雑誌掲載最新話 ヴィンランド・サガ

ヴィンランド・サガ 最新 第197話 内容ネタバレ&感想 嗤うミスグェゲブージュ

2022年9月24日発売の

アフタヌーン 2022年11月号にて

連載されている

ヴィンランド・サガ 197話

ネタバレ&感想になります。

 

第197話 千年航路⑥

内容ネタバレ

 

トルフィンが襲われると判断し

ミスグェゲブージュの手を

切り落としたイーヴァル。

 

トルフィンはすぐさまベルトを外し

止血しようと動くが

血を見たコーデリアは気絶。

 

そしてエイナルも他の者達に

治療するための助けを求めるが

動かず戸惑いの表情を浮かべ・・・。


この事態を引き起こした

イーヴァルは皆に呼びかける。

 

みんな見ただろ!

これではっきりした!

 

やっぱりウーヌゥ人は

油断ならない奴らだ!

 

ウーヌゥ人どもの友好的な態度は

オレ達の油断を誘う罠で

真の目的はオレ達から

鉄や麦や技術を盗むこと。

 

その上でオレ達をヴィンランドから

追い出すつもりなのだと。

 

そうした中、プルムクは

切られたミスグェゲブージュの

手を取り冷や汗を流していた。

 

なんてきれいな切り口だ。

たった一撃で骨まで・・・

なんだあの武器は・・・と。

 

イーヴァルの言葉に

エイナルは早まるな!と言い

こんなことをするには

訳があるはずだと宥めるが

イーヴァルは止まらない。

 

ウーヌゥ人は敵だ!捕まえろ!

と皆に指示するが

ニスカワジージュは叫ぶ。

テキチガウ!と。

 

片言ではあるが敵じゃ無い事を

必死に説明するものの

興奮するあまりか

徐々に言葉が怪しくなってしまい

ほとんどその意味は通じず・・・


そうこうする間にも

さらに状況は悪化しており

一瞬即発の状態に。

 

この状況にエイナルは

トルフィンにもう話ができる

雰囲気じゃないと声をかける。

 

農場での手当てをあきらめ

今はウーヌゥ達を

帰したほうがいいと。

 

トルフィンもこの状況では

そうする他ないと考え

皆に手を出すなと指示する。

 

彼らをそのまま帰すんだ!

危害を加えてはいけない!と。

 

男達の中にはその指示に

納得できないものもいたが

そんな彼らに告げる。

 

無茶をすれば

さらに怪我人は増えるぞ。

これ以上民会を

血で穢したいのか!?と。

 

そう語ったトルフィンは

プルムク達に守られている

ミスグェゲブージュを見て

”あること”に気づき・・・。


ウーヌゥ人らを見送った後

イーヴァルはトルフィンに

悪びれることなく告げる。

 

危ない所だったな。

だがこれでお前にも

剣の必要性がわかっただろと。

 

そんなイ―ヴァルを

ヒルドは睨みつけ非難する。

 

トルフィンが動くなと言ったのに

なぜ動いたのかと。

 

イーヴァルはオレはトルフィンを

助けたんだぞ?と反論するが

ヒルドはすぐさま否定する。

 

トルフィンはお前の10倍強く

あの男を取り押さえて

斧を取り上げることなんか

動作もなかったと。

 

トルフィンの強さを知らない

イーヴァルは強がりだと一蹴するが

ヒルドは告げる。

 

穏便に済ませられることを

お前がその剣で台無しにしたのだと。

 

エイナルもウーヌゥ達の本心が

今回の件でわからなくなったようで

その事について尋ねられたトルフィンは

厳しい表情を浮かべながら語る。

 

・・・エイナル

去り際のあの男の顔を見たか。

 

笑っていた。

右腕の痛みに耐えながら。

 

あの顔・・・

あの男は目的を果たしたんだ。

 

オレを殺すことが目的ではなく

最初から自分を

斬らせるつもりだったんだと。

 

他の者達はあんなの正当防衛だろ!?

向こうが先に・・・と口にするが

ヒルドは腑に落ちたのか

自分の意見を述べる。

 

理屈ではそうなるが

問題は理屈じゃない部分であると。

 

要は自分たちが「傷つけた」側か

「傷つけられた」側かということで

後に痛みが残るのはどっちだ。

 

今日ウーヌゥ人達は

我々ノルド人に傷つけられた。

 

今頃彼らは・・・戦に負けて

敗走しているような気持ちだろう。

 

「痛み」だ。

あえて同胞に痛みを負わせる。

 

それがあの男の真の狙いなら

奴は手強いぞ・・・と。

 

当ブログでは簡易的な

あらすじとしてありますので

より詳しく知りたい方は

本誌かコミックスでどうぞ!


感想

 

イーヴァルの行動が

どういう風に影響するのかと

思っていましたが

結果としてはミスグェゲブージュの

思惑通りといった感じですかね。

 

トルフィン達としてみれば

正当防衛なのは間違いないんですが

理屈ではない部分の話で

ヒルドの言う通りなのかも。

 

立ち去る際にウーヌゥ人達も

険しい表情を浮かべてましたしね。

 

それにしてもイーヴァルの行動は

正直賛否が分かれるところです。

 

客観的に見ればトルフィンを

守るために剣を振るったわけですし

責められることはないこと。

 

しかし前提としてイ―ヴァルが

剣を持つこと自体おかしいことで

さらに言えばトルフィンに

助けなんかいらないわけで・・・。

 

まあ、トルフィンがイ―ヴァルに

力を示してなかったことが

一因にあるとは思いますが

中々に複雑な状況だなと。

 

予告でもイーヴァルの行動をめぐり

アルネイズ村が分断!とありましたし

色々波紋を広げるのは

間違いないでしょうね。

 

私としてはもう面倒なので

イーヴァルに力を見せつけるのも

アリだと思うんですけど

トルフィンはそういう行動を

嫌っているだけに難しいところです。

 

ともあれ次回は色々と

今回の件が原因で

厄介な事になりそうですね・・・。

 

今後どういう動きになるかは

今のところ定かではありませんが

プルムク達と再び縁が結ばれることを

願うばかりです。

 

第196話へ

第198話へ

-雑誌掲載最新話, ヴィンランド・サガ
-,

© 2022 オススメ漫画ネタバレ情報局