オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

キングダム 最新 524話 ネタバレ&感想 趙軍第二陣と玉鳳隊参戦

      2017/07/20

2017年7月13日発売の週刊ヤングジャンプ 33号に連載されている

キングダム 524話のネタバレ&感想になります。

 

第524話 覚悟の比重

内容ネタバレ

 

敵軍とまともにぶつかった亜光軍の様子を見て

玉鳳隊の面々は驚きを隠せず困惑した様子を見せていたが

関常の言う通り亜光軍の強さはここからだった。

 

両軍の最前線の兵達がぶつかりあったことで共倒れになる中

亜光軍は前に味方の兵がいることも厭わずそのまま突進を再開。

 

関常曰く亜光軍はこれまで正面からのぶつかりで負けたことがないらしく

その言葉の通り圧倒的に押し込み始めていた。

Sponsord Link

趙将である岳嬰が敵に大きく押し込まれつつある状況に

敵を甘く見ていたとしてまず足を止めるために動き出す中

趙の本陣でも何か動きを見せようとしていた。

 

馬南慈と趙峩龍は第一陣の岳嬰を敵の力量を測るために任せていたようで

そのおかげか侮ってはならない相手だと理解していた。

 

そうした中、馬南慈は早くも第二陣として出陣することを決めたらしく

主攻三千を亜光軍第一陣に、助攻七千を第二陣にぶつける事で壁を作り

第一陣に強烈な横撃を加えることに成功していた。

 

大将である亜光のもとに敵の第二陣によって敵襲を受けているとの報が届く中

乱戦中の亜光軍第一陣と第二陣の間の空間を疾走する騎馬隊があった。

 

その部隊が敵である事に気付いた馬南慈はすぐさまその狙いを看破し

部隊を回しその対応に向かわせるが

それを迎い撃った騎馬隊の正体は王賁率いる玉鳳隊であり

亜光からの指令放棄して劣勢の状況の中に飛び込み戦況を一変させるのだった。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

亜光軍が強いだろうことは前回の関常の話からも

よく分かってましたし敵を圧倒するだろうとは思ってましたが

やっぱり王賁は動かずにはいられなかったようですね。

 

まあ、王賁がただ黙って指示に従うとは思っていませんでしたが

とりあえず彼の参戦によって馬南慈の第二陣による劣勢を

多少なりとも覆したのは間違いないので

あとで怒られるとしても英断だったのではないかと。

 

元々敵兵と比べて兵力が劣っているところに

横撃を食らいさらに兵力が失われかけていたわけですから。

 

おそらく王賁が助けに入らなくても亜光はなんとかしたかもしれませんが

その場合かなりの損害が出たのは間違いないですしね。

 

まあ、とにもかくにも指令放棄して参戦した以上

それなりの戦果がなければ叱責は免れないと思いますので

次回王賁がどう動くのかに期待したい所です。

 

相手側はまだ趙峩龍率いる第三陣が手つかずのままなので

どうしたって劣勢にあるのは避けようもない事実ですが

それを王賁の手腕で覆せたら面白いでしょうね。

 

第523話へ

第525話へ

 - キングダム, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。