雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 628話 ネタバレ&感想 死闘の代償

2019年1月9日発売の週刊ヤングジャンプ 2020年6・7合併号に連載されている

キングダム 628話のネタバレ&感想になります。

 

第628話 命の火

内容ネタバレ

 

朱海平原での戦いから遥か彼方

かつて山間の小さな村にとある夫妻がいた。

 

龐夫妻と呼ばれる二人は

怪我や病を治す不思議な力を持っており

彼らのおかげもあって集落一帯は生気に満ちていた。

 

その二人には赤子がおり

あの二人の子ならさぞかし強い力を持っているだろうと

皆が楽しみに思っていた矢先

求道者と思われる男が姿を現す。

 

その男は村人や夫妻を殺め

赤子を攫い山へ消える。

 

突然の凶行により致命傷を負った母は

涙ながらに連れ去られた自分の子である

龐煖の名を呼びながら命を落とすのだった・・・。


信がついに龐煖を討ち取ったことで

飛信隊の皆は涙を流して歓声を上げていた。

 

その喚声はその輪を一気に広め

正面側の王翦の元にまで伝わった。

 

龐煖が討ち取られたのを見たカイネは

人を越えんとする戦いが人を救うためだったとするなら

その龐煖様が敗れたということは

つまり人は”救われぬ”という事なのですかと李牧に問いかける。

 

その問いに対し李牧はそうですと答え

今のところ”龐煖のやり方”では無理だったのでしょうと語る。

 

他の方法で人の世を救うと豪語する人間が西にいると話す李牧の言葉に

カイネはそれが秦王嬴政を指していることに気づく。

 

しかし李牧はこの中華を武力統一し戦のない新世界を作ると言う

彼の思想に対し我々は断固として”否”を突きつけると語り

その為にも趙は敗れるわけにはいかないと

全軍に撤退の指示を下す。

 

そしてそもそもこの戦いは”鄴”の攻防戦であり

我々の足止めに来た王翦をこの地で葬りたかったが

その戦力は大いに削り朱海平原で引きはがすには十分だとして

全軍に鄴を解放しに行くと告げるのだった。

 

撤退のため動き出した李牧を見て

各隊は李牧の首を狙い動き出す。

 

だが李牧を最も追いやすい秦右翼の主力である

飛信隊にも異変が起こる。

 

飛信隊の者達は李牧の首を狙わんと動き出し

龐煖を見事討ち取った信にも声をかけるが

そこでようやく信の様子がおかしいことに気づく。

 

誰の声にも反応を見せない信の様子に

困惑を隠せずにいる飛信隊の面々。

 

羌瘣は涙を流しながら信の方へと

手を伸ばしつつ語る。

 

ずっと前から・・・もうとっくに・・・

信の命の火は消えていた・・・と。

 

そして羌瘣の言葉が正しかったかのように

信はまるで糸が切れたかのように

その場に倒れ込むのだった・・・。

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

正直言葉もないという感じで終わったわけですが

流石にここで終了というのは無いと思いますので

ギリギリのところで命を繋ぐのではないかと。

 

まさかここで信が亡くなって

主人公変更とはならないでしょうしね。

 

それにしてもすでに限界を迎えていたのは分かってましたが

本当に限界をさらに超えたところまで

頑張ったんでしょうね・・・。

 

そうでもしなければあの龐煖を討ち取る

なんてことは出来なかったでしょうし

その代償と見れば仕方ないのかも。

 

この世界において誰もが最強と認める

武神が相手だったわけですからね。

 

それはそれとして早速李牧が動き出したわけですが

なんとなく鄴はすでに落ちているような気が・・・。

 

鄴を任されているのはあの悪名高き桓騎ですからね・・・。

誰もが予想していなかった方法で

もう戦いは終わっている可能性もあるかなと。

 

なんだかんだでここまで桓騎の功績はないに等しいですし

彼の見せ場といったら変ですが

何かしらやらかしているのではないかと思っています。

 

なんにしても現状において

秦軍の有利は間違いないので

あとは桓騎の動き次第かなと。

 

気になる続きについてですが

次号は休載とのことですので

再開は1/30発売の9号になるかと。

 

第627話へ

第629話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

Copyright© オススメ漫画ネタバレ情報局 , 2020 All Rights Reserved.