雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 最新 664話 ネタバレ&感想 羌礼の加入!?

2020年12月17日発売の

週刊ヤングジャンプ 2021年3号に

掲載されているキングダム 664話

ネタバレ&感想になります。

 

第664話 妹分

内容ネタバレ

 

静養中していた羌瘣だが

邪悪な気配を感じ飛び起きる。

 

羌瘣は龐煖、いや違う

この気配は幽連かと思い

傍らの緑穂を手にして天幕から出ると

そこには自身を瘣姉と呼ぶ礼の姿が!?


羌瘣は礼がここにいることに驚き

どうやって村を出て来たのか、

そして識はどうしたのかと問いかける。

 

その言葉を聞いた礼は識の名に

ピクっと反応しつつ

嘲笑うように告げる。

 

我ら蚩尤族の世界から

外へ出られるのは

”勝ち残った者だけ”

という掟であろうがと。

 

それを聞いた羌瘣が

まさか”祭”をと驚愕する中

隊長である信が姿を見せる。

 

羌瘣の仲間だと知らせを受け

見に来た信に対し礼は

今日から飛信隊に入ってやると告げる。

 

強者が入ってくれることに

一般の隊員達は喜ぶが殆どの幹部達は

そんな礼の態度が気に入らないようで

難色を示していた。

 

羌瘣は礼に改めて本当に

飛信隊に入りたいのか確認すると

お前を入隊させるかどうか

話し合ってくるとして

天幕で待っているようにと告げる。

 

そして信と貂にちょっと来てくれと

離れた場所にて礼の処遇について

話し合うことになるが・・・。


突然現れた来訪者羌礼は一旦

羌瘣の部隊で預かることになった。

 

数日隊に同行させ順応できるなら

入隊させるという事だった。

 

が・・・羌礼はこっちの方が

敵が多いとして独断で動き回る。

 

沛狼・崇原・竜有の三隊並びの

伏兵の作戦だったが

羌礼が竜有隊の場所へと姿を見せ

勝手に動いたことで

作戦変更を余儀なくされていた。

 

結果中央の崇原隊、

さらに左の沛狼隊が後手を踏み

大苦戦となった。

 

特に左の沛狼隊の被害は

甚大であった。

 

ところが作戦を乱した竜有隊は

羌礼が縦横無尽に敵を斬って回る為

隊自体は戦いやすく

その場を制圧していった。

 

竜有は敵を次々と斬り

さらに口元に笑みを浮かべながら

止めを刺す羌礼に

厳しい目を向けていた。

 

結局竜有隊が崇原隊の

援軍に回り中央を制圧し

森の中の歩兵戦は飛信隊が

逆転勝利したのである。

 

その後、竜有は沛狼のもとに

謝罪に訪れていた。

 

うちが作戦通り動かなかったから

とばっちりがそっちにいったと。

 

沛狼もまた勝ったからいいとして

原因は聞いている、

お前が謝ることじゃないと語る。

 

だがいくら腕が立つとはいえ

作戦外のことをやられちゃあ

周りが危うくなると。

 

今は崇原が直接説教を

しているようだが

竜有は羌礼について報告する。

 

あのガキ今日本気で

殺しを楽しんでるように見えた。

 

一度見ただけだからよく分からないが

もしそんなクソヤロォなら

絶対飛信隊においとく訳にはいかないと。

 

翌日再び森の中で歩兵戦。

趙軍は前日の倍の歩兵を

森に投入してきた。

 

崇原の号令による

趙軍へと向かう干斗達歩兵隊だが

すでに敵軍の前には羌礼の姿が。

 

干斗は俺達の邪魔するなと叫ぶも

羌礼は聞く耳持たず

ぬるいこと言ってんなと苛ついていた。

 

羌礼は本物の血の狂宴を味わえと

白鳳を手に空を仰ぐ。

 

ああ、識そうだよ。

私達こそが人の闇の頂に立つ

蚩尤だ!と。

 

その思いをぶつけるかのように

敵陣へと飛び込んだ羌礼の周囲には

血煙が舞い踊り・・・!?

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

なんていうか見事に

問題児でしたね、礼は。

 

前回の流れから礼か識の

どちらかではないかと思っていましたが

あれだけ変貌しているのを見ると

やっぱり祭があったんでしょうか・・・。

 

羌瘣があれだけ後輩たちを

祭に参加させないようにしていたのに

一体何があったのか気になるところ。

 

なにより礼が何故

飛信隊に来たのかも気になります。

 

単純に姉の力になりたいだったら

ともかく明らかに狂っていますし

本当の狙いは何なのかなと。

 

もしかしたら羌瘣を命を狙う、

何て可能性もあり得るかも。

掟を破ったとして。

 

それにしても礼の処遇は

色々と悩ましいものですね。

 

実力は羌族であり

おそらく祭に勝ち抜いたわけですから

全く問題ないんですが

それ以外が問題ありすぎ。

 

軍隊において作戦に従わず

独断専行することは

味方として最悪。

 

でも加入させれば

歩兵隊の力が増すことも事実。

 

正直自分だったら・・・と

考えてもなんとも

決断しづらいところです。

 

羌瘣もそんな妹分の変貌に

胸を痛めているでしょうし

それなりの形で落ち着くのか

それとも出て行くのかは

現時点ではなんともいえないかなと。

 

なんにしても次回も礼のことを

どうにかする話になりそうですし

どんな展開になるのか楽しみです。

 

第663話へ

第665話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

© 2021 オススメ漫画ネタバレ情報局