雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 最新 第400話 内容ネタバレ&感想

第400話 陥落と退避

内容ネタバレ

 
魏の本陣である呉鳳明のもとへ単身切り込んだ羌瘣。

敵本陣の混乱をよそに天幕の中に突っ込んだ羌瘣は

魏軍総大将である呉鳳明の首を討ち取ったが・・・。

 
魏の兵士や部下が呉鳳明がやられたとして

悲嘆していたが討ち取った羌瘣は呉鳳明自身の顔を知らなかったが

その側近である部下の態度からその首が偽物であると気づく。

 
肝心の大将を討ち損ねてしまったことを悔やんでいたが

それと同時に我呂に本陣に火を放ち敵本陣陥落の狼煙にして

全戦場に秦軍勝利の報を伝えろと命令する羌瘣。

 
それは各戦場にて劣勢であった秦軍の兵士たちにとって

待ちに待った逆転勝利の合図だった。

そして各戦場にて掃討戦が始まろうとしていたが

その時信はある部隊の動きに気付き・・・!?

 
当ブログでは前半のみを簡易あらすじとしてありますので

続きを知りたい方、より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 
とりあえずなにはともあれ連載400回おめでとうございます!

コミックスも35巻を超えてどこまで行くのか楽しみですね!

これからも楽しみに読んでいきたいと思います。

 
感想に入りますが、いや~羌瘣素晴らしい戦果でしたね!

肝心の大将を逃がしてしまったこと事態は悔やまれるところですが

その後の本陣に火を放った行動は値千金だったと思います。

 
それにしてもやっぱりというかなんていうか

予想した通りの影武者でしたが

あまりにも予想通り過ぎてなにやら小物臭がしてきましたね・・・。

 
その後も師である霊凰を身代りにしていましたし

まあ、彼が死んでは魏自体の存亡にかかわりますので

とった方法自体は悪いとは言い切れませんが

どう考えてもヤラレ役っぽい感じですね・・・。

 
まあ、それはそれとしてあの場に信が現れるとは

正直予想外でした。

それも霊凰を討ち取ったようにも見えましたからね。

 
これによって飛信隊は本陣を落としさらに魏火龍の一人も

下したことになりますから作戦を立案した王賁以上であると言えるかも。

 
次回の展開ですがおそらく霊凰は討ち取られたと思いますが

肝心の呉鳳明はどうなるのか気になるところですね。

師を身代りにしたわけですからあの場で討ち取られることはないような気はしますが・・・。

まあ、私としては呉鳳明自体の器が見えてきましたので

さっさとこの戦いを終わらせてもらいたいと思っています。

 
第399話へ

第401話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

© 2020 オススメ漫画ネタバレ情報局