オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

東京喰種トーキョーグール:re 最新 143話 ネタバレ&感想 GAMEOVER

      2017/10/12

2017年10月5日発売の週刊ヤングジャンプ 45号に連載されている

東京喰種トーキョーグール:re 143話のネタバレ&感想になります。

 

第143話 (タイトル不明)

内容ネタバレ

 

都合よく物事が順調に進んでいるときこそ

足元を掬われる。

 

思い返せばはじめからずっとそうだったように思える、

あのとき”彼女”と目が合わなければ。

 

あのときこうしていれば・・・たった一つの選択が

行く先を大きく狂わし違えたレールはもう戻せず

いつか歩き疲れてこうつぶやく「こんなはずじゃなかった」・・・。

Sponsord Link

一人戻ってきたカネキは白スーツたちの亡骸の中

無事だったミゼを発見しナキの最後を聞いた後

非戦闘者はE14へ向かっていると聞き急ぎ向かう。

 

CCGの総議長室にて什造は旧多から

秘密作戦について聞かされていた。

 

コード名「こうりゅうぎ」

この作戦はS3班とオッガイのみで行われる作戦であり

目的は敵対勢力の完全駆逐とのことだった。

 

イマイチモチベーションが上がらない什造だったが

旧多は年間のCCG対策費について話し始め

このまま彼らが活発化すれば対策費は増大し

CCGの負傷者に対する特別医療費にも影響が出ると語る。

 

それを聞いた什造の頭には未だ意識を取り戻さない篠原のことが浮かび

総議長室を後にした什造は半兵衛と半井に作戦の概要に説明すると共に

それぞれ遺書を書くようにと告げるのだった・・・。

Sponsord Link

姿を見せたカネキはヒナミにすぐ行くとして先に行くようにと告げると

什造もまたカネキとの戦いに際しクインケを発動させる。

 

アラタJOKER、アラタ弐を纏った什造、半兵衛に対し

カネキもまた戦闘態勢へと移行する。

 

カネキはこの状況に気づけて良かったと思いながら

今度こそ守れる、この日のために生きてきたと思いながら戦闘を開始するが

気がつくとダルマの様に手足を失った自分の姿があった。

 

どうやら激しい戦いの為か一時的に記憶を失ってしまっていたらしく

何が何だかわからない状況の中、声をかけてきたのは

負けちゃいましたね、カネキくんと笑みを浮かべる旧多だった。

 

激しかった戦いの様子の語った旧多はカネキにS3班がこれから残党狩りに向かう事、

そしてルートE14は先手を打ち封鎖させてもらったと告げる。

 

手足を失いながらも芋虫のように前へと這うカネキに対し

旧多はなおも話し掛けるが

そんなカネキの前に現れたハジメが持ってきたのは

自身が討ち取った0番隊の首だった。

 

旧多が絶望のあまり声にならない声を上げるカネキをハジメに任せた一方、

E14では非戦闘員を連れ逃走していたトーカ達の前には多数の捜査員が立ち塞がり・・・。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

めっちゃ胸糞悪い展開となった今回ですが

なんとも救いがない形での終幕でしたね・・・。

 

相手が相手だっただけにカネキが勝てるかどうかはわかりませんでしたが

結果としては完敗といっていいかと。

 

その戦いの様子が描かれず終わった後の無残なカネキの様子だけが

描かれたのは良いんだか悪いんだか判断に苦しむところですが

テンションがた落ちになったのは間違いないですね・・・。

 

それにしても気になるのが予告で次号エンドロールとありましたが

もしかして次回で第二部終了といった流れなんでしょうか?

 

第一部である前作が終わった時にも同じような悲劇的な結末で終わったので

今回も同じなのかなと。

 

正直第一部の最後が最後だっただけにreでは良い結末で終わるのかなと思っていましたが

もしこれで第二部終了だったら正直第一部以上の悲劇的な結末ですよね・・・。

 

まあ、この作品自体明るい展開が少ないですし

ある程度シリアスな感じになるのは仕方がない事なんですが

カネキが可哀想すぎて正直言葉が無い・・・。

 

ただ気になるのは旧多はカネキを丁重にと指示していたので

カネキがここで命を落とすということはないのかなと。

 

第二部の始めと同様にまたしても記憶を失って別人になるのかとか

色々思う所はありますが今が最低でもカネキが最終的に

笑顔になれる結末を迎えてくれるのであればそれもありなのかなと。

 

それにしてもカネキはもうどうすることも出来ないのは仕方ないとして

トーカちゃんはどうにかならないものか・・・。

 

現状どう考えても絶対絶命なのは明らかなんですが

誰でもいいから助けに来ないのかと願ってしまいます。

四方さんが自分の命と引き換えに逃がすとか。

 

話は変わりますが本誌の最後のほうにある次号の予告で

熾烈な24区の攻防、「黒山羊」と「CCG」笑うのはー?大発表もアリ!?

とありましたので次回どうなるのかちょっと気になるところ。

 

流れ的にどう考えても笑うのはCCGだろうというか旧多だろうという感じでしたが

わざわざここに来てのその言葉は一体何を示しているのか・・・。

 

ちなみに大発表は第二部終了とすぐではないかもしれませんが

第三部の情報ではないかと予想してます。

 

第142話へ

第144話へ

 - 東京喰種:re, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Comment

  1. 匿名 より:

    逆に次回が気になってしまってる自分がいる。

  2. 匿名 より:

    亜門とかうりえとか来るかな?来なかったら3部に持ち越しになるのかな
    3部ではカネキトーカべいべーが主人公?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。