コミックス 夏目友人帳

夏目友人帳 第3巻 あらすじ内容&感想 (ネタバレ有)

3

あらすじ

妖怪達を統べる契約書「友人帳」を祖母レイコから受け継ぎ、

妖怪達に名前を返し続けている少年夏目。

 
ある日、用心棒のニャンコ先生にそっくりの黒ニャンコ先生が現れ、

夏目の手から「友人帳」を奪い去ってしまう!

慌てて後を追う夏目とニャンコ先生が目にしたものとは・・・!?


第九話 先生、黒色になる?

ある日妖怪に追いかけられ逃げている途中で

何かの結界のような縄を破ってしまう夏目。

 
その夜何故か黒くなったニャンコ先生が現れ・・・。

といった感じですね。

 
この回はなんといっても黒ニャンコ先生が

すべてでしょうね。

あの二匹一緒に飼いたい!可愛すぎ!

 
今回のメインとなったリオウという妖怪は人間のことが

好きな妖怪だからこそ人里にはもう下りて来ないという選択を

してしまいましたが、そこがちょっと切なかったですね。

 

第十話 闇に光るのは

蛍の季節になり、一度も蛍を見たことがない夏目は

友人などに聞いて蛍がいるとされる沼に行くことに。

そこである妖怪に会うことになるが・・・。という感じですね。

 
今回は夏目にとっても色々考えさせられる回でしたね。

 
夏目自身が今後妖怪が見えなくなるかはわかりませんが、

年齢を重ねるにつれて見えなくなる可能性もあるということが

わかりましたからね。

今回も良い妖怪でしたがちょっと切ないですね。

スポンサーリンク


第十一話 呪術師会合

再び出合った祓い人で俳優の名取さんと

夏目の家で話すことになったが家には血の跡が。

 
その血は夏目の部屋に繋がっており、そこには妖の姿が・・・。

といった感じですね。

 
名取さんもそうですが夏目もやはりかなり強大な妖力を

持っているようですね。

 
初めて使う術も成功させるくらいですし。

ただ強すぎる力は必ずしも良いことではないので

これからの夏目次第といったところですかね。

 

第十二話 雛 かえる

家でおやつを食べている妖怪が現れ、

家の外の樹に鳥が巣を作り、飛び立つことを知る。

 
しかし巣の中に卵が一つ残っており、見かねた夏目はその卵を

育てようとするが・・・。といった感じですかね。

 
孵った雛がまさか龍の一族だとは思いませんでしたが、

かなり可愛かったですね!

 
別れの時にはちょっと切ないですが良い話でしたね。

というよりこの巻切ない系の話しが多かったです。嫌いじゃないですが。

 
第2巻へ

第4巻へ

-コミックス, 夏目友人帳
-,

© 2020 オススメ漫画ネタバレ情報局