雑誌掲載最新話 GANTZ:E

GANTZ:E 最新 第60話 ネタバレ&感想 市松vs花魁の大女

2024年1月30日にヤンジャン!で

配信されたGANTZ:E 60話

ネタバレ&感想になります。

 

第60話 見込み

内容ネタバレ

 

雪姫父子を凍らせた花魁の討伐対象に対し

俺がやる!と前に出た市松。

 

花魁は市松に目を向けつつも

それが攻撃方法なのか

ヒュゥゥと口から息を吐き出す。

 

凍てつくような吐息は

市松とその背後にいる半兵衛達を

囲むように広がっていき

市松の体を包み込もうとしていた。

 

しかし次の瞬間市松の超能力が

その息を吹き飛ばすと共に

花魁へと向けられ・・・!?


市松の超能力は花魁の体を

遥か上空へと浮かびあがらせる。

 

花魁は抵抗するかのように

キーッ!と奇声を発していたが

市松の落ちろという声と共に落下。

 

地面へと叩きつけられた花魁は

もう見る影もなくボロボロになっており

市松らがその動向を窺う中

血を吐き事切れるのだった。

 

一方その頃、討伐対象と激しい戦いを

繰り広げていた捨蔵は

戦う内に理解したのか告げる。

 

もういいや お前・・・

わかったわ・・・と。

 

それに対し討伐対象は

義経千本桜の一節を吠える。

 

”星満々たりと言えど”

”月の光に勝つことあたわず”

”ならば手柄にからめて見よええ”と。

(意訳:俺の事を倒せるものなら倒してみろ)

 

その言葉を受け捨蔵は討伐対象に対し

八つある腕からレーザーを発射。

 

まともに食らった討伐対象は

為すすべなく倒れるかと思われたが

次の瞬間見上げるほどに大きくなり・・・!?

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

ヤンジャン!アプリかコミックスでどうぞ!


感想

 

凍らせる力を持った花魁の討伐対象ですが

思っていた以上にあっさりやられてましたね。

 

正直あっさりしすぎて

本当に倒せたのか疑わしいところもありますが

血を吐いて事切れたように見えたので

おそらく倒せたのではないかと。

 

それはそれとして今回の敵って

基本的に歌舞伎をモチーフに色々な演目の

登場キャラとかが選ばれているわけですが

あの花魁は助六の揚巻?なのかも。

 

というよりも歌舞伎自体詳しくないので

おそらくとしか言えませんが。

 

それだけの有名どころが

あっさりやられたことに違和感もありますが

もう一体の討伐対象は

思っていた以上に粘っていますね。

 

義経千本桜からと思われる討伐対象ですが

千手モードになった捨蔵を相手に

瞬殺されないだけも大したものだなと。

 

それどころかなにやら

巨大化したみたいですし

彼らの戦いはこれからなのかも。

 

まあ、それでも千手の強さを知っているので

捨蔵の勝利は固いとは思いますが。

 

ともあれ今のところ登場している

討伐対象は大将ではなさそうですので

まだまだ戦いは前哨戦でしょうね。

 

一体どの演目から敵の大将が選ばれるかは

まだ定かじゃありませんが

これまでの戦いを見る限り

恐らくなにかしらの属性を持っている気がします。

 

乱獅子は炎、義経千本桜の敵は雷

花魁は氷だったので

大将はそれ以外か複数属性持ちかなと。

 

気になる次回については

三週間後の2/20に配信されるとのこと。

 

第59話へ

第61話へ

-雑誌掲載最新話, GANTZ:E
-,

© 2024 オススメ漫画ネタバレ情報局