オススメ漫画ネタバレ情報局

たくさんの漫画の中から管理人が厳選したオススメ漫画を少しのネタバレを交えて紹介しています。あくまでも私自身の感想がメインになりますのでよろしければどうぞ!

*

東京喰種トーキョーグール:re 最新 147話 ネタバレ&感想 怪物への対応

      2017/11/09

2017年11月2日発売の週刊ヤングジャンプ 49号に連載されている

東京喰種トーキョーグール:re 147話のネタバレ&感想になります。

 

第147話 1

内容ネタバレ

 

雨が降りしきる中、怪物が無数の瞳を閉じて佇む一方で

CCGは局長である旧多が姿を見せていないからか

怪物への対応に収拾がつかない有様だった。

 

そんな状況の中、武臣は今なら自分達を気にするものはいないと判断したのか

取調室で軟禁状態にあった依子を連れ外へ。

 

その頃、戻ってきたニシキたちは地上に出てきていた

ヒナミたちと合流し事情を聞くことに。

Sponsord Link

アジトが襲われたことを聞いたニシキは

王であるカネキのことについて尋ねるが

トーカから返ってきたのはあれがカネキという答えだった。

 

そんなことを言われても納得出来る筈もなく

トーカに詰め寄るニシキだが

あれがカネキだと答えるトーカの目を見て

何も言えなくなってしまっていた。

 

怪物へと変貌したカネキにカメラを向けるホリチエだったが

その現実感のなさからか合成写真みたいに感じていた。

 

その傍らには戻って来たのか月山の姿もあったが

憂い顔をしていたかと思いきや

僕が止めておけばと後悔の念に駆られとにかく行かないと!と

動き出そうとしたところをホリチエによって足を掴まれ

ちゃんと考えるようにと諭されていた。

 

そして混乱が続くCCGだったが

そこへ丸出特等が姿を見せ指揮を取り始めたことで

一気に動き出すことに。

 

同じく姿を見せた瓜江のもとへ才子が合流を果たす中

黒山羊のアジトでは死んだと思われていた

六月と晋三平が何事もなかったかのように立ち上がり

どこかへと移動を始めていた。

 

一先ず自らが指揮を取ることで収拾をつけた丸出だったが

あの怪物に対して正直どうすればいいのか分からずにいた。

 

そんな丸出に対しスケアクロウ(ヒデ?)は

”専門家にきいてみますか”と紙に書いて提案するのだった。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!

Sponsord Link

感想

 

暴走していたカネキも姿こそあのままではありますが

ようやく落ち着いたみたいですね。

 

まあ、だからといって何かしてきたら

反撃するくらいはしているみたいですが

一先ず事態は落ち着いてきたと見ていいかも。

 

あれだけ混乱していたCCGも丸出さんの登場で

なんとか持ち直したみたいですしね。

 

これからカネキに対して各陣営がどう動くのかも気になるところですが

私的には生き返った?六月たちが気になります。

 

あまりにも淡々としていたこともあってか

元々そうするつもりだったんじゃないかと思えますし

一体何を考えて動いているのか気になるところです。

 

まあ、四方さんの攻撃によって死んだんじゃないんかい!?とも

思わなくもないんですが冷静に思い返してみれば

あまりにもあっさりしすぎていたような気もしますし

あれで退場というにはちょっと物足りないかも。

 

彼らの事ですがいずれまたカネキの前に立ち塞がるだろうと思いますので

一体何を考えて動いているのかも含めて

その時にでも明かされればいいなと思います。

 

とりあえずカネキに関してですが親友であるヒデに何か考えがあるみたいですし

一先ずは彼の言う通り専門家に聞いてみるしかなさそうです。

 

専門家で思いつくのは喰種関係ということで

嘉納か地行、柴くらいかなと思いますので

おそらくそのうちの誰かになるのかなと。

 

第146話へ

第148話へ

 - 東京喰種:re, 雑誌掲載最新話 ,

  

Sponsord Link

Sponsord Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。