雑誌掲載最新話 3月のライオン

3月のライオン最新 186話 ネタバレ&感想 二海堂の想い

2021年11月26日発売の

ヤングアニマル 2021年23号に

連載されている3月のライオン 186話

ネタバレ&感想になります。

 

第186話 道~みち~④

内容ネタバレ

 

~二海堂視点~

不思議だなあの頃

笑っていたヤツらが去って

めそめそと泣いていたオレ達が

今もここで戦ってる。

 

流石にもうめそめそ

泣いたりはしないけど・・・

なんてうそ。

 

今も泣くしヘタすりゃこの先も

無惨に負ける度一生泣くだろう。

 

泣くのはこわくない。

オレがこわいのは泣いたあと

そのまま立ち上がれなくなる事

ただひとつそれだけだ。

 

負けて泣くのはあたり前

くやしさは石炭みたいなものだ。

 

自分にくべれば炎が上がる。

その熱で進めばいい。

 

だがしかし

お前はどうなんだ桐山。

 

泣いて弱音を吐ける相手が出来たら

すっきりしてぼんやりして

ふぬけになってしまわないか?

オレはそれが心配だ。


そして零の顔を思い出し

頭を抱えながら思う。

そもそもなんだよあの顔!

 

元気いっぱい生後6か月の

ジャックラッセルかよ!?

 

守るべき人が出来たのなら

入れなきゃいけないのは

子供スイッチではなく

気合ではないのか!?

 

守ってあげたくなるよーな

笑顔は見せてもらうものであろう!?

自分で発動してどーする!?と。

 

なんか考えている内に

二海堂はハラが立ってきていた。

 

オレは前回の反省をふまえ

手堅くじっくりと積み上げて

重厚な一局にしたかったのに・・・。

 

その前回を蒸し返すような

マネしやがって!と。

 

お前の事だからきっと

何か考えあっての事だろうし

オレへの信頼があっての事

だと思うけど。

 

玉を固めるも何も

セメントで埋めるってのは

どーなのよ。

 

・・・こっからどーすんの

穴熊?銀冠?

 

あんの浮かれメガネめ・・・!

かくなる上はこのオレが

しつけ直してやるしかあるまいて!

 

今回はジャックラッセルと

走り回るプランは却下!

 

このオレがじっくりと積み上げる

巨大戦艦でお前の思い付きの小舟を

沈めてくれるわ!

 

そう決意し対局室へと向かう

二海堂であった。

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

今回は最初から最後まで

二海堂メインでしたが

こういう回は初めてかも。

 

心の内をメインとした回でも

他に登場人物がいましたし

こういう描き方も面白いですね。

 

まあ、二海堂の思い浮かべた

ジャックラッセルは出てきましたが

人ではなく犬なので(笑)

 

それにしても前回に続き

二海堂の零に対する想いが

溢れてましたね。

 

それだけ二海堂にとっても

大事な存在なんでしょうけど

本当に面白い関係だなと。

 

今話の中で特に

守るべき人が出来たのなら

入れなきゃいけないのは

子供スイッチではなく

気合ではないのか!?

 

守ってあげたくなるよーな

笑顔は見せてもらうものであろう!?

自分で発動してどーする!?

という部分は最高でした!

 

二海堂のちょっとした恋愛観というか

その性質が出てましたが

彼にそういう相手が出来たらと考えると

中々興味深いものがあります。

 

ともあれ今回の話では

特に対局が進むこともなかったので

次回からが本番になるかと。

 

零にこれ以上つき合わない事を決めた

二海堂がどんな対局を

見せてくれるのか楽しみです。

 

気になる続きについてですが

予告でも触れられてなかったので

恐らく次号は休載になるかと。

 

第185話へ

第187話へ

-雑誌掲載最新話, 3月のライオン
-,

© 2021 オススメ漫画ネタバレ情報局