

自らを”有翼同盟”と名乗っているというものだった・・・。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

なんだかんだ言ってバルバラとフィオナが新たに加わったわけですが

いつの間にかいたあの子供ってもしかして”治療者”なんですかね?

 

バルバラの手術後に”治療者”として回復させているメンバーの中に

あんな感じのとんがり頭の少年がいたような気がするのでおそらくそうではないかと。

 

なんで一緒にいるのかについてはぶっちゃけまったくわかっていませんが

なんだかんだで戦いは避けられないでしょうし

ヒーラーもいるにこしたことはないと思いますので

とりあえず仲間にいてくれたほうが安心ではないかと。

 

それにしてもバルバラについてですが

なんだかんだで一緒に来ることになりましたね。

 

結果として烏丸の考え通りにその身から機械を取り出す手術も成功しましたし

最良と言ってもいい結果に落ち着いたのではないでしょうか。

 

いずれにしても世界には有翼同盟とかいう

明らかにイヴが関わっていると思われる問題が発生しているみたいですし

これがなんらかの形で烏丸達にも関わってくるのは間違いなさそうな気がします。

 

そして次回についてですが予告では

31号とのことですので

おそらく6/28発売のサンデー31号に掲載されるかと。

 

第49話へ

第51話へ

 - BIRDMEN-バードメン-, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。