雑誌掲載最新話 キングダム

キングダム 最新 663話 ネタバレ&感想 羌瘣の後輩参戦!?

2020年12月3日発売の

週刊ヤングジャンプ 2021年1号に

掲載されているキングダム 663話

ネタバレ&感想になります。

 

第663話 羌瘣の噂

内容ネタバレ

 

最前線での戦いにて

楽華軍左翼四部隊は

敵の数に圧され窮地に陥っていた。

 

隊を率いる部隊長も負傷し

これまでかと思われた次の瞬間

トーンタンタンと声が。

 

その声を持ち主は

瞬く間に趙兵を斬り捨て

後には屍の山が・・・。


各軍は情報収集を専門とする

部隊を持っており飛信隊にもいる。

 

敵軍の動静を探る任務もあれば

友軍の動きを知る任務もある。

 

飛信隊の義考は今

友軍の戦況の情報を持って

本陣へと向かっていた。

 

本陣にて信達は義考から情報を受け

玉鳳と楽華が順調に進み

飛信隊が一番押し込まれていることを

知り悔しがっていた。

 

そんな折、義考から

妙な噂を耳にしたとの情報が。

 

それは他の戦場に

動けないはずの羌瘣が

出ているというものだった。

 

義考もあり得ないと考えていたものの

見た人が結構いるらしく

徐々に飛信隊のいる戦場へと

近づいて来ているようで・・・。

 

そんな噂があるとは露知らず

深く瞑想する羌瘣をよそに

飛信隊は再び苦戦を強いられていた。

 

相手も飛信隊の歩兵の

調子の悪さが分かっているらしく

騎馬が介入しにくい

森の中での戦いに誘い込まれていた。

 

悪くなる状況に貂が器用な那貴隊を

森に向かわせる中

歩兵隊の百人将である尾平は

窮地に陥っていた。

 

そこら中敵だらけという状況の中

なんとか逃げ場を探そうとするが

そんな彼らに対し

敵は倍以上の兵を差し向け・・・!?


次々と隊員を失い

部隊長である尾平を逃がそうと

昂や慶らが奮闘。

 

しかし多勢を相手に昂も

その命を奪われようとした次の瞬間

トーンタンタンという声が。

 

聞き覚えのある声に

尾平達が羌瘣かと

辺りを見渡したその時

趙兵に上から何者かが襲い掛かる。

 

着ていた服装から

尾平達は羌瘣かと思うも

どうやらそうではないようで

羌族の衣をまとった何者かは

瞬く間に趙兵を切り刻んでいた。

 

何が起きたのか分からず

次々と斬り捨てられる趙兵。

 

尾平達も困惑する中

羌族の衣をまとった何者かは

敵を一人たりとも

逃がすことなく殲滅。

 

そして敵の脅威がなくなった後

尾平達に声をかける。

飛信隊だよな?と。

 

困惑しつつも尾平達が

問われるがままに認めると

薄ら笑いを浮かべながら告げる。

 

じゃあさっさと

羌瘣のところへ連れて行け、

かわいい後輩が

会いに来たってなァと

不敵な笑みを浮かべるのだった。

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

何やら羌瘣ではない

羌族が大暴れしていますが

あれってもしかして

以前にも出て来た

識と礼のどちらかですかね?

 

羌瘣の後輩だと自ら言ってましたし

どっちがどっちかはわかりませんが

その可能性が高い気がします。

 

ただもしそうだった場合

気になるのが二人ではなく

一人だったことについて。

 

もう一人も羌瘣を探して

戦場を動き回っているならともかく

そうでないとしたら

まさか祭が復活したとか?

 

それもこれも羌瘣のところに

後輩を案内すれば

分かるとは思いますが

色々と気になる所です。

 

どちらにしても

ここに来ての登場なので

もし仲間に加わるなら

歩兵隊の強化の一端を

担ってくれるかも。

 

実力のほどは明らかですし

そうなってくれたら心強いなと。

 

気になる次回についてですが

次号は休載とのことですので

続きは12/17発売の3号?になるかと。

 

第662話へ

第664話へ

-雑誌掲載最新話, キングダム
-,

© 2021 オススメ漫画ネタバレ情報局