オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

キングダム 最新 535話 ネタバレ&感想 将軍昇進!?

      2017/10/26

2017年10月19日発売の週刊ヤングジャンプ 47号に連載されている

キングダム 535話のネタバレ&感想になります。

 

第535話 格不足

内容ネタバレ

 

日没を迎え橑陽で激しく戦っていた楊端和軍と犬戎もまた

互いに大きな損害を受けながらも初日を終えることに。

 

一方、夜を迎えた鄴もまた静かな時を迎えていた。

そんな中、集まった桓騎軍の諸将たちは

今日の戦いについて話し始める。

 

雷土を筆頭にひっきりなしに出てくる敵兵に苦慮していたものの

横の連携がないことから正直やってやれないことはないとしながらも

これにもし李牧やらの大きな軍が来たらひとたまりもないと考えていた。

Sponsord Link

同じく夜を迎えた右翼側では麻鉱将軍が討たれたとの報せが届き驚愕しながらも

さらにその左翼を蒙恬がもちこたえさせたと聞きさらに驚愕していた。

 

その事を聞いた関常は麻鉱が討たれたのは大きいと考えていたが

息子である王賁は誰が死のうがあの人にとっては駒の一つを失ったにすぎぬと語る。

 

左翼の将という駒を失ったなら補完するだけとして

下手な感情を一切持たぬという強み

何が起ころうとその中で冷静に勝つために戦略を練り上げていくのが

王翦だと語るのだった。

 

一方、左翼の楽華隊本陣では蒙恬が無事だったことで

彼を発見した信達と共に笑い声が上がっていた。

 

そうした中、麻鉱軍の将校たちが蒙恬のもとへ礼を述べに来ると同時に

明日以降誰が率いるのかについての話になるが

そこへ中央本営からの伝令が届く。

 

その内容はは麻鉱将軍を失った中で総崩れとならなかったことに対する奮闘と

導いた蒙恬に対する感謝するとのことだった。

 

その上で五千人将の身でこれ以上の大戦の指揮を取るには”格”不足であり

左翼の戦いは勝敗そのものに直結するほど重要な戦いであることから

この異常事態に対し総大将の特別権利を発動し

この戦の期間中に限り蒙恬を”将軍”の位へ格上げすると共に

左翼の全権限を与える事とする旨が告げられるのだった。

 

驚愕する信達をよそに伝令を送った王翦は

副官から左翼について確認されるも

蒙恬は私と李牧の間に入るほど戦いが見えていると答えつつ

明日以降火が付くのは左翼ではなく右翼であると告げるのだった。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

楊端和コスが表紙だったので彼女がメインとなる話しになるかと思っていましたが

今回数コマしか出てきませんでしたね。

 

まあ、その数コマだけでも橑陽の戦いが

激戦であったことを物語ってましたが。

 

それにしても被害はともかくとしてあのバジオウと真っ向から

切り結べる相手がいるとはなかなかに侮れないものですね・・・。

 

流石に女王程ではないんでしょうけど

あれくらいの相手がどれくらい犬戎にいるのかわからないだけに

怖い存在です。

 

それはそれとして王翦が最後に明日以降火が付くのは

右翼だと言っていましたね。

 

今回あまり目立つことのなかった右翼ですが

二日目は右翼がメインの話となりそうです。

 

蒙恬がこの戦いの期間だけとはいえ将軍に昇進したわけですから

ライバルの一人として王賁も負けてられないでしょうし

なかなかにアツい戦いになりそうです。

 

それにしても未だに王親子の関係がわからないんですが

これっていずれ明かされる時が来るんですかね?

 

なんとなく察することは出来なくもないんですが

詳しいことまではまだ明らかになっていないだけに気になるところです。

特に王翦が王賁をどう思っているのかについて。

 

ちなみに今回一番の出来事なった蒙恬の昇進ですが

これはどう考えても妥当だと思いますので正直なにも。

 

負け確定の状況からまだ戦える状況にまで戻したわけですから

そりゃ将軍にもなるさという感じですね。

 

まあ、三人のうち蒙恬が頭一つ出た以上

信と王賁も負けていられないでしょうから

今後どんな活躍を見せてくれるのか楽しみです。

 

第534話へ

第536話へ

 - キングダム, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。