雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 627話 ネタバレ&感想 死闘決着

2019年12月26日発売の週刊ヤングジャンプ 2020年4・5合併号に連載されている

キングダム 627話のネタバレ&感想になります。

 

第627話 道の行方

内容ネタバレ

 

その刻一気に日は夕日と変わり

この長き戦いの中でその赤土は最大限の色を発した。

 

そして頭上の天のあまりの赤色に

各所の戦士達は一瞬なぜか止まり寒気を感じた。

十五日目の朱海平原での出来事であった。


貂が那貴と共に先陣へと向かっていた頃

信と龐煖の戦いは一進一退の攻防を繰り返していた。

 

既に満身創痍でところどころで意識が途切れながらも

信は必死に声を上げる仲間達に応えるように立ち上がる。

 

ちゃんと聞こえてるぜ、分かってる。

”お前達”だけじゃない、俺には仲間が

生きてる仲間が大勢いる。

大勢いるんだよ龐煖!と叫びながら戦っていた。

 

何度打倒しても立ち上がる信を前に

龐煖はなぜこんなことが起きるのか

お前は・・・お前達は何故我が刃に抗えるのかと

考えていた。

 

”道を極めし”我が刃になぜ・・・と思った瞬間

ある一つの考えが浮かび上がる。

道が・・・間違っていたとでも言うのか・・・と。

 

いや・・・そもそも道そのものが無かったのでは

人にそんな道など・・・。

 

そんな考えに至った龐煖だが

いやそんなことはない、道が無いなどそんなことは断じてないと

信と真っ向から打ち合った瞬間、自身の矛は砕かれてしまっていた。

 

その光景に誰もが驚愕する中

趙の兵士の一部はまずいと判断し戦いに介入しようとするが

その瞬間、龐煖は何を思ったのか信に背を向けていた。

 

そして信が追撃を仕掛けようとするのを待ち構えていたのか

折れた矛を背後に向かって突き出そうとした一方

動いた趙兵達は飛信隊の面々によって一蹴。

 

龐煖の繰り出した一撃は

間一髪のところで反応した信に躱され

信の一撃が龐煖に襲い掛かる。

 

辛うじて矛を盾に防いだ龐煖だが

その一撃は盾にした矛諸共

龐煖の身体を両断し・・・!?

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

最悪決着がつかないままで終わる可能性も考えてましたが

見事に信がやってくれましたね!

 

正直身体はもうボロボロと言うか

いつ死んでもおかしくない程でしたが

それでもやってくれたという感じ。

 

流石の龐煖も体を両断されて生きているとは思えないので

ここで討ち取られたのは間違いないかと。

 

ただまあ、普通だったら即死なんですが

あの龐煖ですので何らかの言葉を遺して

命を落とすことになるんじゃないかなと。

 

正直信が勝つことは予想してはいましたが

本当に最後までどうなるのかわからない

良い戦いだったと改めて思います。

 

この後、李牧がどう動くのかも含めて

先が楽しみではありますが

とりあえずこの戦いによって朱海平原の戦いは終わったのではないかと。

 

そう思えるだけの死闘でしたし

ここで李牧が何をどうしても逆転は難しいと思いますしね。

それだけ武神の敗北が兵に与える影響は大きいかなと。

 

なんにしてもこれでこの戦いも一区切りついた感じですし

信もこれ以上は戦えないので

この戦場における信の戦いは終わったのではないかと。

 

あとは李牧と王翦がどう動くかと言ったところですが

先程も言ったように秦軍の有利は変わらないので

どういう形でこの戦いが終わるのか楽しみです。

 

第626話へ

第628話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

Copyright© オススメ漫画ネタバレ情報局 , 2020 All Rights Reserved.