雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 最新 636話 ネタバレ&感想 秦本国からの補給軍

2019年3月26日発売の週刊ヤングジャンプ 2020年17号に連載されている

キングダム 636話のネタバレ&感想になります。

 

第636話 補給軍の行方

内容ネタバレ

 

秦の勝利を信じて朱海平原から鄴へと向かう後発軍。

その中には飛信隊の姿もあり

到着した鄴に秦の旗が立っているのを見て歓声を上げていた。

 

そして出迎えた信と合流を果たし

互いに喜びつつも今の状況について話し合うことに。

 

後発の飛信隊の面々は軍馬を食糧に充て

なんとかここまでたどり着いたようで

信からここにも食糧がないと聞かされ

困惑することしか出来ずにいた・・・。


一方、王翦と桓騎はそれぞれ将を引き連れ

現在の状況、ひいては食糧に関しての話し合いを行っていた。

 

しかし現状はどう見ても明るいものではなく

軍が飢えに耐えられるのもあと二日、

それまでにどうにかして外部から補給を

得なければならないとのことだった。

 

しかしそれを李牧が許すはずもなく

鄴を遠方から見据える李牧は

絶体絶命の鄴を救うためには秦本国の補給が必要であり

そのために再び列尾越えがあると考えていた。

 

その頃、秦国咸陽にも鄴が陥落したとの報告が届き

誰もがその偉業に歓声を上げていた。

 

しかし政は喜ぶにはまだ早いとして

鄴を落とせても王都圏の出入り口である列尾は

再び趙の手に落ち固く閉ざされていることから

完全に孤立状態であると告げる。

 

昌平君もその言葉に同意し

最悪の場合すでに王翦・桓騎軍は

飢餓の中にあるかもしれないと語る。

 

ようやく他の面々も喜んでばかりはいられないと理解したのか

ならば今すぐ兵糧を送らなければ!と焦った声を上げるも

すでに昌平君は手を打っていたようで

補給軍は列尾へと迫っていた。


補給軍を率いる大将・介億は

前方に列尾が見えて来たとの報告を受け

補給部隊はここに留め

前線部隊には列尾攻めのため攻陣配置を指示。

 

趙軍は籠城せずに外に迎撃の陣を構え

兵は互いに一万、趙の将は

”邯鄲の守護者”と呼ばれる͡扈輒(コチョウ)だった。

 

介億は相対する将が扈輒であることから

すぐには動かず様子を窺っていたが

そこへ後方の補給部隊が急襲されたとの報告が。

 

急襲したのは橑陽からこちらへと合流した

舜水樹率いる部隊であり

補給部隊は何も出来ず荷車に積んだ俵に

火をかけられてしまうことに。

 

意気揚々と食糧を燃やす趙軍だが

兵士の一人が俵の中に食糧がなく

空であることに気づき・・・!?

 

当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

秦から補給のため軍が進発していたことは

そう驚くこともなかったですが

まさかその将が介億だったとは・・・。

 

まあ、彼は昌平君の右腕ともいえる人物で

最での戦いでもかなり優れた手腕を振るっていましたし

この部隊の重要度的にも適任なのかも。

 

それにしても橑陽戦以後姿を見せなかった舜水樹ですが

このタイミングで出てくるとは

本当に侮れないですよね。

 

彼もまた李牧旗下の将の一人ですし

それだけ有能なのかもしれませんが

この状況においては厄介以外の何者でもないかと。

 

そんな彼も流石に補給部隊の俵の中身が

空だったことには気づいていないようですが

あの最後の介億のにやっとした表情を見るに

してやったりといったところでしょうか。

 

これが介億自身の策なのかどうかは分かりませんが

少なくとも介億にとっても想定内のことだったんでしょうし

次回どう動くのか楽しみですね。

 

彼自身の実力がかなりのものなのは

これまでの戦いで明らかではあったものの

言い方は悪いですが裏方に回ってのことでしたので

その実力のほどを遺憾なく発揮してほしいものです。

 

第635話へ

第637話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

Copyright© オススメ漫画ネタバレ情報局 , 2020 All Rights Reserved.