雑誌掲載最新話 テラフォーマーズ

テラフォーマーズ 最新 160話 ネタバレ&感想 針便鬼毒酒

10月29日発売の週刊ヤングジャンプ48号に連載されている

テラフォーマーズ 160話のネタバレ&感想になります。

 
第160話 APHRODITE 女神

内容ネタバレ

 
小吉の猛攻に晒されながらジョセフは

心の内で色々なことを考えていた。

 
それは誰にも言っていなかったがワクチン阻止が第六班の目的だったこと、

あわよくばこの人たちならば自分を止めてくれるかもしれないと思っていたこと。

 
そしてこんなに強く殴ってくれる小吉は”愛”で私を殺してくれと言った言葉が

本気だと解ってくれ彼が本当に優しい人であるということを・・・。

スポンサーリンク

ジョセフがそんなことを思いながら殴られ続けていたところ

次の瞬間事態は思いもよらない方向へと進んでいた。

 
小吉の猛攻が続き間もなく決着かと思われた次の瞬間突然小吉の左腕が崩れ落ち、

その一瞬の隙をついたジョセフが磁力で剣を引き寄せ小吉の心臓を貫いていた・・・。

 
そして心臓を貫かれた小吉が力無く崩れ落ちそうになった瞬間

彼の首には劉の投げた注射器が刺さっていた。

 
それは横流しの情報で作ったコピー品に過ぎないものだったが

3位の専用武器である対人大雀蜂毒解毒薬”針便鬼毒酒”と同様の効果をもたらし

次の瞬間、崩れた腕が再生しまるで変身薬を過剰摂取したかのような姿へと変貌させていた。

 
もはや人間とは言えない状態と成り果てた小吉の一撃はジョセフの腹を貫通。

貫かれながらジョセフは心臓を刺されてもなお”気門”と呼ばれる昆虫の外皮だけで動く小吉を

称賛しながらもふざけるなと小吉の首を押さえて自分ごと電気を流していた。

 
ジョセフの体にはアドルフのような安全装置はなくデンキウナギのような厚い脂肪もないことから

いくら再生能力があるといっても電流を使いすぎることは自分の命をも削る行為であったが

おれは人類の到達点だと叫びながら電気を流し続け・・・。

 
そして凱の乗る九頭龍のレーダーにかなりの速度を持つ何かの反応があった頃

一時間の間、小吉達を待ち続けた燈たちだったがこれ以上時間をかけるわけにはいかず

火星を脱出するための離陸準備が始まろうとしていた・・・。

 
当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 
感想の前に小吉の専用武器に関する部分のあらすじが

ちょっとおかしいかもしれませんが正直あの辺りは分かりづらく

自分なりの解釈を含めていますのでああなってしまっています。

 
とりあえず確実なのは劉が小吉に投げた注射器に入っていたのは

変身薬ではないのはほぼ間違いないです。

 
回想から推察するにそれは小吉の専用武器である針便鬼毒酒の劣化コピーみたいなものではないかと。

ただそれを打って何故小吉が変態薬を過剰摂取した時のような姿に変貌するのかが

イマイチわからないんですけどね。

 
ただ間違えて解釈している可能性も十分ありますのであしからず。

 
それはそれとして感想に移りたいと思いますが

ジョセフはなんだかんだ言ってしぶといですよね・・・。

 
まあ、自分で最強だと言ってしまうくらいに強いのは間違いないので

あのしぶとさも理解できる範疇ではありますが

いい加減なんのベースなのか明らかにしないものかと。

 
ぶっちゃけあんな風に腹を貫かれた場合、

即死してもおかしくないほどだとは思いますが

死ぬ素振りも見せないなんて一体何なんでしょうね、あの生物は・・・。

 
ともあれ今回の説明でジョセフが体に電気を流し続けると危ないということがわかったので

おそらく電気には関わらない生物なのではないかと思います。

 
その場合、なんで電気を発しているのか謎ではありますが

人間にも微弱な電気が流れていると聞いたことがあるので

それの究極版みたいなものではないかと疑ってます。

 
次回の展開に関してですがようやく燈たちが火星を脱出しそうですね。

まあ、九頭龍もいますしその九頭龍が何かを察知していた様子も鑑みるに

そう簡単には脱出できないでしょうけどね。

 
どちらにしても小吉とジョセフの戦いはまもなく終わりそうですし

燈たちも脱出の準備に入りましたので火星における戦いもあと少しかなと。

 
とにもかくにも小吉とジョセフの戦いの結果は

かなり気になるのでどうなるのかかなり楽しみですね!

 
そういえばふと思ったんですがアシモフと劉って専用武器あるんですかね・・・?

(教えてもらったコメントによるとアシモフの専用武器はカフカス・スヴィエートとのことです。)

 
第159話へ

第161話へ

-雑誌掲載最新話, テラフォーマーズ
-,

© 2020 オススメ漫画ネタバレ情報局