雑誌掲載最新話 3月のライオン

3月のライオン最新 190話 ネタバレ&感想 零との対局⑤ あきらめない!

2022年3月11日発売の

ヤングアニマル 2022年6号に

連載されている3月のライオン 190話

ネタバレ&感想になります。

 

第190話 道~みち~⑧

内容ネタバレ

 

~二海堂視点~

道に迷ったら 姿勢を正して

腹に息を溜め 闇に光を放つ。

 

——四隅の香車に灯がともると

迷宮の全貌が浮かび上がり

秘密の階段や助かるヒントが

見えたりする。

 

何度もこうやって対局中

頭の中を再起動させて来たのに

何ですぐ忘れるかなオレ!?

 

——いや オレがすぐ忘れるから

口を酸っぱくして

くり返してくれたんだろうな・・・。

 

身体が弱く 火の玉みたいな俺を

唯一引き受けてくれた

俺のお師匠・・・!!


姿勢を正した二海堂は

シンプルで厳しい攻めを指す。

 

それは田中とスミスが思う

ズルズルっと流されていかない

二海堂の良さが分かる一手だった。

 

そんな彼の指した一手に対し

零はどう出るのか・・・と

皆が興味深さげに見ていた。

 

しかし零の指した手は

その全てを吹き飛ばすかのような

驚愕せざるを得ないものだった。

 

それを見て二海堂は絶句する。

まさか・・・まさかお前

——69手目から

この一手を狙って・・・!?

 

そしてスミスも

こんなん・・・気づけねーよと

冷や汗を流し思う。

 

これじゃ二海堂が59手の後

大駒をどうさばいてくるか迄

全部桐山の”読み”に入ってた事に

なっちまうじゃねーか!!と。

 

零の指した一手を

二海堂はじっと見つめていた。

 

「強くなるにはライバルが必要だ」

この言葉に嘘は無い。

 

狂おしい程の”悔しさ”と”嫉妬”には

爆発的なエネルギーがいる。

 

——競う相手が強ければ強い程

身を焼かれ時間も脳みそも

見合うだけぶっ込むしか無くなる。

 

——ああ 神様 でも、もし

そのライバルが強すぎたら?

 

そう思い一瞬目を閉じた

二海堂はそれでも諦めなかった。

 

そして絶対に諦めないとばかりに

次々に指していく二海堂の手に

零は心底嬉しそうに目を輝かせ・・・。

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

前回の最後の流れから

二海堂のターンかと思いきや

零の凄さが際立った回でしたね。

 

あくまでもまだ途中ではありますが

形勢は零が圧倒的に

有利になったと考えて良いかと。

 

ただそれでも諦めない

二海堂に正直胸が熱くなりましたが

それは零も同じようですね。

 

あの零の輝く目を見る限り

楽しくてしょうがないんだろうなと。

 

対戦相手からしたら

厄介極まりない反応ですが

零としては研究してきたものを

さらに向上させてくれることに

嬉しくてしょうがないんでしょうね。

 

なんにしてもこれから

どうなるのか非常に楽しみ!

 

普通に考えれば

零の有利は揺らがないでしょうけど

二海堂の奮闘ぶりを見る限り

まだまだわからないですしね。

 

私としては以前田中さんに聞いた

父親の悪癖を発揮しなければいいなと。

 

なんでも良い手を思いついたら

そのままだったら勝てたのに

そちらに走ることがあったらしいですし。

 

そうなったらなったらで

零は満足するんでしょうけどね(苦笑)

 

気になる続きですが

予告を見る限り次号は

休載になる可能性が高いかなと。

 

今回も8ページと

ちょっと短い回でしたし

無理せずゆっくり休んでから

再開することを願っています。

 

第189話へ

第191話へ

-雑誌掲載最新話, 3月のライオン
-,

© 2022 オススメ漫画ネタバレ情報局