雑誌掲載最新話 東京喰種トーキョーグール

東京喰種トーキョーグール 最新 第132話 内容ネタバレ&感想

第132話 祭開

内容ネタバレ

 
魔猿は相手の田中丸特等のクインケが

何かの燃料を使用していることに気づきその燃料をクインケから

分離させることに成功する。

 
そして止めを刺すべく田中丸特等に攻撃を仕掛けようとしたその瞬間

使い物にならないはずのクインケの形状が変わり

手痛い一撃を食らってしまうことに。

 
そして今度は先程と反対に止めを刺されそうになるが、

そこにはカネキの姿が。

カネキは田中丸特等のクインケをばらばらに切断すると

傷ついた魔猿をつれその場を逃げていた。

 
次にカヤを助けに来たカネキはカヤに

古間を安全な場所へと運んだことを告げる。

それを聞いたカヤはなんとかしてカネキを思い留まらせようとするが

強い決意でこの戦場に来たカネキの意思を止めることができず・・・。

 
当ブログでは前半のみを簡易あらすじとしてありますので

続きを知りたい方、より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 
いや~まさにカネキ無双!って感じの回でしたが

魔猿が苦労していた相手を一蹴してしまうとは

またカネキくん強くなっている気がします。

 
今のカネキくんだったら以前戦った鯱が相手でも

良い勝負が出来るんじゃないかと思いますね。

 
というよりいくら罠に引っかかったとはいえ

魔猿が思いのほか弱かったのは正直がっかりです。

SSレートのカヤさんを弱いといっていたのでもう少し強いのかなと思っていましたが

魔猿もそれほど大したことはなさそうですね。

やっぱりレートは当てにならないのかも。

 
それにしても平子はなんでまだ上級なんですかね?

明らかに特等レベルには達しているような気がしますが・・・。

少なくとも田中丸特等や鉢川準特等よりは確実に上のような気がします。

それに今回だって彼に合ったクインケがあればもっと良い勝負になったかも。

やっぱり顔が地味だと等級も上がらないんですかね?(笑)

 
今回店長のほうの状況も少しわかりましたが

ジューゾーが加わってもまだ梟のほうが上のようですね。

さすが芳村店長だと言いたいところですがあの梟を相手にして一人で勝った

有馬特等の異質さがより鮮明になりましたね。

本当に人間なのかと疑わしいレベルですね・・・。

 
次回の展開としてはカネキvs亜門の対決がかなり見物になりそうです。

以前戦ったときよりも二人ともかなり成長していますので

今はどちらがより強くなったのか気になるところです。

ただ、まああくまで個人的にはカネキの成長のほうが上かなと。

あれからかなりキツイ戦いを潜り抜けて来てますからね。

 
第131話へ

第133話へ

-雑誌掲載最新話, 東京喰種トーキョーグール
-,

© 2020 オススメ漫画ネタバレ情報局