オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

3月のライオン最新 142話 ネタバレ&感想 天国と地獄

      2017/10/27

2017年10月27日発売のヤングアニマル 21号に連載されている

3月のライオン 142話のネタバレ&感想になります。

 

第142話 なつかしい味➁ 21号掲載(2017)

内容ネタバレ

 

零から「生ピーナッツの皮むきを手伝ってくれませんか?

俺に晩ごはんがついてます。今夜は豚コマカレーです」という

あかりからの伝言が林田と島田に届く。

 

林田はゴロゴロしながら本を読んでいたらしく

生ピーナッツってなに?と思いながらも急ぎ準備を整え

川本家へと向かうことに。

Sponsord Link

その道中、零に声をかけてくれてありがとうと思いつつも

島田があかりの家に初めて行くことになってしまうことに

色々複雑な想いを感じていた。

 

想像しただけであの家の窓辺と島田のしっくりくる様子が思い浮かび

そのうち零みたいに頻繁に出入りするようになって

「おう、先生いらっしゃい」とか言われたらと妄想を爆走させていた。

 

誰かの事を特別に想ったりすると天国と地獄がいっぺんにやって来る事が苦手な林田は

ふと”天国と地獄”ってよく運動会で流れる曲があるけど

なぜあんなゴキゲンでトンチキなメロディなんだと疑問に思っていた。

 

まるでコメディみたいじゃないかと思いつつ

ていうかコメディなのかもな、天国とか人生とか恋とか人生とかもう全部!と

乾いた笑いを零していた。

 

一方、もう一人のメッセージを受け取った島田はというと

どうやら聖竜戦の立会人で今洞爺湖にいるらしく

それを知った林田は思わずホッとしてしまい自己嫌悪でどんよりしていた。

 

川本家へ到着した林田はあかりからお休みの日なのにと申し訳ない様子で

出迎えられ早速零と一緒に作業に入ることに。

 

あかりとひなたが秋のお祭りにだせたらいいなと試行錯誤する様子を見て

研究熱心だなぁと感心する林田に対し零は

まだはっきりと教えてもらったことはないんですがと前置きした上で

多分二人はこの先のことを考え始めたんだと思うとして

おじいちゃんの店を自分達がどんな形で引き継いで行ったらいいかをと語る。

 

だから小さいけどこういう事もみんな大事な一歩であり

僕は彼女たちがやりたいっていう事は全部応援するつもりなのだと。

 

それを聞いた林田は幸せを誰かにねだれない彼女たちとそして彼の

未来を見つめる一歩一歩、天国も地獄も本当はその先にあるのに

何がコメディだ、俺はバカだ1人で上ったり下ったりと思いつつ

零に改めて声をかけてくれてありがとうと伝えるのだった。

Sponsord Link

そして止まっていた作業を再開するにあたり

林田が売るとなったらもっと大量にむくことになるよなと

何かもっといいむき方があるんじゃないかと考え

ネットで探し始める一方、零はボソっと僕野口せんぱいと約束したんでと呟いていた。

 

数日前、零は野口から元担任の恋のお悩みトークを延々聞かされたことについて

色々愚痴られると共に林田の現状について色々話していた。

 

野口は島田八段が相手と言う事で正直万に一つ、億に一つも勝ち目がないとしながらも

それでも先生でありすでに友人でもある林田にせめて戦って死んで欲しいらしく

戦わずに死んだら先生のハートは一生体育座りのままになってしまうことを危惧していた。

 

零と野口はもし先生が爆死したら2人で支えることを決意し

有事の際にはお互い連絡を取りあうことを約束するのだった。

 

その時のことを思い出した零は思わず思い出し笑いをしてしまい

先程ボソっといった言葉を追及してくる林田だったが

零はなにも言ってませんと誤魔化していた。

 

そんな感じで零と作業をしながら林田は

”自分の人生をコメディなのかと嘆く者もいれば

その姿に胸をあっためられる者もいる”

”天国とか地獄とか言うけれどそこがゴールかどうかだって

ホントのところは誰にも解りゃしないんだ”と思うのだった。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

今回は前回零が言っていた通り林田先生と島田さんに

皮むきを頼むことになったわけですが

なんていうか林田先生一歩リードって感じですかね。

 

もちろんあかりさんの気持ちが今現在どちらに向いているのかが

イマイチわからないので何とも言えないところはあるんですが

助けが欲しい時にすぐ来てくれたというのはポイント高いのではないかと。

 

恋愛ってこういうタイミングとでも言えばいいのか

ピッタリ合うかどうかで結構決まってくると思いますし

その点から考えればやっぱり林田先生のほうがいいんじゃないかと思ったりしてます。

 

まあ、島田さん推し、林田先生推し、零推し等々

色々ファンの方々にも意見もあるでしょうけど

私自身林田先生推しなのでやっぱり好意的に見てしまいますね。

 

それにしても「天国と地獄」についてですが

名前こそ知っていたものの久しぶりに探して聴いてみましたが

めっちゃ懐かしい!

 

確かに運動会かだったかどうかは定かではありませんが

こういう曲だったなと。

気になる方は動画貼っておきますのでよかったらどうぞ!



※見れない方はこちらから!→天国と地獄

 

この曲については人それぞれ思う事はあるでしょうけど

林田先生の考え方はどことなく一般的で

共感しやすいのはかなり良いと思います。

 

まあ、他がプロ棋士だったりとどちらかというと

選ばれたものというかちょっと世界が違うと思われる中で

こういう普通の人って新鮮というか逆に際立っている気がしますしね。

 

ともあれ林田先生の現状は野口部長が心配しているように

客観的に見てなかなかに厳しいところもありますが

それでも最終的に選ぶのはあかりさんですので

今後彼らの関係がどうなっていくのか楽しみです。

 

願わくば誰も傷つかない展開を望みたいところですが

こればっかりは選ばれる人と選ばれない人が明確になる以上

どうしようもないので少しでも傷が小さければいいなと。

 

第141話へ

第143話へ

 - 3月のライオン, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。